Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『シンイ~信義~ vol.9』でございます。

ウンスの動きで歴史は変わるのでしょうか。
この物語の中での魔法のルールだとしても、
とっても知りたいふくろうです。
この物語の作者はどう結末をつけるのか、興味しんしんです。

<Sponsered Link>



早速イ・ソンゲ君はさらわれちゃいます。この少年はこういうヘアスタイルが似会いますね。
可愛い子です。

国の組織もしっかりしていないうちは本当に大変ですね。
その大変な時代のこの国に連れてこられたウンスは、
否応なしに、危険な渦にからめとられていきます。
よく耐えていると思いますね。

残酷な場面を見続けさせられたらだれでも、
精神が参ってしまいますよね。
キチョルが本性を現し始めたようですね。
恐ろしい相手です。

命が大切だという論理は通る相手ではないんですね。
ヨンやウンスは、キチョル以下、狂気の連中と戦うことになるんです。
当然、人の心は持ち合わせない連中です。

「一番大切な人」
ウンスにとっては誰なんでしょう。
ヨンにとってはどうですかね。寡黙な男ですからね。
ヨンにとっては自分の時代だけに生きていればいいわけで、価値観とか世界観が決まっています。
愛する人は一人でしょうね。

しかし、ウンスは時代を超えて行き来しているので、少し違うかもしれません。
それでも、自分が大事に思う人は、その中でも一人だと思います。

現代に生きていたときには,
ウンスはまだその人生で大事な人に巡り合っていなかったようですね。
お話のどこにも登場人物の年齢的なことには触れていませんね。
俳優さんたちの見た目で判断しながらふくろうは見ています。

<Sponsered Link>



お互いのことを守りたいと思える相手に出会えるなら、最高でしょうね。
王様も王妃様を守ろうとされます。
これは進歩ですぞ。もう、王様、キュートです。
愛、でしょうね。
見てるふくろうもうれしくなりましたよ。好一対です。
相思相愛ですね。
この乱世のカップルには頑張ってもらいたいです。

ウンスも周囲の人々の命を守りたいとおもっています。
基本ウンスは人が好きなタイプですね。

こんな事故みたいな人生で出会った人々を好きになったのだと思います。

ウンスの耳の血をヨンが手でふき取る場面、
クールなヨンがウンスを気遣う様子に、
ヨンのウンスを思う気持ちが感じられます。
ウンスが危険なときには必ずヨンはとんできますもん。
うらやましいですね。

ウンスから笑顔は消えています。
普通この状況でふくろうだったら、生きていけるでしょうか。
ヨンはウンスを心配し、
ウンスはヨンを思いやる関係なのですよ。
でも自制していると思います。

愛を貫くことでだいじな人を不幸にしてはならないと、二人とも思っています。

やがてウンスはヨンに見送られて旅立つのですが、
相変わらず無謀な気はしますよ。
自分で危機管理なんてできないのに。
どこに行くのよ、どこに。
一応ウンスの意志を通してみたらいいでしょう。
後は後です。
なんせ、過去の時代に来たわけですから、予測ができそうでできない部分があります。

現代に戻れたら別でしょうけどね。
何回か帰れたときがあるのに、またこの世界を望んで戻ってくるなら、
さらわれたことより、大事なものがここにあるのなか。

ヨンは「王様の臣」を集められるでしょうか。
そして多くの人材たちの命を守り切れるのでしょうか。
キチョルのパワーの前にヨンはどう戦うのか。
目が離せません。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket