Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『班淑 皇帝の女傅(字幕版)42合縁奇縁』でございます。

最終話ですよ。

このドラマ、ふくろうは大好きでございます。
行って戻ってまた行きたいと思っています。

班淑たちの青春、まぶしい人生、みているふくろうも楽しかったです。

<Sponsered Link>



実際に、最終話ですが、この後も、この人たちはきっと助け合って生きるのだろうなと思えました。

ハッピーエンド でございますね。

蘭芝に好意を持った鄧しつはチャラく図々しく接近しています。

わかりやすい男性ですね。

蘭芝だって鄧室がいい人だとわかっているのです。

弟の豊も、父親も、意外な展開にうれしそうです。

チャラそうで、結構誠実な人ですよね。
イケメンでもありますし。
この人は、冷たくされたり、縛られたりした方が燃えるタイプですよね。

鉢植えのプレゼントで初めて萱草がこんな植物だったのかと知りました。

花束じゃなく、鉢植えを贈るのもいいなあ。

一方、安心王女と豊は仲良く洛陽見物をしておりました。
お互いに好き同士ですね。

王女は帯を送り、花を欲しいと豊にいいます。
衛英によれば、これは求婚なのだそうです。

豊はイケメンだし、どうやらこの王女にはとことん弱いのですね。
安心王女は可愛いすね。
草原の服も、漢服もどちらも可愛いですね。

腕比べの時のダンスもお琴もよかったです。

こういう雅な宮殿で、優雅な時間ですね。

殺伐とするような発言も出ましたが、何とかなっていきますね。

ゆったりと時間が、流れていきます。

広々とした大広間で、圧迫感がない場所です。
<Sponsered Link>



このドラマではとにかく宮殿のシーンが美しいですね。
うっとりします。

腕比べには相手の得意なものでやってみてはと劉萱がアドバイスをします。

なかなかこういったシーンも工夫が凝らされています。

蘭芝の演奏は、まるで弁財天に見えました。

みんなで文化交流しながら、楽しめる内容でした。

こんな風に文化って伝わったかもしれませんね。
そんなことを想像しながらこのドラマを見るのも、楽しかったです。

衛英と班淑の二人もなかなかすごいです。

磁石を楼蘭に送りましたね。
この時代、とても素晴らしい発明だったのですね。

安平と安心のどちらが人質になって残るのでしょうかね。
この後を想像すると楽しくなります。
王女が粘りそうですね。

さて、姚絹、蘭芝、班淑の3人は皇太后から朝廷の官吏として迎えられます。

すごいですね。

教育は大事です。

3人はこれからも人事育成に力を発揮しそうです。

この3人も含めて、登場人物たちがすっかり大好きになったふくろうです。

ハッピーエンドになってよかったなと思いました。

みんな幸せになってもらいたいです。

班淑自身は架空の人物でしょうけど、歴史上の人物もたくさん出てまいります。

歴史にも興味が出てきました。

それから漢詩にも。

とにかく、目にするものも、風習も珍しくてワクワクしながら見ておりました。

見終わって、すごくさわやかな気持ちになりました。

こんな先生たちがらいいなと思いました。
美男美女が多く登場し、官学や内学堂の生徒達もイケメン美女の集まりでした。

彼らの醸し出す学園の楽しそうな雰囲気が好きでした。

では。
<Sponsered Link>



Pocket