Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『班淑 皇帝の女傅(字幕版)6泣き面に蜂』でございます。

無学を生徒たちの前で出し切った班淑でございます。

苦にしないのは、少し考えないといけませんね。

これじゃあ教えられません。

厚顔無恥と思われても仕方がないですね。
<Sponsered Link>



確かに見解は人によってことなるとはいえ、勝ち目がございませんね。

浅学です。

こんな軽いノリで許されるはずがないのです。

さらに嘘をついていたことがばれてしまいます。

今までのやり方では乗り切れない事態ですよ。

傾向と対策をやる時間がなかったのですが、用心、思慮にはかけますね。

班家の娘だと主張する班淑ですが、不利な状況になってしまいましたね。

尋問が待っています。

皇太后をだましたのは非常にまずいです。

付け焼刃で何でもやってきたかんじですね。

罰はおしりをたたく、あれです。

危険ですね。

ひとりで生きていくのは大変ですよ。
同情はしますが、危ない綱渡りです。

一方、衛英は班淑の腕輪を見ていますから、班家の娘だとわかっていますね。
おばの曹大家が都に戻ってまいります。

間一髪でしたね。

よかったよかった。

情報も少なく、焦ったうえでの暴挙でしたね。

焦らずやってもよかったかな。

おばさんは皇太后の師匠です。
きれいで上品な方ですね。
身元引受人が現れたので一安心です。

班淑、反省の機会が与えられます。

生徒たちはいろいろ噂をしています。

班淑は一応解雇ですね。

肉親のあたたかさを感じ班でございます。

竹簡の手紙は削ってまた使うのですね。
初めて知りました。

このおばさまはなかなかいい先生ですね。
客観的に見たら、班淑に、腹を立てるものはいることもちゃんと教えています。

お尻が痛いので、うつぶせのまま班淑は勉強しています。
曹大家の息子さんは従兄弟ですね。なかなかちゃんとした人みたいです。

おばさんは疲れからか養生するので、姚絹さんに班淑は教えてもらいます。

覚えるのが勉強なのですね。
中国の古典を覚えるのはすごいです。
声に出して体で覚えるのですね。
<Sponsered Link>



こういう勉強法。いいですね。

さて、姚絹さんの病気の症状は恋の病ですね。
霍恒と散歩したらよくなると班淑は教えます。

どうやら霍恒も気がありそうですよ。

楽しいですね。

姚絹さんは可愛いです。

草原流では都では誤解を招く行動があります。

班淑は行動的なので、侍女がいろいろ教えています。

失業中の班淑は、身投げをする生徒を助けます。
行動力がすごいですね、班淑は。

身投げのわけは、後妻に入ることになったからです。

好きな人がいるのでしょうね。
居なくても高齢の男性に嫁ぐとは思えません。

白将軍との縁談を断ったらたぶんまずいのかな。

既成事実を薦める班淑です。
家の問題が絡むと大変ですね。

考えても答えが出ない問題ですね。

地位の高い相手だから拒めないのでしょう。

「情けないわね、迫られたら死ぬしかないの?」
班淑は憤ります。

この時代の女性は、人間の権利とかには関係なく、物とさして変わりはないあつかいですね。
個人の意思は誰もきいてはくれません。

ですが、班淑のように、それはおかしいと思う女性はたくさんいたと思います。

だけどどうしたらいいかとか、男性社会ではとてつもなく大きく厚い壁がたちはだかったのですね。

このドラマの中でも、女性たち、女性徒も含めて、みんな不公平とかを考えています。

班淑ハどう生きるのでしょう。
一度しかない人生で、同じ人間なのに、一方だけが満足できる世の中なんて、

本当の意味での人類全般の成長はございませんよね。

このドラマでも、班淑には頑張っていただきたいです。
ささやかでも、若い乙女たちに未来への希望を持ってもらいたいと思います。

このドラマの中で、生徒たちがどういう風に変わっていくのかは興味がございます。

未来をゆだねる若者たちを班淑がどう導くのか、ふくろうは楽しみです。

もう少し年月が必要ですけどね。

この人物は、必要な人物ですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket