• 投稿 2017/01/10 
  • 児童書
Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は竹下文子さんの『はしれ おてつだいねこ』でございます。

主人公のおてつだいねこがものすごくかわいいです。
ねこに触れたときの触感が蘇ります。
こんなねこがいたらなあと本気で思いますね。

ねこって抱くのにちょうどいいサイズですよね。
<Sponsered Link>



何か役に立ちたいと思っているしましまねこですが、
いつも可愛い失敗ばかり。

だけど、志が素敵です。
なにかねこに手伝ってもらおうとは、誰も考えてはいないみたいですが、
このねことふれあうことで、やさしいお話が展開されていきます。

ねこの可愛さが余すところなく描かれていますね。
自然な存在感が出ていて、
お話の主人公だと分かっていても、このお話の世界にははいりたいと思いませんか。

ふくろうは物心ついてからはねこは飼ったことがありませんが、
幼いころに爺ちゃんの家にいた黒いねこのことは覚えています。

爺ちゃんのところは代々、ねこも犬も、その時その時で飼ってきました。
クマという名のねこがキジを取って、引きずって帰ってきた話が残っています。
自分の体より大きなキジだったので、爺ちゃんも手伝ったんだと言ってました。

 
このお話のねことは違って、性格は荒く、近所の大きな犬もうちのクマにはみんな近
づきませんでした。

なんせ、強烈なねこパンチがお見舞いされますから、
近所のイヌたちは学習していたみたいですよ。

ふくろうは子供心にそのクマの顔を想像する時、
出てくるイメージは可愛いとは程遠かったですね。

餌をくれる婆ちゃんにだけはおとなしかったということです。
なるほど、最低限の仁義はわきまえています。
昔気質の暴れん坊のイメージですね。
<Sponsered Link>



ふくろうはたいていの動物は好きなので
この本のようなねこがいたらいいなと本当に思いましたよ。

 

この主人公のねこの存在感がとてもいいです。
わざとらしくないんです。

お話をして行動するこのねこは
なんていったらいいのか、ねこを主人公にしたお話のなかで、ふくろう的には
吾輩は猫であるの猫と同じくらい上位にはいりますね。

ひた向きに誰かのためになりたいと願う小さなねこを 応援したくなります。
このねこ、善意の塊です。

小さいけどハートは愛でいっぱいのねこです。
ふくろうは近頃ペットはよそのペットを拝見するだけになっています。

猫や犬が大好きでも、ぬいぐるみや 空想の世界で飼いたいものを飼う、に終始しています。
いまのところ、自分で飼う生活はお預けです。
夢は夢のままで終わるかもしれません。
それなら、動物のお話くらいたくさん読んで人生を過ごそうかと考えています。

 

ふくろうにとって動物は心をやさしく前向きにしてくれる存在です。
そういう動物パワーを元気でいるために有効活用したいと思っています。

では。
<Sponsered Link>



Pocket