Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『ヒーラー 第10話』でございます。

キム・イチャン議員の放送がいよいよ始まります。

ムンホさんたちも準備完了です。
それにしてもボンスとヨンシン、なかなか似合いのカップルですね。
ヨンシンはエレガンスです。
そしてボンスはなかなか上品なイケメンに仕上がっています。
<Sponsered Link>



先回、これが出来上がる様子を見ましたが、大変でしたね。
変身するのは面白かったです。
変身させたおじさまもユニークな方でしたね。

変装はヒーラーもいつもやっていますし、
ヨンシンも怪しげな格好で怪しげな取材をしていましたね。

今回は正装で臨むわけです。

レッドのワンピースは目立つと思います。

質問をする予定のヨンシン、いつもと別人のように美しいです。
女性らしさで人目を惹くわけですね。

御大にムンホさんが警告したことになります。
ヨンシンを世間に見せて、手を出さないようにさせるやり方です。

報道って面白いですね。

ヨンシンが美しく堂々としていたので、目立っていますね。
この子に手を出すと、御大のほうがこまるでしょう。

ムンシクさんも御大のところで放送を見ています。

裏の世界を牛耳って
世の中を思うとおりに動かそうとする人たちは
自分が表に出るのは嫌なのでしょう。
おてんとうさまがまぶしいのは悪いことをやってるからです。

ムンシクさんの過去が見えました。
ミョンヒさんを餌に御大に取り込まれたのですね。

生き残ったムンシクさんがその後幸せだったかどうかわかりません。
ミョンヒさんを守るため?

治療費をどこから出したのかも気になりますね。

魂を悪魔に売るしかなかったのか。

<Sponsered Link>



さて今回のムンホさんの報道は素晴らしかったです。
感動しました。
かける情熱が感じられますね。

サムデーのスタッフも、ふくろうと同じ思いでしょうか。
ムンホさんが神々しいのです。

やったーって感じが良かったです。一回戦の攻撃は成功かな。

この会社始まって以来の、大きな仕事をヨンシンもやったわけです。
こういうのが成長ですね。

御大が過去にムンシクさんに語っていた成長って、おかしいですよね。
こういう勝手なじいさんは表にはなかなか出ないけど、
裏では誰かにこんなことを言ったりするんですね。
要するに誰かに認められたいのかな。

勝手な論理ですが、
暴力の前にはムンシクさんは屈したのですね。

一方二人だけの打ち上げになってしまったボンスとヨンシン。
ボンスの秘密基地に行きますよ。

寒い日に二人で仲良く寄り添う姿が素敵です。
ボンスとして、ヨンシンに告白するヒーラーですね。

断られますが、ライバルはヒーラーとしての自分でございます。
残念でもあり、うれしくもありでしょうね。
ヨンシンの言うように、今日のボンスは何だか別人です。
男らしくてとっても素敵じゃあありませんか。

眼を見つめられて、
ドキッと来ない女の子はいないでしょう。

気の置けない関係の二人がトキメキながら話して
いるのが幸せそうで見ていて癒されました。

秘密基地、いい響きです。
とってもお似合いの恋人です。

ところで、やっと、ヒーラーと師匠は再会します。
ヒーラーの出来上がるまで、を皆様みられますよ。
ヒーラーの父親は殺人をするような奴ではないと師匠は言います。

真実を求めてヒーラーが探していきます。
ムンホさんに行きついたころ、ムンホさんも、
ボンスの正体に気が付いたかもしれません。

そして、渦中のファン・ジェグクは亡くなってしまいます。
自殺と言われていますが、
ユン刑事は状況があまりに捜査する側にとって親切すぎるので、
怪しんでいますね。

自殺はあり得ませんよね。
消されたのだと思います。
だって御大が言ってましたよね。
キム・イチャンは捨てるって。

ネットをうまく利用しましたね、ムンホさんは。

ふたをするわけにはいかなかったのですから。
ラストで、ヨンシンはヒーラーにメールを打っています。

ヨンシンの思い、届くでしょうか。

では。
<Sponsered Link>



Pocket