• 投稿 2017/01/07 
  • 暮らし
Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『介護保険の仕組み 使い方 お金のすべて』でございます。

昨年の夏から、ふくろうのところも、老老介護がスタートしました。

ふくろうの両親の生活は一変しましたね。

週に一回くらい両親の顔を見に行っておりましたが、

ある日を境に一人は入院生活に、もう一人はデイサービスに行ってます。

ひとは長生きしても、様々な事情があって、最後まで一緒には暮らせない。

そういった現実を突きつけられるんです。
<Sponsered Link>



ふくろうは二人が会える機会を考えて同じ施設を選びました。

 

デイにいって、特養にいる連れ合いに会える。

時々渡すものも頼んだりして、二人でともに昼食を食べさせてもらえるのがありがたいです。

苦労して、戦時中を生き抜いた二人が長く笑顔でいられることがふくろうの目標ですね。

完璧でなくても、できることはやろうと、弟と相談しています。

 

ふくろうは介護の経験は初めてではありませんが、時代によって変化していますね。

 

この本は実は弟がプレゼントしてくれました。

彼は彼で取り組んでいます。

これまでお互いに情報交換しながら、何でもすぐに情報を共有して進んでまいりました。

 

以前一回介護を経験した時にはふくろうが病に倒れて手術をしました。

家で何とかなるとその時は思っていましたね。

 

けれど余裕のない生活に、疲れ果てた結果、自分が病気になって

いまだに治療は続いています。

 

今回はおかしいなと感じたときに迷わず早めに福祉課に行きました。

ケアマネさんを決めて多くの人にかかわってもらい、知恵をいただきながら

両親の世話をしています。

 

半年間くらいはものすごく忙しかったです。

それでもケアマネさんに、あれこれ相談してつまずきながらやってきました。

 

つくづく人生は格闘技だと思います。

介護保険で手すりやスロープもつけましたね。

 

多角経営の介護をしながら、

ケアマネさんに教えてもらいながら、やっと軌道に乗ってきました。

 

その当時にこの本をゆっくり読む暇はありませんでした。

自分にかかわることでないと、

この手の本はなかなか手に取ることはありません。

だってくたくたで本を読む時間なんてないんですもん。
<Sponsered Link>



介護しているふくろうが安定剤のお世話になりながら、今やっと冷静に考えられるようになりました。

落ち着いてこの本が読めるようになったんです。

 

とは言え即現場に対処する生活でございます。

まだまだ新しいことが現実に起こってまいります。

 

ふくろうと弟とそれぞれの家族の介護情報をやり取りしながら、

自分はどう生きようかと、真剣に考えていますね。

 

親のことだけど、未来の自分のことでもある。

 

人が老いるとどんなことが起こるのか、

体験する機会ですね。

 

どんな家なら自立して住めるのか、

どの程度になったら見守りがいるのか。

この本は

親が着陸態勢に入るまでにできること、その可能性を知るための

入門の本ですね。

 

この本は介護保険法改正に対応しています。

はやめの情報があなたの人生を有意義にしてくれると思います。

 

介護にも本当に個人差があるので自分の関わっている人のケースをしっかり把握して

完璧でなくとも後悔しないように介護にかかわりたいですね。

 

わが両親は認知も入っていますから、

ふくろうと弟の顔を忘れさせないようにかかわっていきたいと思います。

 

安全のためにも人の目と手が多いほうがありがたいと現在ふくろうは思っています。

では。
<Sponsered Link>



Pocket