Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は伊藤勇司さんの『空間心理カウンセラーの「いいこと」が次々起こる片づけの法則』
でございます。

この小さな本、手放せません。

今までもいろんなタイプの片付け収納の本を読んでまいりました。

そういう知恵を参考にしてすこしづつ環境を変えています。

この本は書店で手に取ってみて、今ふくろうが置かれた状況に会いそうだと思い購入しました。

現在のふくろうの状況とちょうどこの本を読んでみて思い浮かぶことが、やってみようかと思えたので、さっそく実行しています。
<Sponsered Link>



基本的な考え方がしっかりしていて、これまでふくろうも考えていたことが程よく
わかりやすく書かれていました。

なので、今の人生のふくろうの立ち位置でちょうどいいタイミングで使えるなと、ソンア感覚で手元において、使っています。

個人個人で必要な後押しはきっと違うと思います。

ふくろう自体、このタイトルにあるように、次々と「いいこと」が起こることを期待したわけではありません。

今までより少しでも前に進めたらいいなと思っただけです。

片づけ自体そう簡単にはいかないという思いがございました。

ただ、あがきながら続けていけば、いつかは折り返したなと思える日が来るかもしれない。
そういう期待ですね。

とりあえず現在の体力を考えて疲労しないように動きたいと思っていました。

部屋を広くする、広く使える用意する、これが長い間の夢でした。

体力と気力をうまく使って、やりたいことができる部屋にしたかったのです。

まずが自分の小さな部屋を使いやすくする。
それから家全体をきれいにして、両親の住めなくなった実家を片付ける。

自分の中にそのスキルをため、片づけるためのインフラ整備をする。

自分の年齢を考えて、そういう時期が来たのだと考えておりました。

なんていうか人生を有意義に生きて後始末も、子孫が迷惑しないように道筋をつけておきたいですよね。

この本では心と部屋の在り方の繋がりを再確認し、人間形成とのかかわりにも触れています。

小さくて軽くて、でも無人島にもっていくなら、今現在のふくろうの年齢ならこれでいい。
そう思える本です。

今まで読んできた本の知識もどう使えばいいのかをわからせてくれます。

長い間どうにかしたかったことがやっと解け始めましたね。
そんな感じがします。

<Sponsered Link>



やはり、ふくろうにとっては出会いのタイミングだったのですね。

作者の言われる通り、究極「できるだけ片づけをしなくていいやり方」を目指したいと思います。

選択肢に迷いが亡くなってきたのも、ふくろう自体が年を取ってきたからでしょうね。

重いものは持てなくなり、今まで、処分できなかったものが残った状態であり、

この期に及んで自分はどうしたいのかを、迫られる状態ですから。

さらに、家族の協力は当てにできない事情もある。
でも何とかしたいし、未来に道を見つけたいとおもいますよね。

優柔不断で決めるのに時間がかかるふくろうですから、一日5分ならいいかと。

ですが続けること、これは守りたいですね。

そのためには視覚的な変化や、達成感も感じられたらいいと思いました。

基準は自分が生活しやすくて、しかも窮屈でない空間づくりです。
個人個人でやりやすいレベルがきっとありますから、そこも見つけていかなきゃなりませんね。

職場のデスクトップがきれいなタイプとそうでないタイプを考えるとふくろうは後者です。

ありのままの自分を出して、他人からどう見られても構わない、開き直りで生きるしかないので、そうなっています。

メンタリティーは図々しいかもしれません。

自分自身の在り方を考えて、軌道修正もしながら片付けの奥深さに感じ入っております。

未来は自分の部屋から創ることができると思います。

今度こそはまり続けて、人生の模様替え、いたしますよ。

では。

<Sponsered Link>



Pocket