Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は有川浩さんの『県庁おもてなし課』でございます。
県庁にそんな部署があるのかと、以前思いました。
各都道府県によって、そういう、独自の部署があったら面白いですよね。
ネーミングはそれぞれでも、むしろ個性が出せるでしょうね。

<Sponsered Link>



主人公は県庁に努める若者です。
「おもてなし課」発足って、何をやるのでしょうか。
その疑問を持ちながら読み進めていきました。
少なくともふくろうの住む地方では聞いたことがないです。

地方の抱える問題には、ふくろう、とっても興味があります。
固いお話だろうなと思ったのですが、予想と違い
実は大変勉強になる面白いお話でした。

現実感がすごくあって、
読みながら一緒にこのおもてなし課と
考えさせられ、主人公を身近に感じました。

新鮮なストーリーです。
400ページをじっくり考えながら読みました。
間違いなく脳が活性化したと思います。

確かに県庁というところには
我々庶民はあるイメージを持っています。
ふくろうにとってはやはり固めのイメージがありますね。

読み始めてすぐに、ふくろうは思い出したことがありました。
東北が災害に会う前のことなのですが、
福島県の観光課でしたか、
ある祭りのことにつて電話で質問したことがあります。

そこの職員のかたがすごくやさしくて親切だったのと、
送ってもらったパンフレットがきれいだったので
いつかその祭りを見に行ってみたいなと胸を膨らませておりました。

対応がいいと、その県のイメージは確かによくなりますね。
近頃の各県のPRビデオみましたら、
めちゃくちゃ楽しかったですよ。
アイデアも個性もグッとくるものが多かったです。

<Sponsered Link>



この物語は読み始めるとすぐにイメージがスクリーンとなって
目の前で展開される気がしました。
いろんなひとがいてそれぞれの立場や思いがあり、
そして、登場人物たちがそれぞれの立場で、
自分の住む県を愛し、発展させようとします。
建設的なお話ですよね。

現実のそういうことを、具体的にどうやって行くのだろうかと、
ふくろうは興味津々で読み進めました。

苦労しながら主人公の掛水さんが、
真摯に立ち向かう姿に共感します。
この青年好感度が高いですよ。
とにかく素直にできています。

誠実に苦労し続ける若者、いいですよ。
話が進むにつれ掛水青年が成長するのが見て取れるのも
楽しいです。

地道にコツコツやることの大切さがよくわかります。
やる気をもって変わっていく「おもてなし課」
がいい感じです。

この人たちの本気が、何をどう変えていったのか、
読み応えがあります。

何より故郷への愛があふれています。
何かを生み出すことは、感動しますね。
ふくろうも何であれ何かを生み出す人生でありたいと願っています。

登場人物たちがひとりひとり魅力的で、
新鮮です。
実在の人物かと思うほど存在感があります。
みんな大好きになってしまいました。

大切な人のために、大切なもののために
人は変われると思います。

このお話の世界に行くと、ふくろう元気になれました。
生きていく勇気をもらえましたね。

希望を感じる楽しい小説です。

では。

<Sponsered Link>



Pocket