Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『清須会議』』でございます。

三谷幸喜さんの作品ですね。
もちろん以前に原作のほうも読みました。
映画で見るとより面白さが光りますね。

おおむね秀吉と親父殿との駆け引きが中心に展開していきます。

登場人物の心情がわかりやすく笑いながら見ておりました。
<Sponsered Link>



大泉洋さんの秀吉が良かったですね。

とても背の高い方ですのに、秀吉の小柄なイメージを崩さないように、
これはもう着付けと衣装の工夫以外の何物でもないと思えるくらい、

小柄に見えましたね。

すごいなと思いました。特撮ではなかったと思います。
この部分には、最初から最後まで驚きました。

それからふくろうの大好きな中谷美紀さん、もう名女優ですね。

寧々の役で、宴会にこの方が踊るシーンが物すごく傑作でした。
本当に腹を抱えて笑ってしまいました。
下々の物ももてなす秀吉の在り方がわかる部分です。

とにかく楽しい人のところに人は集まるものでございます。
こういう風に人心をわしづかみにしたのでしょうね。

身分が低かった秀吉の最大の武器がこれでしょう。

ふくろうもかなり面白い武将だと思いました。
いろんな人々の気持ちに明るいのでしょうね。

戦国時代、リーダーが消えた織田家では、後に誰を立てるかで家臣たちが右往左往しています。
そりゃあそうですよね。
いきなりワンマン社長の信長公が、あっけなく消えてしまったのですから、
心の準備が皆できていません。

跡継ぎもろくなのがいなかった。
まあ、信長公と比べたらたいていそうですね。
で織田家のほうも準備が整わないままに、秀吉の野望が膨らんでいくわけですね。
先が読める人物ですね。

柴田の親父殿はそこのところがあまりうまくはない方です。
この二人はお市さまを巡って競うことになります。
いたるところでくすっと笑えます。三谷幸喜さんですからね。

人間の面白さがあふれています。

映像がとても美しく、日本家屋のとりこになったふくろうです。
会議をする場所は、板の間でなーんにも置いてございません。
そこがとてもいいです。

内面こんなこともあるかもしれないなと、思いながら見て居りました。

秀吉という人はとても庶民にとってわかりやすいパフォーマンスをしてくれるんですね。
でみんなが楽しくなっちゃうというわけです。

このかた、お市さまにぞっこんなんですね。しかも楽天的ときています。
お市さまも含めてこの時代の人生の決め方が非常に興味深いですね。
<Sponsered Link>



なんかもう織田信長さんも非業の死ですが、後をだれが継ぐのかを考えると次男や三男では死にきれないと思います。
この映画ではそれはもう、信長さんがものすごく気の毒になるふくろうです。

一番シッカリしていた長男は亡くなったし、
その子の三法師さまは、結局、天下はとることはなかったですが、織田家自体は、残っていますね。

信長暗殺は明智個人の仕業なのか、いまだにスッキリしません。
まあ、明智として、それを討った秀吉は大きな発言権を持っていきます。

秀吉は嘘を上手につけそうなタイプだと思います。
暗殺の黒幕だという人もいます。

今回の秀吉の衣装も楽しいですね。
性格そのままの明るく楽しい感じで、きらびやかです。

一方、お市の方のキャラクターも、こういうのもありでしょうね。

この時代には面白い個性的な面々がいた気がします。

活気のあるパワーのある人でないと、どっち道、戦でございますから、
勝ち進んで行けるわけがないでしょうね。
秀吉は人を楽しませる天才社交家ですね。抜け目がないです。
お金も使っています。

さて、宿老だけの会議になりますね。
この大泉さんの秀吉はふくろう大好きですね。
天守での親父殿とのもめようもなかなか楽しくてよろしい。

それから、人はラッキョウや米より領地になびくということもわかりやすいですね。

この映画は楽しいシーンが盛りだくさんです。旗取り大会も元気でよろしい。
ルールを徹底したほうがいいかもしれませんね。

肉離れしてましたね。

腕を振って走ることはなかったようですね、当時は。

この映画では前田犬千代については、あまり詳しくは描かれていませんね。

時代劇の背景はいつも興味があって、どこかなとか気にしてみています。
この映画も癒される風景がしこたま出てきます。
行って見たいなと思えるきれいな風景です。
楽しい映画です。
豪華キャストです。

ふくろうは笑いながら見ておりました。

では。

<Sponsered Link>



Pocket