Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『馬医(字幕版)エピソード18』でございます。

王様の診察を行い、診断をするクァンヒョンでございます。

優等生のユン・テジュの診断とはクァンヒョンの診断は違ったものでした。

その診断の根拠となる病名は現存する医書にはのっていません。

クァンヒョンの診断の根拠は今まで馬医をしていた経験から来るものでした。
動物がかかる病に人間もかかる可能性があると、考えたのです。
<Sponsered Link>



当時人間は解剖ができないので、それ以上の説明ができないのでした。

王様もしばし絶句でございます。

クァンヒョンは王様を侮辱したと医者たちは問題にします。

相手が王様であるのと、知られていない病気ですから、誰もクァンヒョンの言い分おw証明できません。

もともと、ミョンファンの息のかかった連中は、クァンヒョンを貶めたいばかりです。
教授まで同じです。
狂った連中ですね。

自分が死ぬか生きるかの時に、腕のいい医者がいたほうがいいのではと思いますが。
きっと自分だけは違うと思っているのかな。

身分で診断が決まるわけはないですね。
対等な関係ではないのですから、難しいですね。

チニョンが言った言葉、「王様も人間である」と思って臨むしかないですよ。

この診察は王様も首医も改革の一助となるように行ったのでしょうね。

王女様も、クァンヒョンが来るものとばかり期待していましたが期待外れでした。

たちどころに機嫌が悪くなりますよ。
豚だの、イタチだのと言いたい放題でございました。
相変わらず口に戸がありません。

そのあと、クァンヒョンが閉じ込められたことを知ると、ある行動に出ます。
単純ですね。

でも悪いことをした医生には少しはいいのではとおもいます。

閉じ込められてクァンヒョンが死んだりはしませんでしたが、
事が悪くなれば、何が起こっても不思議ではなかったと思います。

当時の試験では、すでに医官となったものの診断を基準にして、成績が決まるというものでした。

現代から考えたらそれこそ、非科学的だと思います。
腕のいい医者と同じ診断ならともかく、まだわかっていない病気は診断のしようがないとおもいます。

今回も美しいものがたくさん出て来ます。
王女様の衣装や、お部屋。
それからチニョンのお部屋も美しいです。

床にいらないものがないってこんなにきれいなんですね。
<Sponsered Link>



今回も素敵なシーンがございます。チニョンとソンハが二人きりで話すシーンです。
光線が美しいですね。

ソンハを演じる、イ・サンウさんの口元がいいなといつも思います。
優しそうな口元ですね。

ソンハは、チニョンがクァンヒョンに惹かれていることを見抜いてました。
鈍いのはチニョンだけですね。

クァンヒョンがいなければ、ソンハとの縁談も受け入れていたのでしょうか。

一方インジュが探す男の子はやはりクァンヒョンなのかもしれないと、インジュはますます思いを深くします。

男の子の話をチニョンにはしますが、インジュはチニョンを見つめながらいttリまhしたね。

インジュの知る事実が、どうなっていきますか。
いつか本当のことが周囲に知られたら、チニョンだって巻き込まれていますから、
身分の入れ替えも怒るかもしれませんね。

王様の食事を知らベルクァンヒョンは偏食だと気が付きますね。

生活を調べることが大事なんですね。

それにしても王様のお部屋もきれいですね。
美しいものに囲まれて暮らし、眠るのですね。

この時代の王様は短命なのか、長命なのか、どうなんでしょう。

庶民が食べられないものも食べられる身分ですね。

病気になるのはそのせいかもしれません。

さて、ミョンファンにもいつか天罰が下ると思います。
悪事やりすぎですよ。

身分が高いので絹の美しいものをまとってはいますが、
黒いオーラもまとっています。

では。
<Sponsered Link>



Pocket