Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『馬医(字幕版)エピソード25』でございます。
コ・ジュマンは毒のせいもあって持病が悪化してきます。

それは、ミョンファンのせいだとインジュは思っていました。
おそらく、コ・ジュマンもわかっているだろうと思います。

朝鮮にとってかけがえのない医師ですね。
誰が診断しても、手の施しようのない症状みたいです。
<Sponsered Link>



意識不明を心配する人々と、ミョンファンのようにチャンス到来だと考えるものたちの動きが活発になってまいります。
首医は、頭の骨が腐って膿が出ています。

視覚的に明らかに異常な感じですね。

インジュはクァンヒョンがカン・ドジュンの息子である証拠を持ってこさせます。
次女がずっと命がけで守ってきたのですね。

インジュはミョンファンにはっきりと責任はあなただということを言います。
もちろんミョンファンにこの病気を治せるはずもなく、自分の悪事の実験結果を見ることになります。

宮中では、口にするものは必ず注意しないといけませんね。

首医には毒見役がいませんでした。
ふくろうにはそういう部分が悔やまれます。

命の危険がある戦の最中だったのですね。

身分はどうなんでしょうね。

医師という身分はあまり高くないのかな。

さて、クァンヒョンの過去が明らかになってきますね。
本人はまだしっくりとはしませんね。

思わぬことですもんね。

しかし、このことは、誰かが一人で抱えているよりは、本人も含めてもう少し味方を増やして、一緒に考えることもあっていいと思います。

もちろん敵には秘密にしておいた方がいいでしょう。
時が満ちるまでは。

このまま知らないで何とか生きていくほうが良かったのかどうか。

選ぶのはクァンヒョン本人です。
インジュから見たら、クァンヒョンが持っているはずのものを
盗人が好きなように牛耳ろうとしているのが許せないのですね。

もともとこういうことになったのは元凶はミョンファンです。
こいつが得するだけなのはふくろうにも許せないですよ。
首医が死ぬのを待っているおじさんたちって、横着でひどい人ばかりですね。

息子のソンハは悩みますね。あんな父親でもこんな息子が育ったのは奇跡です。
チニョンがそばにいたからかもしれませんね。
<Sponsered Link>



クァンヒョンもいろいろあって何時もの元気がないです。
ミョンファンが首医の主治医になります。

殺される、とインジュもクァンヒョンも思ったかな。
ばにこういうのを飼っていては心配ですね。クァンヒョンは思い切ったことをミョンファ
ンい言いましたね。

知ってしまったからには平静ではいられません。
何故クァンヒョンがそういう行動をとったか、ミョンファンは考えます。

やがて首医の意識が戻ります。
クァンヒョンは泣いていましたね。
何としても首医を救いたいと思うのでした。

しかしその方法は、誰もやろうとしない方法です。ですからね。

一方、ミョンファンは、クァンヒョンの鍼箱がカン・ドジュンの物だと気が付きます。
何故それをクァンヒョンが持っているのか。

その答えに行きつくでしょうか。
ミョンファンの眼に当たることがないように気を付ける必要があったのではないでしょうか。

そこまで考えてインジュがクァンヒョンに渡すことはなかったようですね。
どこかで漏れて危険が迫るパタ―ンが多いですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket