Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『馬医(字幕版)エピソード28』でございます。

みすみす騙されるチニョンやおじさんたちが気の毒でなりません。

まず、首医が亡くなります。

こういう方のお葬式は少し大掛かりなものなのですね。

徳があってみんなに慕われた方ですからね。
<Sponsered Link>



王様はやはり頼りないですね。
クァンヒョンを罪人にしたいのですね。

この王朝には医者がいなくなりますよ。
ミョンファンは医者ではございませんからね。

王女様も助けてくれますが、ソンハもチニョンも甘いです。

悪人と同居しているわけですから、信じてはだめだったのです。
ウンソ未亡人が心配したとおりになりましたね。

インジュもミョンファンを信じたわけではないでしょうが、今、少しでもクァンヒョンを安全にしておくしかできることがなかったのです。

悔しいですね。カン家の嫡男である証拠をミョンファンは火の中に放り込みます。
そして、計画は挫折です。

チニョンたちもあのように長く待って、何とも感じなかったのか。
騙されるわけですね。
信じますから。

正直に生きる人が、こういう目にあうのも嫌ですね。

しかし、悪い奴が力を持っていて、この善良な人々は力を持ちません。

こういう局面をたすけてくれる人がこの物語には現れていませんね。
権力者の中には見方がいません。
王女様くらいです、身分の高い味方は。舟の上で船頭が怪しい時がついても
遅すぎますね。

危ないところにずっと身を置くクァンヒョンです。
もう物語は半分すぎています。

何とかクァンヒョンの人生が開けてほしいです。

夜の海にさまようのでしょうか。
命がいくつあっても足りません。
ミョンファンを相手にこれではなかなか戦えませんね。

今回はミョンファンの卑怯なやり口にふくろうもはらわたが煮えくり返りました。

正攻法だけではなかなか対抗できませんね。
<Sponsered Link>



しかしこの王朝に真の医者がいないということは、誰も命が危険なときに頼れる人物がいないということです。

王様は首医の残した言葉を守りませんでしたね。
味方はもういません。

たぶんこれから思い知ると思いますよ。
首医の病状を気にかけるなら、クァンヒョンはどんなに大変な個人的な事情があっても
そばをはなれるべきではなかったと思うのですが。

誰にも未来は見えないと思いますが、手術後にそばにずっといたらせめて何かは違っていたのではと思いました。

いずれにしてもこの時代ですから、破傷風は避けられなかったかもしれません。

インジュはどうなったんでしょうか。
インジュの思った通りにミョンファンは信用できない人物です。

まだまだクァンヒョンの苦労は続きます。
後半、何か光が出てきてほしいです。
振り子の法則だと、この後クァンヒョンの人生には大きな振り返りが来ると思います。
もっと味方が欲しいですね。

天国でドジュンはどんな思いで見ているのでしょう。
そろそろミョンファンに何かが起こってもいいのでは。
人にあれほど毒を飲ませて、いつまで自分だけが無事でいられるでしょうか。

今まで結局ミョンファン劇場だった気もします。

苦労する部分がやや長すぎる気もしますが、今後の展開に期待したいです。

今回、王女様も思いを口にできましたね。
自分の衣類を裂いてクァンヒョンの傷を手当てしました。

王女様の衣装や、ヘアスタイル、髪飾りもとても素敵でしたね。

この女優さんは王女様にピッタリです。
可愛い方ですね。

背景に雪があるのは好きなのでうれしいです。
この撮影は冬でしょうね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket