Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『馬医(字幕版)エピソード29』でございます。

この時代、の連絡網、情報網は全くどうにもなりませんね。

今思っていたことを伝えるのにもかなりの時間がかかります。
クァンヒョンの直感は正しかったようです。

いい人は早死にしますね。
悪い奴が長生きしそうな時代です。

ィ・ミョンファンの差し金ですね。
クァンヒョンが死んでしまえば、誰にも秘密を暴かれることはないと思っています。

人の命を自分の思うように殺すことばかりですね。
もうそろそろ、ミョンファンにも天罰が下ってもいいころです。
<Sponsered Link>



一度ドジュンを殺してからというもの、どんどん気にいらない人は消していきますね。

最も、人のお御霊が入っていないミョンファンですから、やりたい放題です。
チニョンは待っても待っても現れないクァンヒョンを待っています。

ケータイのない時代、行き違いや騙された場合も、どうにもなりませんね。

ミョンファンはついに首医の座に上りました。
トップの交代で中身が変わっていくと思います。

医者のこころがないミョンファンをトップにするしかない王朝ですから、
きっとまた苦しむ人が増えるでしょう。

逆に賄賂がもらえるので喜ぶ人もいます。

でもしわ寄せは民に来ますよね。

きれいな衣装を着ておいしいものをたらふくたべて、民をごまかす医療ですね。
王様は世間知らずですから、騙され続けますね。
賄賂をもらって、じぶんだけ懐が温かくなると、仕事をしなくなるでしょう。
クァンヒョンとおじさんやチニョンたちも一緒にこの国を出るつもりだったのでしょうね。

それだってこの時代に大決心ですよね。

ここが嫌でも、他に行って安全に暮らせるかどうかはわかりませんからね。

情報がないはずです。

さてインジュやチニョン、おじさんたちまで人生が変わってしまいましたかね。

一方、ソンハは荒れまくっています。

ミョンファンに騙されてことが失敗したのが自分のせいだと
自分を責め続けています。

しかもクァンヒョンが死んだと思っています。
だけど、チニョンはクァンヒョンが死んだとは思っていません。
そりゃあそうですよね。

絶対にそんなことは考えられません。
そう思った時点で人生の光が消えてしまいます。

姿が見えないのは何か理由があってのことだと考えるようにしています。

そしていつかクァンヒョンは帰ってくると信じています。
なんでも時間がかかる時代です。
居なくなったほうも、失ったほうも。
<Sponsered Link>



人知れずクァンヒョンは生きています。
ケガをして満足に働けず、したがって収入もありません。

健康も心配ですね。

クァンヒョンがゴッドハンドと言われるまでにはまだ間時間がかかりそうですね。

医学が遅れます。
その間にも多くの人が亡くなっていくでしょう。

人は明日のことが定かではないこんな状況でも、前を向いて生きていくんですね。
クァンヒョンもその一人です。

思わぬ災難を予期することはできません。
普通に素直に生きていくだけです。

寒い夜海に落とされたクァンヒョンは雪の砂浜に打ち上げられて一命をとりとめます。
傷の手当は自分でやっています。

薬は黙って借りておきましょう。出世払いでいいですよね。
孤独がつらいですね。

ふくろうにもよくわかります。
家族と離れて知らないところでなんとか命をつながなければ。

何とかしのいで、生き残ってほしいです。

ドラマ後半に入ってから、クァンヒョンに共感できる部分が増えました。
誰でも人生に逆境はあります。

下を向くよりは前を見ましょう。

コ・ジュマン首医から言われたサアムという人を探すクァンヒョンでございます。
会ってみればきっとおも出すことがあるでしょう。

後半の展開に期待したいです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket