Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『馬医(字幕版)エピソード37』でございます。

宴会で中国の使節の発言に一同は揺れます。
大国の清の使節の話で紹介されたのはクァンヒョンだったのです。

すごいことになりましたね。

清国から一番感謝されているのはクァンヒョンです。
ミョンファンは二番手です。

側室が生きているのはクァンヒョンのおかげです。
これは動かしがたい事実です。
<Sponsered Link>



ふくろうは痛快です。いつかこんな日が来てほしかったなあ。

クァンヒョンは生きていたのです。

多くの人の望みが現実になったのです。

クァンヒョンは清国の人の命を多く救ったのでした。
素晴らしい医師だと使節は言います。

悪者たちもあわてますね。

良心なんて持ち合わせていない人たちです。

殺したはずのクァンヒョンが生きて戻ってきました。
しかも対外的に手柄を立てています。

王様にもここは評価していただきたいですね。

誰もが待ち望んだ人物ですよね。
そういう人がいたらいいなと思える人です。

罪。ですか。
裁かれていない罪がごっそりあるというのに、不器用で正直なクァンヒョンがこのまま罪人でいいのでしょうか。

クァンヒョンの帰国は一か八かのかけなのでしょうか。
罪に問われる覚悟で帰国したのは首医の意志を継ぐためですね。

外科手術は多くの民を救うと首医のコ・ジュマンはいっていました。

クァンヒョンはすでにこの国の民を救っています。
誰もがもしかしたらと思っていました。

孤独な王様の心に再び明かりがつきましたね。
まさに光となるべく戻ってまいりました。

殺されかかっても志を持ち続けていました。
技を磨き、相当の覚悟で戻ってきました。
今までのようにやられるばかりではいけませんよね。

悪者たちはがっかりしたことでしょう。
天の采配です。
世のなかのバランスがとれないといけません。

クァンヒョンの罪は許されます。

今回も寒そうですね。チニョンが雪の中に立っています。
ふくろうは雪のシーンが大好きです。

雪が舞うと、ドラマは物語が動き出す感じになります。
長いこと待っていた愛しい人、チニョンもクァンヒョンも会いたかったでしょうね。

お互い、忘れてはいませんでした。
戻ってきて会えると信じて生きていたのです。

よかったですね。
この愛、守ってほしい。
きれいな気持ちの二人はとてもお似合いだと思います。
機が熟してきていますね。

はやく結婚させてあげたいです。
<Sponsered Link>



失恋のソンハには申し訳ないけれど、苦労した分、クァンヒョンにもいいことがあってほしいです。

ミョンファンに、ついにクァンヒョン宣戦布告しますよ。

カン武官をとらえたのもクァンヒョンですね。

醜いミョンファンです。
クァンヒョンは奪われたものを全部取り返す番です。

ただし身分を取り戻そうとは思っていません。
チニョンを守るためです。

ただ、先でチニョンも事実を知るべきだとは思います。

ミョンファンにはとっとと退職してほしい。
ソンハももう大人にならないとね。

行く先を決めるのは自分。ジュマンの言葉を思い出すクァンヒョンです。
こういうドラマでわからないことがあります、大妃は政治力を持っているのかどうか。

ここでは王様がやりにくそうですね。

クァンヒョンの正装が見られます。青い服ですね。
医官としての人生が始まります。

おじさんたちも張り切っています。
待っていてよかったですね。
恋の季節も満開のようですし。
ところでスッキ王女様も恋については一線を引かれましたね。
大人になられました。

何といってもクァンヒョンの味方ですからね。

この頃ふくろうはガヨンのファンいなりました。
なかなかいい子です。

無敵ですよね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket