Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『馬医(字幕版)エピソード49』でございます。

王様の大ピンチをクァンヒョンはどうやって乗り切るのでしょうか。

たぶん、腹膜炎みたいな症状でしょうか。
これは大変危険ですね。

現代でも、入院して手術ではないでしょうか。

そういえばかれこれ十何年鎌前にふくろうが入院生活を経験した時に、腹膜炎で入院して手術した方と話したことがございます。

本人より診察した医師が命が危なかったといっておられました。
<Sponsered Link>



これはもちろんドラマですから、検査機器もない時代に、勇気をもって人の命を救おうとそれこそ命を懸けた人々の物語ですね。

したがって、勘や運もとにかく総動員してあきらめないで結果を出した、ある意味奇跡の物語でもあります。

命をかけようと腹をくくった方々に乾杯ですね。

医学の知識など何もない重臣がまたもや邪魔な動きをいたします。
このあたり、ミョンファンたちがいなくなっても、何一つ変わらないのですね。
体質ですね。

政治で腹膜炎を治せるならやっていただきたい。
医官に圧力をかけてよくなることがあるのか。

かけるなら、ミョンファンみたいないい加減な医師にしっかりかけてほしかったです。

回復しても穴がどこにあるのかがわからないので、時間は立つばかりで手の打ちようがないのでした。

仲間がいてみんなで考えていくことがよかったですね。
テマンのお手柄でもあります。

王様の手術は成功します。

よかったです。

壮年の王様がいなくなればまた内紛が起こります。

世子様もまだ幼いですね。

庶民はたまったものではございませんね。
しわ寄せは民に来ます。

王様が危険になったので、厳戒態勢での警備が行われます。

王様の危機は国の危機でもありますね。

ここの行動ははやかったですね。

この国ではよくあることが起こらないように早めに手を打つのですね。
<Sponsered Link>



しかし、
どんな時代や状況でも、あきらめないで信じて進む人が結果を出すのですね。

みんなの祈りが通じたのですね。

王様の命を救ったことで、それぞれが褒美をいただきます。
出世ですね。

その中でクァンヒョンは正規のルートで医官になったのではなく、
医生を終えずに医官になったのでした。

ですが今この国のだれが王様のような難しい手術を成功させられるでしょうか。

どう見てもクァンヒョンがこの国の医療の第一人者だと思います。
彼は大きな人なので、そんなことは不満には思いませんが、

今までのブラックな医学界には光ですよね。

辛抱して努力して命をいつくしみ、クァンヒョンはここまできました。
なかなかできることではないですね。
それだけに彼には使命があるのです。

ふくろうも手術は怖いですが、この時代に手術してもらうなら、クァンヒョン医師にお願いしたいです。
誰でも、そうじゃないのかな。

こういう医療が発達してくる過程では、成功例ばかりではないでしょう。
人々の意識も変わってきて今の時代があるのでしょうね。

コ・ジュマン先生はきっと喜んでいるでしょうね。
受け継ぐものがいる幸せを、思っておられるでしょう。

犯罪でなくても患者が亡くなったとき、特に王族だったら、主治医が死刑にならなくてはならないなら、医者がいなくなりますね。

本物の医者をコ・ジュマンさんは育てたかったのだと思います。

クァンヒョンは多くの人の光になるでしょう。

では。
<Sponsered Link>



Pocket