Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は橋元良明さんの『メディアと日本人』でございます。
日本人はメディアをどのように受容し、利用しているのかを考えてみたいと思います。

メディア環境を考えてみました。ふくろうの家ではテレビ、新聞、インターネット、書籍、雑誌、携帯電話、後固定電話ですね。

新聞は核家族ではとっておられない家庭も多いかと思います。
核家族の時はふくろうはネットでニュースも番組欄も見て、新聞代を節約しておりました。

<Sponsered Link>




しかし、親世代と同居してからは新聞は以前のようにとっています。もちろん親のためですね。
もしも図書館が近かったら、新聞は毎日、図書館で読もうかと思っていたふくろうです。
親の生活の中の習慣を尊重して我が家では再び新聞を取ることにしたのです。
現在ラジオはというと、災害用に一台確保してあります。
普段は使いませんね。

もともとふくろうは若いころから夜は弱くて、遅くまでラジオを聞く習慣はなかったのです。
携帯電話を友人たちが持っていてもふくろうは持っていませんでした。
仕事や介護にかかわってからは必需品になりましたね。

時代の進化とともに公衆電話が消えていき、あるところにしかない電話になっていっています。
携帯電話も、ふくろうの場合は緊急時のみに使用します。
ショートメールで間に合うことが多いからですね。

長話はPCでのみいたします。
電話は音が嫌いなのであまり使用しません。

ネットも家でゆっくり時間のある時に落ちついてやりたいので、出先では必要ありません。
ネットにかかわるようになってテレビ視聴が減ったかどうかを考えたのですが、
もともと見るものが決まっているので、ネットがなくても見ないことが多かったです。

子どもの頃はテレビにかじりついていましたが、さすがに主婦になってからはそれはできません。

<Sponsered Link>




ですから、子育て中のニュースとかはやっていた音楽とかは完全に抜けています。
歌は子守歌がほとんどで、子ふくろうたちが大きくなっていって
やっとテレビを見る時間が与えられました。
やっと待合室から出られた感はありましたがさりとて何が見たいかといわれても、
何もなかったです。
後から遅れて楽しもうと思いました。

ネットには前々から興味はありました。PCはありましたが
自分の自由には使えない状態でしたから、じっと我慢していました。
時代が進めば価格もきっと安くなるだろうと当時は思っていましたね。

PCを自分の貯金で購入したのはうつ解消の目的があったからです。
つらかったので、やりたいことは生きているうちにやりつくしてみようと思ったのです。
初めは格闘技に近かったですが、格闘しているうちに楽しくなってまいりました。
こんな面白いものは子ふくろうにも是非やらせたいと思いましたね。

テレビで天気予報を見るのも楽しいですが、ネットで見るのもとても楽しいのです。
親子でいろんな経験を一緒にしていい思い出になりました。

ネットやPCで困ったら相談し合える親子にはなれましたね。
メディアのなかでは断トツでインターネットが面白いですが、ふくろうは書籍は残したいと思いますね。
紙の本、香りも手触りも大好きですから。

何度も読みたい本だけのライブラリーを作ろうと思っています。
先はまだまだ長いです。

では。

<Sponsered Link>



Pocket