Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『明朗少女成功記 第16話』でございます。

追い詰められたナヒはギテに打ち明けます。
さて、ギテはどうしますかね。

ヤンスンのおばあさんをひいたのはナヒです。
最後まで悪人には慣れなかったナヒでございます。
チュンテと結婚しても待っているのは地獄です。
永久にギテとは決裂したままになりますね。
<Sponsered Link>



わざとじゃあないですが、
いつものナヒの物事の処理の仕方が
すべてこんなんじゃあないのかな。
悲しいですね。
周り人が傷つきます。

ギテは自首をすることを進めます。
自分もついていくからと。

実際おおごとですよ。
しかし、決着をつけないと、もうこれ以上はつらすぎますよね。

ヤンスンたちは
ファンウを売ることができなくて困ったのですが、
ヤンスンの機転により、
あることを実行します。
いやあなかなか画期的な展開でした。

身体にいいということは、
イコール、食べられる、という発想です。
こういう発想は素敵ですね。

現実に食べられるような化粧品があるでしょうか。
食べ物で化粧品として使えるものはどうでしょうかね。

変質の出始めたチュンテのネッサンス化粧品は
危険な代物です。人の顔がどうなってもいいのかと
思いますね。
<Sponsered Link>



ナヒを自分の持ち物扱いするチュンテは
情けないやつですよ。
はなから対等ではない結びつきは破滅をたどります。

ナヒは全部お母さんにも打ち明けましたね。
ナヒが道をこれ以上誤らなくてよかったですね。
のちにヤンスンにナヒは謝罪します。

チュンテは最後の悪あがきをします。
会社をひとりの人格と考えれば、チュンテは会社からも
嫌われると思います。
ヨンちゃんもスパイをやめてはっきりとチュンテたちと
決別します。

ヤンスンたちは最後の戦いに挑みますよ。
素敵な商品が出来上がります。

なかまと一つの目標に向かって進むときは
いい時間ですね。
力を合わせて夢をかなえる時間です。
みんなの思いがこもった「ピュア・スノイ」
が誕生します。

消費者はどちらを選ぶでしょうか。
貴族になっても生きていなくてはね。

やがて人望のないチュンテの悪事も
白日の下にさらされます。
「正義は、勝つ!」ですね。

ヤンスンはやさしい子ですね。
ヤンスンが最後にナヒにかける言葉が胸を打ちます。

人を憎んで生きるのはしんどいことですよ。
健康ではいられそうにありませんね。

ヤンスンの立場なら、恨んで当然かもしれません。

一件落着したところで、
ヤンスンは夢を求めて軍隊に入隊です。

おじさんのプロポーズは
三年後までヤンスンの返事はお預けです。
おじさんはほえたいとおもいますね。

でも、
この際だからおじさんにも応援してもらいましょうね。
愛が試される時間が始まりますよ。
ヤンスンは20歳ですからね。
ゆっくり進むべきですね。
一皮むけて帰ってくるはずです。

それでも、
アフリカでもおじさんはついていくみたいですよ。
相変わらず経済力だけはあるようです。
その後もおじさんとは順調に仲良く生きるでしょうね。
こういう愛の形、ありですね。

めでたいです。
二人が幸せになるなら何よりです。

では。

<Sponsered Link>



Pocket