Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『明朗少女成功記 第2話』でございます。

金魚を巡る戦いが
コミュニケーションといえるなら、
ヤンスンの新しい暮らしは
最悪のスタートになりましたね。

でも社長さんは高校に行きたいというヤンスン
の希望を叶えてくれるんですね。
<Sponsered Link>



そういうところはいいですね。
しかし、単純なヤンスンとおっかないギテおじさんの生活が
うまくいくでしょうか。
お互い自分を隠すことはしません。
口に戸がないといいますか、歯に衣着せぬといいますか、
ストレートにものを言える関係になっています。
ものごとを包み隠さず言えるってうらやましいなあ。

話すというより、ふくろうには叫びあっている気がします。
肺活量も半端ないですよね。

首の皮一枚つながっているヤンスンには厳しい
ギテの条件が付きつけられます。
家政婦と女子高生の両立ができたらすごいと思いますよ。
何だかねる間もない感じになりそうですね。

ヤンスンは執念で実行します。働き者ですね、えらいです。

チュンテは隠していることがありますね。
大悪党でもないのに、ねちねちとやっています。
親子でこの会社を狙っているのは
見ていてふくろうにもわかります。

自分で作り出すほうが面白いと思いますが、
楽して利を得ようとするとたいへんでしょうね。

どのくらい悪者なのかいづれわかってきます。
完璧な悪人よりは人の好さとか
弱さとか持っているほうが可愛げがありますよね。

さて転校生となったヤンスンは運転手の
お兄さんに助けてもらいます。
この人は優しそうな人ですね。
<Sponsered Link>



また新しい高校では留年しているボベたちに
目をつけられてしまいます。

社長の娘のナヒはチュンテをいいように使っていますね。
チュンテは下心がありそうですね。
ナヒは利用するだけです。

今回このスノイという会社の在り方が少しわかってきます。
ギテは後継者としてやがて会社を受け継ぐ予定でしょうね。
ギテはチュンテの口に乗せられて、
感情的に物事を処理しようとします。
チュンテのお父さんも腹黒そうですね。

ヤンスンの両親のあほさ加減も全開です。
この人たちは謎が多いです。
自分たちの世界に住む人々ですね。
働いていないのに、何を食べて生きているのかという疑問
があります。
焼肉の代金はいったい誰がはらったのか気になりますね。
ヤンスンは見ていただけですから。

ところで投球練習をするギテは
ますますヤンスンに難題を持ち出します。
ヤンスンをいたぶるのを楽しんでいますね。
サド、ですよね。

山のような洗濯ものをもって登校する
女子高生を皆様どう思われます?

学校で手洗いをしているヤンスンは屋上で
干してます。もう学校に住んだ方がよくないですか。
すごく自由な校風の学校ですね。

さてダサい女性を変身させるイベントが始まります。
アイデアを提供しながらチュンテは
ギテに恥をかかせるように動いています。すごいですね。
ところがギテはヤンスンを使って
逆転ホームランにしてしまいます。
邪魔すればするほど相手が磨かれていくパターンですね。
チュンテも、これは間接的に世の中にいいことをやっているのでは?

「before after」の企画は面白いですね。
ヤンスンの変身ぶりが素敵です。
「LOVE SONG」の曲が流れていて
ドラマを盛り上げています。
この曲はふくろうも大好きです。

おじさんと女子高生のあしたはどうなっていくんでしょうね。

ではまた。
<Sponsered Link>



Pocket