Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『明朗少女成功記 第4話』でございます。

ナヒのせいでおばあちゃんは亡くなってしまいます。
どこまでも鬼娘をやるしかないナヒですね。
性格の悪さは天下一品です。
悲しいですね。
でもどうしてこんな子になったのでしょうね。
<Sponsered Link>



そして情けないのはヤンスンのご両親の姿も同じです。
しっかり元気なのに、
とことんまっとうに働かないんですね。
こちらも、どうしてこんなことになっているのか。
亡くなったおばあちゃんは本当にかわいそうです。
おばあちゃんにとっては、ヤンスンだけ希望の光だったと思います。
それなのに、こんな悲しい別れが来てしまいました。

お年寄りはもろいですから、転んでもぶつかっても命を落としやすいです。
そばに誰かがついていたらと思います。

ヤンスンとナヒはスノイの会社の公募に応募します。
対決ムードですね。

おじさんはといえば、金魚に愛着を見せています。
へえええ、ですね。
このおじさんにも愛を与えるものがあったのね。

うれしそうなギテですね。スキップでもしそうな感じです。

ところで、公募で、一位になろうとナヒは
チュンテを巻き込んでずるいことを考えています。
この子は本当に人生終わってますね。
救いようのない子になっています。

ヤンスンの美しい姿を見てからというもの、
ギテは変わってきましたね。たぶんあれがきっかけだと思う。

さてナヒの意地悪にも負けないでヤンスンは
いいことを思いつきます。
若いっていいですね。
エネルギーがすごい。
負けている場合ではないですね。
言い返すとかしないと。

どうやらおじさんも非常に協力的です。
けなしながら応援するという
非常に高度なコミュニケーション技術で
おじさんは応援しています。何考えてんだか。

大人げないとも言えます。
でもこのぎこちなさは、正直な気持ちがさせています。
たぶんろくな青春を送ってこなかったんでしょうね。

もしかしてヤンスンにやさしくしたいとか。
ま、ふくろうにはおじさんの気持ちはわかりにくいです。

謎です。

<Sponsered Link>



今回球場が出てまいりますよ。
おじさんはとっても野球が好きなんですね。
ひとりで盛り上がってランニングして
ヤンスンにハイタッチを強要する。
謎のハイテンションですよ。
人の思惑なんて関係ないんですね。

この時にヤンスンが言った言葉、ふくろうは大好きです。
「どの道私は成功する」っていいひびきですね。
これをふくろうも真似しています。
大志を抱いている感じです。
思うようにいかないことだらけの人生でしょうが、
ヤンスンの場合は振り子の振れ幅が大きいのだと思います。

だから振り子が戻ってくるときはきっといいことも
たくさんあると思います。

今回愈々悪人どもが動き始めます。
でも、ソックオッパの活躍で阻止されます。
楽して得しようというやつらは努力が足りません。

人生を無駄に使っていますね。
人生は簡単なものじゃないと思い知らされるでしょう。

ヤンスンにはつらいときに励ましてくれる友達がいます。
いい関係ですね。
こういうシーンは心が和みます。

人の気持ちがわかる人になる。
大切ですね。
深い人生を歩めることでしょう。

ヤンスンと出会ったことでおじさんもまた
人生が変わり始めています。
ワクワク感が出てきましたね。
金魚の野球チームの話笑えますね。

ヤンスンてなんだか見ている人を期待させてしまう
そんな子です。

ふくろう自身の青春時代を思い出させてくれるドラマです。
「LOVE SONG」が流れていて素敵な気持ちになります。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket