Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『明朗少女成功記 第6話』でございます。

会社の野球の試合の決勝戦です。
ギテはヤンスンに再会します。
なるほど、会社規模でスポーツ大会があるんですね。
よかったですね。おじさん。
<Sponsered Link>



しかし、おじさんの青春は押して知るべしですね。
野球少年だったのはわかります。
家族を失っていますから、寂しい少年時代だったかな。
で、性格が最悪になっていったんでしょうか。

一年たって再会したヤンスンはすっかり速球投手です。
元気そうでよかったですね。

さて水面下ではギテを失脚させる作戦が進行中です。
こういうところを見抜けない社長やギテが歯がゆいですね。
つまり周りの人を見る目が曇っているのかな。

ギテが今まで周囲を傷つけたのは事実です。
傲慢でしたね。
このあと思い知ることになります。
これもまた自業自得ということでしょうか。
人の気持ちを考えて生きてこなかった部分が
こういう結果になっていったのかもしれません。

もちろん悪いことをする方が悪いのは当然ですけど。
部下を従わせる上司の力不足、権威不足から、
下克上が起こってくるかもしれません。

さらに社長までも失脚させたいチュンテ親子です。
こんなパパだから息子も後ろ姿を見て育ったのかな。

ヤンスンは両親が刑務所に入っていたので、
地方で働いていたんですね。
面会するのに近いからですね。
豆腐をもって待っているヤンスンです。
家族思いでいいこだなあ。

<Sponsered Link>



ヤンスンはやさしい子ですね。
見放さないんですね。
両親の更生を願っています。
この親からどうしてこんな子が生まれたのかと不思議に思います。

たぶんおばあちゃんが育てたからでしょうね。

ボべは研修生として頑張っていましたね。
えらい。ヤンスンの強い味方ですね。

チュンテの裏切りは用意周到ですね。
ナヒの留学のわけは誰も知りません。
ナヒは事の重大さがわからないんでしょうね。
ナヒも罠にかかったと思います。
自分が悪いんですけどね。

そこで自首して自分の罪を認めれば、
つけ込まれることはなかったと思います。

一方おじさんはヤンスンのいった言葉がこたえています。
ヤンスンも何か心残りがありそうですね。

偶然、実家でおじさんと出会いますよ。
おじさんやけにうれしそうですね。

で、お食事はラーメンなのね。
韓国ドラマでは、
ラーメンを作って食べるシーンがよく出てきますね。
ふくろうもそれを見るたびにラーメンが食べたくなります。

実はおじさんがヤンスンの実家を買っていたのですね。
え?なんでなんで?
価値があるとしたらヤンスンの大事な家だから、でしょうね。
ナヒがそのケータイに電話することは予測できていません。
やはり人間て完璧ではないですね。

予測できないことが誰でもあります。

ナヒははやくお母さんに本当のことを話すといいのにね。
怒りでナヒは悪事に手を染めていきます。

そして、いよいよその日がやってきました。
チュンテはしてやったりですね。

それにしても家の中にホームベースを置いているなんて
ビックリですよ。
玄関マットの代わりにできそうかな。
ホームベースがホームにあるわけです。
人生は野球だ~、というわけですね。

赤札が次々と貼られていきます。
ギテは怒り狂いますが、もうどうしようもありません。

まんまと騙されてしまったギテはどうなるのでしょう。
パニくるおじさんを前にヤンスンはどうするのでしょうか。

次回でまた。

<Sponsered Link>



Pocket