Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『明朗少女成功記 第7話』でございます。

最初の回のあたりで、
ヤンスンの夢のシーンが出てまいりましたよね。
王子様が出ていました。
このドラマを象徴するような
なつかしくもどこか垢抜けしない愉快なシーンでしたね。
緊張感は全然ありません。ヤンスン自体が前向き人間なので、
明るい雰囲気でした。
<Sponsered Link>



さて、ギテはさして仕事もしていないのに、
するすると乗っ取られるなんて、情けないというか
ふくろうもショックですね。

性格の悪さを補う経営手腕とかがあるかと期待しておりましたのに。
どこにとりえがあるのかといいたいです。

要するに甘い体質の王子様に試練の時が来たのですね。
人に恨まれているのも気がつかなかったということですね。
金魚の野球チームまで特別合宿に出る羽目になったのです。

ギテとヤンスンの暮らしにいやおうなしに登場した金魚でございます。

ギテはまさかと思う人に裏切られます。
ファンウ製造法もすべてチュンテの手に落ちました。
ヨンチャンまでも裏切ったのです。

この件でヨンちゃんはあとでこっぴどくボべに絞られます。
社長は倒れて入院です。

ナヒはまだ事の重大さに気がつかないのでしょうか。
後悔することになると思いますよ。

チュンテのやったことは暴力も含めて犯罪です。
ですがギテがこれを機会に変われるならいいですね。
感情に任せて動くギテですが、
考えなしなのに、成功するわけもなく、
とらえられて、命が危ないですよ。
いいとこなしですね。

挙句の果てにソックおっぱに助けてもらうんです。
計画性ゼロ、会社への愛はどこにあるの、ですね。
ソックさんが気持ちを込めてギテを殴るシーンでの
言葉がグッときます。
これぞ、愛のムチ、でございますね。
<Sponsered Link>



社長の補佐を怠ったということでしょうか。
社長はギてには厳しいことを言えないのかもしれません。
そうですねえ、仕事を本気でやっていたのかと思います。
さらに、ソックおっぱの愛する会社を破産に追い込んだ。

ヤンスンはギテをそばで見守ろうとします。
おじさんと少女の組み合わせが新鮮ですね。
この二人に恋は降ってくるでしょうか。

一方ヤンスンの両親は、ソックおっぱの家に居候です。
なぜそのようなことに?
ソックおっぱっていい人すぎますね。
現実的にはなかなかあり得ない気がしますね。

ナヒがかかわってギテを失脚に追い込んだと知った
社長はまたまた倒れてしまいます。
おばかはそこここにいましたね。

やがてチュンテは手にした製造法をギテの目の前で
燃やします。
所詮紙は紙ですから燃えてしまいます。

何だこいつも物を知らないのね、とふくろうは思いました。
人の失脚を狙うのに一生懸命で、勉強はしていないのでしょう。

新たな化粧品を作るとは言いますが、
そう簡単なことではないですよね。

横着な悪党って、頭の中だけで簡単に自分の都合のいいように
考えるんですね。
人生、そんなに甘くはないですよ。

思い知る日が来ます、必ず。
神様の愛が降り注ぐ日を待ちましょうか。
チュンテもナヒも救われる日がきっときますよ。

ギテが両親のお墓の前で泣いた日が懐かしく感じられる日が
きっと来ると思います。
一回リセット、ですね。
人生先は長いです。

何度でもやり直しはききます。若いんですから。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket