Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『水野英子名作選』、「白いトロイカ 第1巻」でございます。
子供の頃、夢を見させていただいた名作でございます。
子どもの頃の楽しみはコミックを読むことと、テレビでアニメを見ることでしたね。

そこには夢がありました。見たこともない夢でした。

<Sponsered Link>



実はこの物語全部読んだことがありませんでした。
だから今回本当に、夢のようです。
水野英子さんのコミックが大好きでした。
なにかこう、優雅で素敵な夢の世界が広がっていましたね。

コミックを読んで、見たことのない国へのあこがれを抱いて、元気をもらっていました。
ふくろうにも未来に素敵なストーリーが待っているかもしれない。
そう思えました。

美しい装丁にうっとりでございます。
トロイカとくれば雪を思い浮かべますね。
読み始めると夢の世界に入っていく感じです。

手に取っただけで深い深い物語の世界に
足を踏み入れる気がします。
波乱万丈で、ドラマチック。
ときめきながら読んでしまいます。

なんせ、半世紀も前に読んだきりで、なかなか探せずにやっと、またこの作品にたどり着きました。
水野英子さんの作品はいつだって心に深い足跡がのこります。
幼いふくろうには、知らない世界が広がっていました。
当時、本気でこのお話の主人公になりたかったですね。

水野英子さんの描かれる男性主人公は、本当に素敵でした。

<Sponsered Link>




ロシアの大地、コサック、歌姫、恋など、
少女の心をつかんで離さない魅力的なストーリーは、
永久に心に残りますね。

現にふくろうは半世紀超えても覚えていましたからね。
どこがそんなによかったかといいますと、
素敵なラブストーリーであること。
それからヒロインのロタが歌うシーンですね。

歌の内容がとても素敵です。
画面からロタの歌声がふくろうにも聞こえてきましたもん。
何て美しいお話なんだろうと思ったものです。

ロタは幼児の頃実の両親とは悲劇的な別れをします。
ですが、母親譲りの声がロタを歌手になる夢に導いていきます。

子供の頃読んでいて、歌うってなんてすごいんだろうと
思っていました。

歌のためにロタは危険を顧みずペテルブルグを目指します。
困った時に助けてくれたレオに惹かれるようになります。
女の子ならこういう恋にあこがれますよね。
正統派のラブストーリーです。
半世紀たって読んでも色あせていません。
ふくろうの心に再びしみこんできました。

国家の体制が覆されるときに、圧政に苦しむ人々が
どんな行動をするのかもきちんとえがかれていて、
骨太な歴史漫画だと思います。

水野英子さんならではの奥深い作品ですね。
読みながら風も雪も体験してしまいます。
胸を打つストーリーです。

しかし恋するレオにはナターシャという婚約者がいたのです。
この恋、どうなるんでしょうか。恋に障害はつきものですね。

この第1巻にはもう一作『にれ屋敷』が入っています。
こちらは悲恋でありながら幸せな恋が描かれています。
人の心の切なさとか愛の強さを感じましたね。
こちらのほうは完結です。

次巻でまた。

<Sponsered Link>



Pocket