Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『マイプリンセス(字幕版)第3話』でございます。

会長は財産を還元すると言っています。もちろん記者会見を行っています。

皇室再建が会長の夢ですから。

そうなると、へヨンはどうなるのでしょう。
<Sponsered Link>



大学にへヨンがいってソルを連れ出そうと奮闘することになります。

逃げる生活ですね。

キャンパスには雪が残っています。
ふくろう、雪の出るドラマが好きです。

雪の降る中での撮影だったんですね、このドラマは。

報道陣をまくにはどうするのでしょうか。

ソルはどこにいても目立ちます。

もともと大人しくしていないのです。

知らない世界、知らないホテルに隠れるわけですから、はいそうですかと素直についていくのもおかしいかもしれません。

へヨン、パンチを喰らいます。
でもしかたがないですね。

もめながらもへヨンはソルを守ろうとしているのですね。

財産を残さないという祖父に反旗を翻すつもりですね。

ニュースにさらされるってこういうことなのね。
テレビもネットも、大賑わいでございますよ。

今外に出るのは、無理ですね。

庶民の力では防ぎようがないです。

テハングループにがんばっていただきたいですね。

実は財産のお話では、ユンジュにも不満がありました。

会長が一人で何もかもやっていたのなら、誰も関係しないのなら、ともかく、

ユンジュの家族も会長に振り回されてきたのですね。

皇室の財産を資本にして稼いだテハングループですが、会長のしたことは
着服したお金をつきあって儲けてきたのです。
犯罪を追及されたら大変ですよね。

時効でしょうか。

へヨンとユンジュは婚約者なのですが、至る所にソルが出することになって、ユンジュもいらだっています。

それは当然ですね。

でもソルも、大変なのですよ。

ソルに国外に行ってもらいたいへヨンたちでございます。

かえるというソルを、父親に会えると言ってへヨンは誘い出します。

ヘリコプターで逃げますよ。

へヨンとソルでは育った環境が違いますから、かみ合わない会話が多いのです。

半ば誘拐されたも同然のそるも、立ち聞きせずにはいられないのです。

一般的にお行儀は悪いように見えますが、この状況をはいそうですかと、

受け入れられる人はなかなかいないでしょう。

無防備な若い娘のソルはヘリコプターを見て何か思い出したようですね。

連れていかれたのは墓でした。

イ・ハン殿下の墓ですね。
<Sponsered Link>



これが父に会わせるということですか。

殿下がなくなったのは祖父のせいだそうです。

回想シーンではイ・ハン殿下は過去に未練はないようでした。

ここで祖父は殿下にお金でも帰そうとしたのでしょうか。

祖父からも逃げる父と娘です。
そしてその後に悲劇が起きたのでした。

返ってくると言ってソルを置いてどこにいったのでしょう。

その時に娘をおいてどこかに行こうとしたのかな。
わかりませんね。

「会長のことは許せません」ソルは言います。

お金は勝手に使う、自分の罪悪感から逃れるためか、反省したためか、今度は謝罪をしようとする。

復讐するには皇室をつぶすといいとへヨンは言います。

ソルはへヨンが自分の財産を守るためだと言います。
確かにそうですね。
自分が不利になるからですね。

祖父のようには考えない孫です。

財産に関してはユンジュも野心がありますね。
一方ナム助教授も、ソルが皇女かと確かめます。

秘密にしてくれとソルは言いますが、公然の秘密ですね。
記者がそこここを嗅ぎまわっています。

へヨンとソルは、ペンションに逃げます。
そこにはソルにそっくりの母がいました。

養女として育ててくれた母ですね。
母はへヨンをお婿さん候補として気にいったようですね。

このあと、へヨンから宿泊料をソルがぼったくっていたことがわかります。

なかなかつわものの皇女様でございます。

留学することも母には秘密にして後から置手紙で伝えようとするソルですね。

もめながらも、ソルを助けているへヨンです。

やがて空港にいった二人は搭乗手続きに入りますが、出国禁止だと言われてしまいます。

二人とも世間知らずですね。
おじいさんが手を回すことを考えなかったのですね。

うまくいったとしてもへヨンやユンジュに利用された感もありますね。

ソルは自分の人生を切り開けるのでしょうか。

では。
<Sponsered Link>



Pocket