Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『なぜ今、真田精神か?』でございます。
歴史に生き方を学ぶのは大事なことですね。時代は違えど、知恵に学びたいと思います。
この本には経済界のリーダーの方々のお話が入っています。

<Sponsered Link>




大河ドラマをふくろうも見ておりました。
大名ではない真田一族が大きな敵を相手に、どう生き残ろうとしたのかがとても興味深かったですね。
戦国武将では、ふくろう的には好感度ナンバー1の真田幸村さんです。

知将のイメージがあります。
いわゆる、熊みたいに強い武将というより、知恵のある賢い武将だったと思います。

大河ドラマは、家族の物語として見ておりました。
真田昌幸という人もなかなかしぶとい方だと思いましたが、戦国時代なら当たり前なんでしょうね。
生き残るには当然のことを真田一族はやっていたというわけです。

最も興味深かったのは、
関ヶ原の戦いのときに、徳川方と豊臣方に家族で別れる場面ですね。

どちらかが必ず生き残ることで、家を絶やさないように考えてこのように分かれて戦ったのでしょうね。
文字通り命がけの家族生き残り作戦です。

どちらが勝っても真田は残るわけですね。

ドラマの中の昌幸お父さんは本当に食えない親父さんという感じがよかったです。
抜け目なくやらないと、つぶされてしまいますからね。

気候の厳しい土地で家族が一丸となっていないと弱いと思います。
家が残るには家族の仲がいいことが挙げられます。
ふくろうも納得です。
親子兄弟でもめているところは確かに長く残っていませんね。
ふくろうもいつも疑問に思っていたのは、父と子でなぜ争うのか。少なくとも血を分けた親子なら考えられないです。
理解に苦しみますよ。
他人の関係とは違うと思うのです。
ただ現代でもあることですね。
大人になっても、家庭をもっても仲がいいのは立派ですよ。
<Sponsered Link>



この本の中でふくろうが一番感動したのは
幸村のお兄さんの真田信之が93歳まで生きたということ。
これは家を残すという執念を感じますね。

ふくろうの父も90歳が近いですがもう大変です。どんな感じの方だったんでしょうね。

長老が頑張ってにらみを利かせているといいでしょうね。

現実に親がはやくに亡くなると、兄弟の団結力が問われます。
裕福な一族であろうとそうでなかろうと、
まとまっていない家はやがて崩壊します。

まとまって力を合わせられない理由はいろいろあります。
大きな企業でなくても、一つの家庭でみてみても、
経営することの難しさを感じます。

真田一族に学ぶことをそれぞれの経済界の方々が述べておられます。
これらの方々のお話を読んで思いました。

奪い取るのではなくて、与える心が大事だと。
さらに、あきらめないで努力し続けること。
人を大事にすること。
確かに人は石垣、人は城なんだと思いました。

大河ドラマを見ながら、
真田幸村さんの頭の中には、
勝てる戦略がきっとあったのかもしれないと思ったふくろうでした。
この方の思うようにやれていたら。
仮想でしかないのですが。

昌幸お父さんが幸村さんだったらどうしたのだろうかと、ふっと考えて見ました。
同じ行動をとったでしょうか。
きいてみたいことの一つです。
<Sponsered Link>



Pocket