Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『のだめカンタービレ Lesson8』
「新星オケ初陣!トラウマ克服に揺れる恋」
でございます。

今回千秋にはフラッシュバック現象みたいなのが
起きてますね。状況がある限界に達すると、
もれなく蘇ってくるんですね。

<Sponsered Link>



これは深いトラウマですね。

家族のことはよくわかりませんが、
もちろん知っているはずだと思います。

だから催眠療法みたいな治療を千秋は受けたのですね。
しかしなかなか効果がない。

何故でしょう。

これは根強そうですね。
しかし、これを克服で来たら、千秋のその才能もますます輝きそうですね。

オケもバラバラって感じでしたね。
コンクール、一位じゃなかった清良は
挫折感を味わっています。
人生には挫折のない人はまずいません。

こんな風に悔しがる人は
きっと次にまたうまくなりますよね。
打たれ強くなることは人間は必要ですね。

人生が順調だと思っていても、いつ逆風が吹くかはわかりませんね。

のだめも千秋も、みんな何かを抱えています。
自分がつらさを抱えると、人がつらいのもわかるでしょう。

千秋の苦悩をのだめは見過ごせません。
妻だから、ではないかもしれませんが、
本気で千秋のことが大事なんですね。

もしも千秋のトラウマが克服できたら、
留学するでしょうね。
そうなるとのだめは寂しくなるでしょう。

だけど、千秋にとっては未来が開けるはずです。

のだめが初めて大人の決断をするのかな。

<Sponsered Link>



一方オーボエの黒木はのだめに一目ぼれします。
変態説を信じません。う~ん、でも変態なんだって。
まあそれでいいというなら、彼の人生ですから、
他の人の意向なんて関係ないです。
とにかく恋は盲目ですね。

ところで改心したハリセンこと江藤先生は
辛抱強くのだめに向かい合います。

なかなか指導者としての意地を見せていますね。

江藤先生のおなら体操可愛いです。
もう涙ぐましいですね。
優れた人なら、何とかできるはずですね。

なかなか思うようにはならない生徒こそ、
教師としての力が求められるのではないでしょうか。

さてのだめの最も苦手とする譜読みです。
ちっともしていませんね。
のだめは初めて千秋の心の闇を知ります。
そして千秋のピンチをのだめは救います。

のだめは初めてまともなことをしますね。
千秋に未来は見えてくるでしょうか。
相変わらず千秋の指揮はカッコいいですね。
音楽の貴公子ですからね。

心理療法がきかなかった千秋ですが、
なぜかのだめが懐中時計を使ってみると、
不思議なことに神通力か、
千秋は眠りに落ちていきます。
あの時計はミルヒにもらったんですよね。
なんか納得しそうです。

のだめ恐るべしでございます。
千秋はあきらめていましたが、
何とかなったらいいなあ。

二人が出会ってから、
のだめの魔力に引っかかり続けている千秋ですから、
案外とうまくいくかもしれません。
のだめの神通力にはいつもコロッとやられていますよね。

千秋は飛べないままに制約のある人生になっていますね。
この事態はどこのボタンを押したら
打開できるのでしょう。

どうもクラシックっていいですね。
今回もいろんな曲を聞いていい気持ちです。
楽しいですね。
音楽を目指す人たちのワクワク感が伝わってきます。

青春に乾杯!
のだめの愛に乾杯!

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket