• 投稿 2017/05/22 
  • 映画
Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は新緑の季節にぴったりのドラマ、
『オレのことスキでしょ。』第1話
「偶然 出会った君に」でございますよ。

ふくろうの大好きなパクシネちゃんと、
前世カン・シヌのチョンヨンファさんのさわやかさが
まぶしいです。

<Sponsered Link>



もし若い時代に帰れるなら
こういった青春時代がいいでしょうね。
誰か、ドラマ体験マシーンを発明してくれたらいいですね。

主人公はイ・ギュオン。国楽科の学生ですね。
厳しいおじいちゃんのもとで育てられたようです。
この組み合わせはコミックの柔チャンを思い出しますね。

さてこのドラマは音楽科を舞台に展開します。
イ・シン率いる「ステューピッド」という
かっこいいバンドが出てきますよ。

パクシネちゃんとチョンヨンファさんの年頃にぴったりの
お話ですね。
自然体で本当に美しい二人です。
以前、「美男ですね」では結ばれそうになかった二人ですが、
今回こうやって二人をメインにしたドラマで見ることができて
ふくろうは本当にうれしいです。

最初は他人の二人ですが、同じシーンにはいますね。
済州島です。
希望にあふれた若者たちだと思います。

ふくろうもそうだったかな。
思い出せば懐かしいです。
どうしてシンは見知らぬギュオンの写真を撮ったんでしょうね。

このギュオンのおじいちゃん、子守をするのは大変でしょう。
頑固ですね。
でもふくろうはこのおじいちゃん大好きでございますよ。
孫娘とおじいちゃんがもめているのは結構癒されますね。

シンはサイクリングですけど、寂しそうですね。
物思うイケメンももちろんすてきです。

<Sponsered Link>



この若者たちはいきなり犬猿の仲の二人になってしまいますよ。
シンは結構オレ様です。
毎日何回も女の子告白されていればこうなりますかね。
っていうか単にわがまま王子だというだけかもしれませんが。

なるほど好きな人には告白されていないかも。
いやすでに拒絶されていますね。
相手にされていないのですね。

それにしても国楽は素敵ですね。
いやされます。
このドラマではたびたび演奏シーンが出てまいります。
そこも魅力の一つですね。
芸術っていいなあ。

学内をお琴を担いで走り回るイ・ギュオンの姿にも
いやされます。
意外と力持ちですね。
芸術には体力がいりますね。
ギュオンが走る姿が素敵です。
それだけでなんてきれいなんだろう、そう思ってしまいます。
青春の風が吹いているからでしょうか。
人生のそういう季節、人は永遠に忘れることはないでしょう。

この学園の百年記念イベントのために、これから
人材の発掘もあるみたいです。
ハリウッドから帰ったばかりの監督の目にとまったのは
イ・ギュオンでした。

急きょボーカルでシネちゃんが歌った曲なかなか良かったです。
見ているうちにこのドラマの中には
いってみたいなと思いますね。

実はこのコンサートはカンパのためだったんですが、
イ・ギュオンの大切な先生は亡くなってしまいました。
気の毒です。
シンとギュオンの関係は嵐の予感がしますね。
それも青春かな。

若い頃を思い出してみても、ふくろうは
余り熱中できるものがなかったんです。
ギュオンがうらやましいです。

さらに人生には忘れたいこともありますよね。
そんな時このドラマには楽しく入っていけます。
時どきギュオンが演奏するお琴がいいです。
風情がありますね。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket