Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『オレのことスキでしょ。』「第11話 あの日、あの場所で」
でございます。

シンの歌う主題歌ha素敵な曲ですね。
楽しいち日が始まりそうな気がしてまいります。
ふくろうはヨンファさんの声も歌も大好きです。
恋の始まりを飾るにふさわしいですね。可愛い曲です。
ふくろうも、シンの声と笑顔にぐっときます。

<Sponsered Link>



シンは思い切って行動します。
恋のために強くなれるのだ、若者よ。
戦闘開始ですね。

夢心地のギュウォンでございます。
シンの顔もゆるみっぱなしですね。
相思相愛になれてよかった。めでたいですね。

シンはスターですから、ギュウォンは大変です。
しかし、私生活は私生活でございます。
自分たちの人生をやらないと、きっと後悔しますよ。

この後二人が美術館でデートします。
この美術館はなかなか面白そうですね。
こういう楽しみ方もできるんですね。

この二人はいつみてもお似合いのふたりです。
いやされます。
美しい絵になります。

さて、二人の恋は進行中ですが、裏で
黒い計画も進行中でした。
ソクヒョン監督はギュウォンとともにはめられてしまいます。

噂が広まってソクヒョン監督は退任を迫られます。
こういった見え見えのあからさまなやり方で強引に
押し通そうとする黒幕たち、
それにヒジュはもちろん乗っかっています。
悪運は実力のうちにはならないと思うなあ。

ギュウォンはそれほど脅威なんでしょうか。
つまり、自分より実力があると暗に認めていることになりませんか。

でもジュ二は次第に良心がとがめられて悩みます。
それはそうです。うそつきになりますよね。
ジュ二は純粋なんですから。

あのサランたちがふくろうには、おじゃるの天敵の
子鬼のトリオに見えてきました。
登場の仕方も何だか似てますね。

こういうのはなぜいつも3人なんでしょうね。
意気地がないから数を頼むのかな。

そのエネルギー、もっと高尚なことに使ったら、
大成するかもしれないのに。
ベクトルの向かう方向が違ってますよ。

<Sponsered Link>



はめるほうはもちろんおかしいのですが、
善人の方たち、早く気がついてほしい。
じれったいですね。

善人はなかなか気がつきにくい。
たいていのドラマや物語でそういう傾向がある気がします。

こんなに簡単に陥れられて、無防備ですね。

警戒心とかが薄すぎると思います。
悪人は狡猾に立ち回っています。
見ていて悔しい限りでございます。

シンはいつでもギュウォンを心配しています。
ギュウォンは幸せ者でございますよ。
さらにギュウォンとお父さんのシーンが
ふくろうはすきです。

ギュウォンはお父さんと離れて大きくなったので、
寂しかったことでしょう。
仲がいいのに一緒に暮らせないって何度も言いますが、ありえないですから。

おじいちゃんとより、普通はお父さんと娘が暮らすほうが
自然だと思います。
でもおじいちゃんと住むギュウォンはやさしいですね。
しかし大事なこの世での人生の時間は過ぎていってますよ。

子どもに決めさせたのか、とふくろうは思ってしまいます。
何だか複雑な気持ちになります。
幼い子供に自分の人生をこんな形で、選ばせるのはやはり感心しませんね。

一方ギュウォンを巻き込まないために、ソクヒョンは
覚悟を決めます。

さて、天はお見通しのはずなのですが、ギュウォンや監督を信じて
それは違いますからと、大きな声でいってほしいところです。

ここはジュ二に白状してもらいたいですね。
口、軽そうですよね。純粋で。

若者達はみんな頑張っていますが、
正義が行われることをふくろうは祈ります。

では。

<Sponsered Link>



Pocket