Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『オレのことスキでしょ。』「第8話 愛しい泣き虫さん」でございます。

シンとギュウォンは御隣同士なので楽しいですね。
ギュウォンとかかわったことで、
シンは変わってきています。
ほんの少しだけ前より紳士になったのかな。

<Sponsered Link>



意気消沈するギュウォンに
おじいちゃんは早速行動開始します。
相変わらずキュートなおじいちゃんですね。
ふくろう、問題はないとは言えないけど、名人のおじいちゃん大好きですよ。
頑固は頑固で融通も利かないのですが、孫に愛情はあると思います。
ただ、こういう癖の強い方と暮らすのは、
大変かとも思いますけどね。

ギュウォンを心配しています。
かわいい孫ですもんね。
ソクヒョン監督にも
おじいちゃんのパワーがさく裂します。

選ばれなかったギュウォンのほうが新聞では
大きく取り上げられます。
ヒジュには感動しないと
ソクヒョン監督が言った通りですね。

ヒジュは仲間から嫌われています。
そういうのが
多くの人を感動させるとは思えないですね。

努力はしていますが、人の心をつかめない。
どうしてかそこのところがわかっていないかもしれません。
そのうえ、ギュウォンに目障りだからやめろと言ってきます。

人から愛されることがスターになって成功する大事な要素でしょうね。

この娘に誰か教えてくれる人がいたらいいんですよ。
人としての感じのいい生き方とか、
やさしさとかは、自分の演技にも出てきますよね。

ヒジュが地で行ける役ならいいかもしれませんね。
孤独なヒジュを慰めてくれるのはジュ二です。
ジュ二の愛でヒジュが変わることがあるでしょうか。
この世でジュ二しか相手にしていない感じですね。
でも崇拝者がいるのはありがたいですよ。
ジュ二にありがとうが言いにくいのは
この言葉になれていないからか、恥ずかしいからか
どちらでしょうか。

<Sponsered Link>



しかし、ヒジュの家庭で、今までヒジュがそうなるしかなかったわけがきっとありますね。
ヒジュも大変だったと思います。

一方ソクヒョン監督の知らないところで、
ある計画が進行しています。
ウンスはその計画に加担しない意思表示をします。
まあこの先輩のやってることは姑息な感じがしますよね。
ヒジュのママはさらに上をいってますけど。

あきらめる決心をしてから急に
シンと一緒にいる時間が増えるギュウォンです。
皮肉なもんですね。

慰問にまでくっついていったシン。
ここでいささか人生経験が増えましたね。
おばちゃんたちにはかないません。

国楽が楽しいですね。
おどりだす人たちがいいなあ。
気取らず楽しむって素敵。

社交的なギュウォンはお酒を飲んで酔っ払います。
これはその後シンの身に腰痛を引き起こすことになります。
絡むギュウォンを負ぶってくれるシン。
いいとこありますね。
ギュウォンの醜態はおじいちゃんの逆鱗に触れて
怒られます。

でもおじいちゃんはお誕生日のわかめスープを
ちゃーんとギュウォンに作っています。
いつみてもおじいちゃんと
ギュウォンのやり取りは笑えます。

ギュウォンの周りにはいつも愉快な仲間がたくさんいます。
素敵なことですね。笑いが絶えない。いいですねえ。

シンも軽やかな青春の顔になっていますね。
気難しかったシンがかいがいしく看病に行ってますね。
人は変わる。

物事はこうやって進化していくのかもしれません。
心がギュウォンのほうを向き始めたのでしょうか。
謎の自信過剰王子でございます。

ラストでシンが言った言葉は、
上から目線での告白でしょうか。
珍しいケースです。
ギュウォンはどうしたらいいんでしょうね。
花火が上がってますよ。

ではまた次回で。

<Sponsered Link>



Pocket