ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

薔薇のために5 第35話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『薔薇のために5』、「第35話 あきらめを抱いて踊る」でございます。
 

さて、三輪車とトラックの戦いですね。
もともと百合はそういうことは似合わないし向いてない。従って弱いでしょうね。

弱いです。

だけど負けたままではいません。百合らしい戦いを繰り広げますよ。
<Sponsered Link>



百合には悪いけど戦っている百合がとってもかわいいのです。

本来人を憎むというようなことを百合はしないと思うし、

フェアプレイで喧嘩をしようとする気がします。

 

卑怯な相手にそれで勝てたらすごいことです。

この暇な、セリさんの親友の口から語られるセリさんとの出会いは

瑞々しい青春物語です。

 

セリさんは確かに素敵な女性でした。

いやなところも少しはあったかもしれない、人間だから。

でもそういうのを見る暇もなくこの世を去ってしまったんですよね。

誰だって人生は山あり谷ありですから、ドラマを最後まで見ることはなかった感じですね。

写真は百合にとって宝物です。

 

親友さんもセリさんに恋をしていた?のでしょうか。

ふくろうにはよくわからないです。

 

そして話は菫と百合のことに及びます。

百合は言葉にして、愛とは違うと言っています。

 

百合は冷静に分析します。

そうですねえ、不毛の関係なら整理したほうがいいのかもしれませんね。

このままでいいとは百合は思っていないでしょう。

 

これまではどこかで恋が成就したらとねがっていたはずです。

 

追いかけていった菫さんは百合の言うのを聞いたはずですね。

どう思ったんでしょう。
<Sponsered Link>



この物語の設定から、家族の血のつながりについてふくろうは考えてしまいます。

 

ふくろうも、暖かい家庭というものがどういう代物かということを

わからないままに生きてきました。

生きていたらそれだけでもすごい。

普通にご飯が食べられたらそれだってすごい。

 

若いころから多くを望む気はありませんでした。

しかし今はよし悪しだったと思っています。

 

どろどろしたものには弱かったです。

自分に期待しなかったことは後悔していますよ。

自分のことは他人事みたいに扱わないこと、自尊心をもって何事にも臨むこと。

そして、ダメもとでいいから夢をもって生きること。

 

若いころの自分に何かメッージを届けるなら、これだと思っています。

 

この物語で百合を見ていると、状況は違うけど、ふくろうも自分のことを思い出します。

 

過去は変えられないけど、未来のために、いま何をやっておけばいいのか

目標を作って、そこに集中すると人生は充実するでしょうね。

雑念が入る暇がないくらいの「今に在る」人生を手に入れたいものです。

 

とにかく、百合が思うようにしたらいいと思いますね。

振り回されないで、自分の意志で決めればいいことです。

 

菫さんのそばにいるとつらくなるなら、もっと別の選択があるはずです。

百合には自信をもって生きてもらいたいふくろうです。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket

薔薇のために5 第34話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『薔薇のために5』、「第34話 だから消せない」でございます。
 

不穏な雰囲気の花屋敷家にまたまたセリさんの親友という人がやってきます。

次から次に、百合が心配することが増えていきます。
こういう風に勝手にやってきて出入りできる家って
すごいです。

しかもその女性の目的が何だかふくろうには理解しにくいのですが、面白くないのが菫さんをターゲットにしている点です。
<Sponsered Link>



さらに、百合に対するひどいやり方を菫さんもびしっと言ってくれないものでしょうか。

百合も怒りが爆発して、いつものことですが言いたいことはいった方がすっきりしますね。

 

現実にこういう人が存在するかどうかわかりませんが、他の人の人生より、自の人生の心配でもしたらいいのにと思いました。

 

菫さんの過去の状態を少しでも知っているなら、よせよと言いたいところです。

 

この家のメンバーはみんな大人ですが、誰かもっと年長者の人が、人生の指導をしてあげてほしいと思います。

 

家の主はお母さんですかね?よくわからないです。

 

まあ百合が反撃するかなと思ってふくろうは見ています。

 

セリさんが生きていたらまずこういったことや百合にしても、悩むことが減っていたかもしれませんね。

 

菫さんの視界には百合は入らないですね。

人生はそんなもんですよね。

 

いずれにしても菫さんは人生を組み立て直す必要はありますね。

花屋敷家のメンバーそれぞれみんなそうですよね。

 

今は菫さん自体が状況を正しく把握することができないわけで、

時間をかけたいところです。 

大事なことだからあわてないで確かめるべきです。

菫さん以外の人のほうが正しく把握していると思いますよ。
<Sponsered Link>



人間自分のことが一番わかりにくいですね。

百合の恋は前途多難です。

百合には自信がないし、笑いものになる独り相撲はできません。

 

百合が来てから百合のそばで眠る菫さんの症状は、ある種の兆しだとふくろうは思っています。

 

菫さんが次のステージに行くための。たぶんそこが入口ですね。

セリさんの親友という女性の魂胆がまだよくわかりません。
意味があるのか。

 

百合は芙蓉さんに相談しましたが、このお姉さんはこういう時身内として身びいきしてくれそうにないですね。

 

誰かに相談してこういう風に言われたらふくろうだったらがっくりします。

冷静さも大事ですけど、百合の味方になってほしいです。

 

この家では百合は新参者です。

歴史がない。

 

他のメンバーの知り合いも、百合にはやさしくないことが多いです。

 

それでもめげずに残っている百合はえらい。

とりあえず応援したいふくろうです。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket

薔薇のために5 第33話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。 今日は『薔薇のために5』、「第33話 妹」でございます。

百合が来てからの菫さんの行動が問題なんですね。
今回菫さんのアメリカの妹がやってきます。

百合もアメリカの妹さんも妹ではありますが、菫さんじたい、フィーリングに違いがあると気がつきます。
<Sponsered Link>



妹慣れしていなかった菫さんですから、どういうのが世間一般の妹との付き合い方なのかは、未知の世界だったわけです。

下に妹がいない男性は、そんなものかもしれません。
そして、時間がたてば、世間とのすり合わせができて、 適度な対応がわかってくるはずです。

社会常識というやつでしょう。

 

しかし、菫さんの生育環境はたぶん、なにかそういうのが難しいのではなかったか。
ふくろうはそんな予測をしてみました。

 

こういうことは父親が、どこにいようとも、教えておくことではないかと思うのですが。

もしくは母親が異性の兄弟への対処の仕方を幼いうちからはぐくんでおく。

異性との距離感をきちんと教えるべきですね。

 

地道な教育の成果で、行動様式が出来上がっていくと思います。

 

現在菫さんは飲酒した際に行動がコントロールできていません。

何なんでしょうね。

悪気はないというでしょう。

 

ただ百合の立場を考えることがあまりできていません。

いうなれば幼い男の子と変わりませんね。

 

幼い子ならさほど問題にならないのでしょうが、

菫さんみたいにしっかり大きくなった男の子は、

誰かが教えてくれたらいいんですのに。
<Sponsered Link>



この花屋敷家では、芙蓉さんがかろうじてその役目をしています。

 

百合の部屋に鍵をかけるのもいいと思います。

 

お酒を飲んで、いろんなことをやっておいて、酒飲んだから、覚えていない?

何をしているか覚えていないなら、一度医者に行ったらどうでしょうか。

全然覚えていないのか、都合の良すぎる言い訳に思えて仕方がありません。

 

しかしセリさんが亡くなったことと何か関係があるかもしれません。

百合が来てからみんなが気がついたのかな。

 

人の目に触れてよかったと思います。

そうならざるを得ない何かを考えるチャンスですね。

 

血縁だと分かっているアメリカの妹さんには対処が違いましね。

猫吉さんの名言は「愛だな」でした。

 

愛なら、わかりやすいですね。説得力があると思います。

そのことを菫さん自身が認めるというか、受け入れるなら話はまた違うでしょうね。

 

菫さんはなぜすんなりとそのことを受け入れられないのか、そこですね。

何やかやと理由を付けて、居心地悪そうです。

 

お兄ちゃんだというなら、妹の気持ちを考えてやれないとね。

 

聡明な菫さんが何に気がつくのか、見守ってまいりましょう。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket

薔薇のために5 第32話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『薔薇のために5』、「第32話 六花」でございます。
さてお話はなんだか少しおかしな方向に向かっています。

つまるところ、根性で愛がはぐくめるのかどうか、ここがポイントでしょうね。

菫さんの仮説、証明できるならやってよ、とふくろうも思っています。
百合がここで葵君と二人暮らしなんて、そりゃあ菫さんは阻止したいでしょうね。
<Sponsered Link>



葵君はどうも落ち着きませんね。
不安定です。

葵君の愛する人はいったい誰なのか。
想っているだけでも決める必要があるでしょうかね。

 

菫さんも好きだし百合も好きだし、いったいどうしたいんでしょうか。

 

葵君自身の問題もあるのでしょうが、さらに深い問題は百合を好きでも百合は菫さんより葵君を優先することは絶対にないということ。

 

葵君としては恋の勝者になりたくても、相手にされないのだから、これは無理。

じゃあ菫さん一筋でとおもっても、そういう対象として菫さんは葵君を見ているのかどうか。

 

しかし百合と葵君がおかしなことになるくらいなら、菫さんは身体を張るつもりです。

 

人生、思い付きで慣れないことをやろうとすると、なかなかうまくいきませんね。

不自然だからかもしれません。

少なくとも今は無理がある。

 

しかし、努力はしようと頑張る兄弟です。

 

芙蓉さんに言わせると「放っとけ」でございました。

ふくろうも読んでいて疲れるので、二人を放っておくべきだと思いました。
<Sponsered Link>



流れに任せるしかないのでは。

 

しかし二人が努力すればするほどおかしな方向に行きそうですね。

冷静に素直になって解決策を考えることをお勧めしたいですね。

 

見ているほうもしんどいです。

 

さて昔を思い出して二人が話をするシーンがあります。

「六花」六か、またはりっかと読むのですが、雪の異名ですね。

素敵ですね。

 

一方菫さんのほうも百合に対する感情をどうとらえるのかという問題に直面しています。

気持ちをはっきりさせたいのでしょうか。

 

ともあれ、家に帰ってきました。

葵君も菫さんも。

 

また家族みんなで暮らせる、と百合は幸せを感じています。

そうですね。細かいことはいいから、今は家として大切にし合えばいいかもしれません。

気持ちの問題は時間をかけて、どうすれば一番いいのかをみんなで考えたらどうでしょう。

 

生きていて、声が聞けて、一緒の家で暮らせることは偶然でしょうか。

家族の形はいろいろありますね。

 

あがいたりもめ返しながら、見える道を歩くしかないと思います。

でも一人じゃあないならありがたいことですよね。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket