ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

オレのことスキでしょ。最終話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『オレのことスキでしょ。』「最終話 夢に向かって走れ」でございます。
ここはぜひ走っていただきたいですね。夢があるから生きていけます。
それぞれの夢かなうといいですね。
いよいよ最終話です。名残惜しいですね。後ろ髪をひかれる思いがします。

<Sponsered Link>



パクシネちゃんのロングヘアが大好きなふくろうです。
似会ってますね。

さてギュウォンとシンの歌が聞ける幸せに浸っておりました。
二人ともいい声ですねえ。歌も上手です。

忘れられない作品だと、シネちゃんが言ってましたね。

実はふくろうもそうです。
ヨンファさんとシネちゃんの配役がぴったりで、
最後までさわやかに楽しめました。
見飽きない、感じのいいカップルです。

今度こそこの二人がハッピーエンドになるように
と思っていました。

今回はシンとギュウォンが別れることになります。
二人の思いがすれ違ったのでしょうね。

相手のことを愛しているのに別れるのは
相手を思ってのことでしょうけど、
相手がそれを喜ぶかどうかは
確かめなくていいのかな。

自分サイドの思いだけかもしれません。

周囲の心配をよそにギュウォンは留学し、1年後、実力をつけて戻ってきます。

おじいちゃんはシンの妹に
子守をしてもらっている感じですよ。
結構好相性なんですね。
意外なところに人生の面白さがありますね。

<Sponsered Link>



シンはかたくなにギュウォンを拒みますが
真実を知ったギュウォンはシンに気持ちをぶつけます。

そりゃあそうですよねえ。
わけがわからないままに別れることになったんです。
困りますよね。
ずっと引きずりますよ。

それをギュウォンが喜ぶわけはないのに。

去るものは追わなかったギュウォンですが、
寂しかったでしょうね。

無理矢理別れてわけもいわず、
でも気持ちを歌にしていたシンを皆様どう思われますか?

ふくろうも、なぜそうなるのよ、といいたかったです。

自分がつらい思いをして、相手が幸せになることを
願ったシンは頑固ですね。
ギュウォンが本当のことを知ったら、留学をやめるだろうと
わかっていたんですね。

話し合う時間を持たなかったのはどうしてでしょうか。
ギュウォンに責任を感じさせてはならないと
決めていたのかもしれませんね。

人はそんな時に相談せずに自分で決めてしまうのでしょうか。

でも、最後まですれ違わなくてよかったですね。
お互いが悩みながら同じ場所で出会って、
わだかまりが溶けていきます。
このシーンがふくろうは好きです。

もしかしてここまで寂しい思いをしないやり方も
どこかにあったかもしれないとは思いました。

人生に試練はつきものでしょうか。
二人の愛は離れても消えていないんです。

反対につらい思いをしたからこそ、お互いの
変わらない愛を確かめることもできたんですね。
縁があるってそういうことでしょうか。

正解なんてないのかもしれません。
ふくろうは二人がまた笑って仲良くなれてうれしかったです。

この物語はステキな音楽や歌がしょっちゅう聞けて、
ふくろうは大満足でした。
学生たちもまた再集結して楽しそうです。
いつまでもみんなその永遠の場所にいてほしい、
そんな思いが湧き上がりました。

青春ものって元気が出ますね。心の栄養剤です。
とても楽しい作品でしたね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket

オレのことスキでしょ。第14話

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『オレのことスキでしょ。』「第14話 君よ 笑って」でございます。

みんなが笑顔になることをやりましょう。
芸術は見る人も聞く人も感動させるんですね。
そしてそれを表現する人も進化すると思いますね。

<Sponsered Link>



公演は大成功でしたね。よかった、よかった。
みんなの気持ちが一つになっています。
これはもう至福のときですね。
大変だったけど、いい体験になりましたね。

いやあ、若さがあふれて新鮮ですね。
実はギュウォンは声の出演だけに徹しました。
ヒジュの気持ちを考えた結果ですね。

ひたむきな思いや願いは必ず誰かの心を打ちますね。
楽しいミュージカルです。

ギュウォンを気遣いながら演奏するシンでございます。
皆様、誰かが頑張っていることを認めてくれるって
うれしいですね。

インタビューに答えてヒジュはギュウォンの存在を
ちゃんといいましたね。自分は歌っていない。
歌ったのはギュオンだと。
フェアプレイですね。ヒジュ、えらい。

ヒジュは変わりました。
もう母さんのお人形ではないですね。
これに一役買っているのがジュ二なんです。

彼のひたむきな、計算のない愛情が
ヒジュを変えたのかもしれません。
かいがいしい看護をするジュ二でございます。

口に出していい言葉を言うジュ二が素敵です。
確かに、いい言霊は気持ちをよくしますね。

<Sponsered Link>



一方おじいちゃんはギュウォンに厳しいです。
国楽コンクールで大賞を取るように言います。
もうそろそろ自由にさせてあげてほしいですね。
制約が多いのは気苦労も絶えません。
ま、でも若いんだから挑戦もするべきですね。
とにかくギュウォンには後悔してほしくないんです。

ギュウォンたちとシンたちでCDを出す話が浮上します。
またまたパパとおじいちゃんの間でギュウォンは板挟みです。
おじいちゃんが猛反対だからです。

「オレは絶対お前の味方だ」
シンのこの言葉がいいですね。何があっても味方でいてくれる人がいる。
心強いですね。
こういう言葉は、誰でも言われたいですね。

ギュウォンを参加させるためにシンは奮闘し、
その結果手首に負傷してしまいます。

この時のギュウォンの民族衣装が素敵です。
可愛いですよ。

おじいちゃんの監視をすり抜けて
ギュウォンはシンとテスト演奏に向かいます。
このシーンも楽しいですよ。

やがて演奏と歌が終わり
ギュウォンは才能を認められます。

しかし、おじいちゃんに許してもらえず
ギュウォンは家を空けることになります。
パパの尽力でシンの家にお世話になります。
シンはうれしそうですね。
夢を応援してくれる人がいるギュウォンは幸せですね。

苦労してこそ幸せのありがたさを実感すると思います。
そういう意味では人生に山も谷もあるのは大事なことかもしれませんね。

実はこの後おじいちゃんに「一番以外はだめだ」と言われて
ギュウォンは許されるんですよ。
よかったですね。

ところでシンの手首は大丈夫なんでしょうか。
誰かを守るためにしたことなんですけど。

心配です。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket

オレのことスキでしょ。 第13話

Pocket

モーニング! ふくろうです。
今日は『オレのことスキでしょ。』「第13話 飛翔」でございます。

がっかりする学生たちです。
シンはギュウォンを慰めています。
ここは素敵なシーンです。
いつみても素敵なカップルですよね。似合っています。

<Sponsered Link>



そもそもはヒジュが歌えないから、なんですね。
のどを痛めています。
でもほかの人はそれを知らされていません。

公演がないとなると、監督は必要ありませんね。
予定変更って困りますね。

ふくろうはしっかり戸惑うタイプです。予定はあくまでも予定だからと割り切れるようになるまで
年月がかかりましたね。

さて、
シンはお母さんの話から自主公演を思いつきます。
有志で、やれるだけやってみたらいいですね。
自分たちの青春の思い出になります。
自分たちのための公演です。
自分たちで未来を創るんですよ。

おじいちゃんの名言も光りますね。
「芸術は誰かのためだけにやるもんじゃない」
そうですね。ごもっとも。
せっかくだから演じることをいっぱい楽しみましょうよ。
きずなは大切です。

思うようにいかないことも人生にはままあります。
何があってもめげずに前を目指す人にはそれはハードル走の
ハードルの一つでしかありません。

いつだって誰にだってハードルはいくつでも存在するんです。
ふくろうもそれをこえて生きるのが楽しみになっています。

さてジュニの気持ちがヒジュの心を動かして、
ヒジュも変化してきています。
ヒジュの青春も進んでいるんですね。
ジュニの曲の流れるシーンもいいですね。いい曲です。
ふくろう、この歌大好きです。

<Sponsered Link>



様々な思いを多くの人が抱えながら、この公演は形になっていきます。
たぶん一番いい形になると思います。

資金もみんなで稼ぎます。
自分たちの手でやり遂げることにすばらしい価値がありますね。

相変わらずボウナは可愛いですね。
こういう大学生もふくろうは好きですね。

ギュウォンをヒロインにして稽古は進みます。
ところがある日、ヒジュがやってきます。
どうするんでしょうね。
実はギュウォンにいろいろ教えているんですよ。
それもいい感じです。
ヒジュはもう擦り切れそうでしたもんね。
張りつめても追い込んでも、無理がきかない状態でした。

ジュ二とヒジュの変わったカップルも幸せそうですね。
ジュ二は王子様だったんですね。

この公演を取り巻く人々にも静かに青春は進行しています。
シンのママと、ギュウォンのパパもそうですね。
青春の先輩でございます。

皆様、生きている間は与えられた時間を大切にしたいものですね。
シンが子守歌を歌ってくれています。贅沢な時間ですね。
ギュウォンがつくづくうらやましいふくろうです。

それにしてもシンに焼きもちを焼かれて
幸せそうなギュウォンです。
青春にいつも歌があるって最高ですね。

歌や曲とともに思い出が蘇りませんか。
セットで。

公演にはまだまだサプライスが待っていますよ。
友情の証とでも言いましょうか。
ギオン先輩の鍛えた肉体も美しいですよ。ほれぼれしますね。

皆様、永遠に青春したいですね。
ふくろうも、BGM,考えておかなきゃと思います。

では。

<Sponsered Link>



Pocket

veronica MARS  第9話 彼の居場所

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『veronica MARS』「第9話 彼の居場所」でございます。
ヴェロニカにはママのことや、リリー殺害の犯人を追うことなど、
忙しい日々です。

ママが姿を消したのはヴェロニカを守るためでしょうか。
誰かがとったヴェロニカの写真から、早速捜査開始です。
<Sponsered Link>



ケイン・ソフトウェアに入っていった男がいます。ウィードマンとか言ってました。
この男がヴェロニカの写真をとって、ママを脅迫した可能性はありますね。

もし、ジェイクケインが父親ならダンカンは兄弟になりますね。
ケインファミリーがそれでもめたことも考えられます。

パパといるとヴェロニカは癒されるでしょうね。
ふくろうもヴェロニカのパパが大好きです。
こどもへの愛情にあふれているから、イカス!なのですよ。
さて今回の捜査は家を出た息子を連れ帰ることです。パパはどうするのでしょうか。
ただし法的には18歳は連れ戻せないらしいです。

エイズテストをヴェロニカがやっていますね。
このテストは実は遺伝子検査でしたね。
パパにはそうはいってないですね。
パパの血液をうまくゲットしたヴェロニカは本当の父親を知りたいのでした。

しかし後でヴェロニカは考え直すんですよ。
遺伝子はともかく、魂の形までわかるわけじゃあないと。
パパとの絆は本物ですからね。
パパはヴェロニカにとって基地ですよ。
パパがウォーターベッドを買ってくれました。
ふくろうもうらやましいです。

今回探すのはカルトに入った息子さんです。ポルシェを売ってカルトにはいるとは、思い切ってやりましたね。

この青年カルトであったら、なかなか好青年です。
ヴェロニカはいつものようにパパのけん制は無視します。
そしてカルト集団に潜入します。
カルトのある土地はなかなか広いですね。
一夫多妻制とかヴェロニカが言ってました。
今まで怪しいカルトではそういうことがありましたね。

ケーシーは金持ちの子です。ヴェロニカは学校で話したことがない子です。
回想シーンではケーシーは無礼者でしたね。
先生が注意していました。

実際、これがまともな集団かどうか、見極めがつきにくいですね。
パパも活躍しますよ。盗聴器を仕掛けて調べます。
ありのままの姿を知りたいですね。
<Sponsered Link>



ところで、ヴェロニカの高校の授業風景ですが、
グループ学習をするらしいけど、
ヴェロニカを仲間に入れたくない雰囲気がありありと出ています。
もう露骨にやりますね、この子らは。
「みんな愛がないね」ふくろうも同感です。

教師はどう指導するんでしょうか。
そこは描かれていませんが、ふくろうは気になりました。

みんな勝手ですね。
人間の魂が入っているのか、といいたくなります。

さてミルズ先生がヴェロニカをカルトに誘っています。
いってみるとお探しの、イケメン君が話しかけてきました。
急に親しくなるってどうですかね。
彼はヴェロニカを仲間はずれにしない派でしょうか。

解放的みたいで、油断はできそうにない感じもしますね。
全身探査機みたいなヴェロニカのことですから、無駄な行動はしていませんね。

この只者でない女子高校生は、きちんと捜査していますね。
「カルトのリーダーは精神的に参っている女性を助手にする」とヴェロニカがいってましたね。なるほど。

一芝居うつヴェロニカでございます。
ケイシーはカルト信者になっています。
むしろ、このほうが人間味が感じられますね。
育てるポインセチアがすごいですよ。
ふくろうは、ほかの植物かと心配しました。

今回ヴェロニカはパパからお小言をいただいています。
カルトの調査結果、犯罪にはかかわっていないようでした。
怪しいところがなかったと。
いやなセレブだったケーシーが変わっていたとヴェロニカは言います。
ところでケーシーは莫大な祖母の遺産を受け継ぐ予定です。

ケーシーの話、親に対して不信感がありましたね。この話信じていいのかな。

「脱洗脳」ってどうするんでしょうか。専門家だという男が出てきます。
つめたそうなタイプです。

牛乳パックの尋ね人がカルトにいることに気がついたヴェロニカは、しかるべき行動をします。パパがちゃんと後でいい方法でやっていましたね。さすがです。
現実的で正しいと思います。
そして、祖母の葬式に出たヴェロニカはケーシーが目の前で連れていかれるのを見ます。
この場合、ケーシーは逃げていなかったし、通報はできないらしいです。
難しいですね。

次に学校であったケーシーは、何か少し感じが変わってるみたいだったです。
カルトリーダーはヴェロニカにアドバイスくれますよ。

誤解されやすいかもしれませんが、いい人かなと思いました。
ただ未成年から金を巻き上げる。これはどうもいただけませんね。

ケーシーが、おばあさんから遺産をもらうのがわかったのは一年前だそうです。
親の態度が変わったと言ってました。
両親はおばあさんが認知症をもっているのを承知で、
介護も、やさし扱いもしなかったということですね。

露骨に金が絡むと我が子にでも態度が変わる親ですね。
むすこがカルトに大金を継ぎこんだら困るということですね。
脱洗脳といいますが、洗脳の間違いではと思いました。
親の思うように、コントロールするつもりでしょう。

ひ弱な青少年がたえらえるのか、それは正義なのか。

おばあさんはケーシーにお金を残したかったわけです。
だって親も自分の力で稼いだわけではないし、お金はお婆さんからとりたいけど、老いてしまったら世話はしたくないのですから、人として悲しい人たちですね。

ケーシーとはいい友達になれそうですね。
ウォレスにからかわれていましたが、
ラストで見たケーシーはもとに戻ってないよね。
どうなんでしょう。歩き方がどうもなんか、カルトにいた時と違うみたいです。
彼ははやく自立して、家を出るべきですね。素敵な子ではあるのですが家庭環境が複雑ですね。
今のところ、折り合いをつけたのか。
それにしても贅沢な車ですね。高校生には必要ないと思います。
自分で稼いでいるなら別でしょうが。
いろんな意味で誰でも苦労がありますね。

若者よ、苦労を乗り越えるのを楽しみに生きていきましょうね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket