ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

薔薇のために2 第11話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『薔薇のために2』、「第11話 あひるのリボン」でございます。
 

バレンタイン近し!ですね。百合は楽しいことを考えています。

しかし葵君に見破られて、ブス呼ばわりの上、部屋から出るなと言われます。

百合だって負けてはいません。こういうゲームは相手がいればこそ、燃えるんですね。

オフェンス側とディフェンス側と実力が伯仲しているバスケットのゲームは見ていて面白いですよね。
<Sponsered Link>



ディフェンスなしでシュートが楽に決まるより、
あの手この手でディフェンスをぬいて、決まったときの達成感は価値がありますね。

嬉しさ百倍、じゃないでしょうか。

第一ディフェンスをしないのは相手に対して失礼だと思います。
その点百合はナイスなプレーヤーでございます。

このしぶとさが魅力ですね。

ただ争いの次元がたまらなく子供じみているんです。
兄弟なんてこんなもんですよ。
もめてもこの程度ですよね。
だからこそ、二人を見ていると、チップとデール、または、トムとジェリーを彷彿とさせるものを感じます。

笑えます。
この陰気くさい花屋敷の家が生き生きしていますよ。

 

人はこうやって家族になっていくのです。

必要なコミュニケーションです。

というわけで百合は雪に埋められています。
こんなに妨害されても、その隙を縫ってやりたいことをやる百合はえらいなあ。

ふくろうは人生はゲームだと思っています。
楽しまなきゃね、です。
<Sponsered Link>



ところが百合は大変なことを立ち聞きしてしまいます。
この家ではオブラートに包まないだけではなく、
壁がないみたいですね。

 

悪気はなくても、百合にとっては大ショックです。
劇薬ばかりの中で泳ぐ魚が、毒の入った餌を食べた、そんな感じでしょうか。

大切にされるかどうかには人は敏感です。

ここで芙蓉さんはいいことを言いました。
この方は神経はまともなんですね。

 

結果百合は家を出ていきます。
デリカシーのないと思ったこの家のメンバーたちは慌てます。

この時みんなが人としての動きをします。

 

百合も気持ちはわかるけど、無計画な家出は危険ですよ。

こんなふぶいているときに出ていくなんて。

 

自尊心とか、自分を大切にするとか、そういうのを誰にも教えてもらわなかったんでしょうか。

 

いろんなものが邪魔して、聞こえなかったのかもしれませんね。

亡くなったおばあさんは本当のことを知らなかったのか教えなかったのか謎です。

 

花屋敷の面々は百合を見つけられるのでしょうか。

百合はいったいどうするつもりだったんでしょう。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket

薔薇のために2 第10話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『薔薇のために2』、「第10話 知らない人」でございます。

第10話の表紙の、和服姿の百合が素敵です。
美しいです。
年末の花屋敷ファミリーでございます。

年末といえば、猫の手も借りたい大掃除が待っていますね。
こういう大きなお屋敷では、人手がないと大変でしょうね。
家族が巣立てば生活スペースの規模を縮小するべきですね。

踏ん切りをつけるにはきっかけがあるほうがいいでしょう。人生に目標があるとうまくいく気がします。
<Sponsered Link>



さて百合の家では お姉さんの芙蓉さんは、まさに不要かもしれません。

やる気がゼロでございます。
みんなでやるわけですから、 それなりに楽しいですよね。きれいになっていくのを見るのは気分がいいはずです。

 

こういう忙しいときにお母さんのお客様が図々しく居座っています。

厳密にはお客ではないでしょう。
経済力があるとこういった現象が増えるのでしょうか。
ふくろうにはお金が出て行くイメージが浮かびます。

 

こう申しては何ですが

お母さん関係のお客様って、本当にくだらない人ばかりに思えます。

類は友を呼ぶのかどうか、お母さんという人はどこかに不安というか、自信のなさみたいなものをまとっている気がします。

ただ気性のほうも激しく、自分の思うように何もかもやってきた感がありますね。
満足感があるかどうかわかりませんけど。

 

この無礼なおじさんをすみれさんは叩き出してしまいます。いいですね。
よその家に入り浸って甘えるなんて、普通のおじさんのすることじゃあないですよ。

こんなろくでもない人に結構いろんな話をするお母さんもお母さんです。
<Sponsered Link>



こんなしつけの行き届かないおじさんは百害あって一利なしなんですね。

場が読めないのではなく、自分勝手なだけです。

すみれさんはおじさんに制裁を加えるのに、クリーナーを使いましたね。

ふくろう始めてみました。つけこまれるのはお母さんの不徳だと思います。

 

ところで今回はユリの父親の枕野一郎さんの若いころの写真が出てまいります。

ユリが切望したものですね。イケメンでございます。

 

おじさんのせいで、トラウマになりそうな百合に菫さんが荒療治をします。

それはそれで百合にとって後々困りますね。

 

それを見た葵君が嫉妬に狂うのです。

この家の兄弟は少し家を出て社会の他の人と付き合うことが必要かもしれません。

家族的に社会との交わりが少なすぎると思います。

 

まだ外に出ていく、巣立ちの準備ができていないのでしょう。

やり残したことが何かあるのかもしれませんね。

百合出生の秘密がいよいよ見えてきそうです。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket

薔薇のために2 第9話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『薔薇のために2』「第9話 冬の毛糸」でございます。

見ただけでやせる革命的新素材、なんてしょっぱなから百合が読んでいるチラシに書かれています。

このあたりはふくろうもこっそりと知りたいところです。
なんでもはやく解決したらいいですね。
しかし、肥満するのにかかった時間は解消するにもかかるだろうなとふくろうは思っています。
<Sponsered Link>



ダイエットを健康的に行えるならば、体重を目安にやるのか、見た目重視で行くのか、百合はどっちなんでしょうねえ。

標準がどうとかよりも、自分の標準健康サイズや重量を知っておくべきですね。

 

さてすみれさんをめぐって、葵君とはライバル関係の百合ですが、片思いでいいと言い切ります。
それはそれで人それぞれですから、周りにとやかく言われたくはないですね。

ファンクラブつくるのはふくろうも賛成です。葵君の実態はすでにふくろうは理解しにくい状況です。

 

このお屋敷の子供たちは皆、世間とはかけ離れています。しかし引きずっているものをそれぞれがもっていてあがいています。

葵君がカリカリ来るのは百合の存在があるからですね。
新しく家族に入ってきた新参者の百合にすみれさんは興味をもっています。

なーんにもしない芙蓉姉さんがズバリと言い当ててしまいます。

百合が来てから家族の中で何かが変化し始めているんですね。
今回百合は葵君や菫さんと別荘に行きます。
そこでまた予想もしない出来事が待っているのですが、
この兄弟らしいやり方で乗り切ろうとします。

 

世間常識とはかけ離れたように見える花屋敷の子供たち。

葵君が長髪にしているわけが今回わかります。

ふくろうは、「へえそうなんだ」と思いました。

このあたりややこしくて、若い葵君のようなタイプの男の子の気持ちはちょっと理解しにくいです。
<Sponsered Link>



家族としてのまとまりが弱い感じがするこの家族は、百合がつなぎになっている気がします。

 

それにしても冬場に暖房器具が故障とは困りますね。

昔のほうが今よりは冬が寒かったですね。

ふくろうが幼いころには、ストーブなんてなかったです。

火鉢とこたつがすべてでした。

 

今思えばよくそれで冬を乗り切ったなと思います。

若かったということでしょうか。

 

寒い冬に災害とかで電気が使えなかったら、猫とか飼っていたらいいんだろうな。

子ふくろうが乳児でまだベビーだったころ抱っこして寝ました。

 

人間あんかはありがたかったです。乳幼児は体温がちょうどよかったです。

逆に子ふくろうをぬるいお風呂に入れてしまったことが一回だけあります。

その時は心配でふくろうがずっと抱きしめていました。

 

人間の温かさはいいですね。思い出すとなつかしいです。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket

ずっとやりたかったことを、やりなさい。The Artist’s Way ジュリア・キャメロン 菅 靖彦=訳

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日はジュリア・キャメロンさんの『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』でございます。

原題は「The Artist’s Way」訳は菅靖彦さんです。
このタイトルを見て素直に思いましたね。
ふくろうにとってずっとやりたかったことが何だったのか。

すぐには思い浮かばない状態でした。
とにかく今までの人生で、忙しくて後回しにしてきて、さらに記憶の奥にしまい込んで、縁がなかったなあと、忘却の方向にひたすら押し込んでおりましたからね。
<Sponsered Link>



読む前にざっと目次を見てみると、ふくろうにとってこの本を読むことは、長らく忘れていた自尊心を取り戻すきっかけがつかめる気がしました。

とにかく気になるところから読み始め、 線を引きまくりました。

 

実はこの本は友人から頂いたものです。

いただいた当初はなかなか読む時間がなく、
読んでからもできることを実行する暇もなかったふくろうです。

読み終わった時思いました。
具体的に何をどうやったらいいかを実に的確にわかりやすく書いてあるなあと。

作者のジュリア・キャメロンさんは、創造性を育てる方法論を磨き続けておられる方です。

「創造性」は、ふくろうが最も興味があるものです。

何か創造的なことをやってみたいといつも思っています。

 

完璧にこの本を実行できる自信はないのですが、

完璧を目指さなければ、興味のあるところだけでも自分の生活に生かせるものはないだろうかと考えています。

 

創造することは現実的なことだと書かれていました。

自分の創造性を追求するというような、かっこいいことをとにかくやり始めたいと思います。
<Sponsered Link>



本来の自分はどういうものなのか、自分がいま現在本来の姿でいきているのか。

自分にもできそうなことは何があるのか。

 

この世の旅を楽しいものにして、自分が未来に向かってもっと進化するには

どうしたらいいのか。

 

いずれにしても何かを実行するには、ふくろう自体の時間の管理をまず考えたいですね。

 

細切れ時間を有効に使うしかないです。

目標、つまりやりたいことを明確にしていきたいですね。

 

今までずっとやりたかったことをやるなら、まず身体を鍛えておくことにしようという考えに行きつきました。

それから思いついたことは忘れる前に書いてボードに貼っておく。

 

目に見える形にすることからやっています。目に見える場所に目標も貼っています。

 

煩雑な家事や両親の介護も合わせると、忘れてはいけないこととそれらの優先順位をつけておいてその仕事を消化したら、ボードから削除していく。

 

この作業はとても達成感を感じられるので、楽しいです。

忘れ物をしないように必ず手帳に書く習慣も必要です。

 

さらに自分自身の動線を常に意識していろんなことを決めています。

まだまだ人生は長いです。

 

しかし元気なうちに始めておきたいですね。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket