ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

宮廷女官チャングムの誓い 第41話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第41話』でございます。

チェ尚宮の治療をするチャングムでございます。
チェ尚宮は自ら野菜を試食すると言いましたね。

こういう事になるのですね。
あほですね。
そういう実験をこんな風にするなんて、やはりかしこいとは思えません。
<Sponsered Link>



置き去りにされたチャングムはチャンと実力で宮中に戻ってまいりました。
何を恐れているのか。

恥ずべき点はない、というチェ尚宮にはあきれますね。

フラッシュバックするイメージに固まるチャングムでございます。

ツボを知っていれば殺すことももちろん可能なのです。
チャンドクに鍛えられていますからね。

しかし、今はチャングムはやめて置きました。
そうですねえ、まずは慎重に行動しましょう。

みんなで悪人たちはジョンホの落ち度を言い続けます。
この重臣たちはいりませんね。

讒言によってジョンホは免職になりました。

ところがジョンホの窮状を知ったチャンドクは助け舟を出します。

村人も感謝感激でございます。

みんなの力が集まってきます。

そして王様が怒りますよ。
間違いを正す王様でございます。

ジョンホの免職には王様が反対します。
呼び戻します。

悪人どもの思うようにばかりはいかないでほしいです。

やはり人の善意と正義感は力を持っていますね。

鍼をうつチャングムをクミョンが止めますが、チェ尚宮はうつと言いはります。

ヨルイの悪人ぶりは徹底しています。

ハラスメントを続けてきます。
事実をいい渋る同僚もいけませんね。

ながいものにはまかれたいのですね。

チャングムを孤立させるためには何でもやります。

チャンイもミン尚宮も憤慨しますが内医正も、チャングムをはめたくて仕方がないのです。

ジョンホとウンベクがそれを知ります。
実はジョンホは人事に口が出せます。

出世したジョンホが一喝いたします。

よかったですよ。

何もかも悪人どもの思うがままにこの物語は41話まで来ています。

そろそろ天秤が反対方向に傾いてほしいです。

束になってチャングムに襲い掛かろうとするかもしれません。

さて、ヨンセンが懐妊したという知らせがチャングムに届きます。

女官たちに馬鹿にされていたヨンセンに風向きが変わります。

今までスルーして馬鹿にしていた女官たちが謝罪に来ました。

ミン尚宮、かっこいいですよ。

このくらいは言っていいでしょうよ。

今までの意地悪に対して、けじめをつけるのにいいですね。
<Sponsered Link>



ヨンロも何かいいたいことがあるのかな、
ミン尚宮と、チャンイはヨンセンがそばに置くことなるのでした。

二人とも大喜びです。
チャングムも喜びます。

ヨンセン出世ですよ。何があるかわかりませんよ人生は。

チェ尚宮の不機嫌も増すばかりです。

天のシナリオが動き出したことを、ぼうっとして悪事に専念する二人は気が付かないのかもしれません。

ヨンセンは弧の際ですから、クミョンに少しだけ復讐しています。

調子に乗るにはやめたらいいのに。

でもつわりなら、しょうがないですよ。

懐妊の祝いの会が催されます。

チェ尚宮医まで皮肉を言うヨンセンですよ。

もしかしてひそかな政治的取引でしょうか。
チェ尚宮たちにチョン尚宮は殺されたのですから。

ところで、正式に医女になるチャングムですね。
王妃様にチャングムはつくことになります。

ヨルイはヨンセンにつきます。
若干不安ですね。

ヨルイはやさしというのは違いますけど。そう思っている先輩もいます。
見る目がないだけです。

ヨルイはチャングムを敵視します。

実はヨルイには企みがあったのです。

どちらかが純粋で、どちらかが騙す気む満々ですから、やがて何か起こります。

チェ尚宮は流産が好きですからね。

命を大事だと思う感覚がないのですね。

それにhしても、人を生かすすべを殺すすべに置き換えて使う輩は許せませんよ。
はやく天罰が下るといいな。
チャングム、ファイティン。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第40話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第40話』でございます。

チャングム命の危機でしょうか。

村に置き去りにされたことでチャングムは大きく傷つきます。

ジョンホはソンアチャングムを慰めます。
壁が次々と出てまいります。

出すぎた杭ですからね。当然あるでしょう。
人々の妬みは付きまといます。
<Sponsered Link>



村人に囲まれて二人は詰め寄られてしまいます。

この時にジョンホを守るためにチャングムは村人にいいます。

この人は本当に強いですね。

口から出る言葉が人々に入っていきます。

まあ、村人の言い分は当然でしょうね。
ふくろうその立場なら同じです。

さて、疫病だと思っていたこの病気は実は野菜の伝染病でした。
食べた人が発病することをチャングムたちは突き止めます。

ここで強力な助っ人のチャンドク首医女が駆けつけてくれますよ。
頼りになりますね。

宮中にこのことが知らされます。

チャングムはジョンホとともに宮中に戻ります。

ヨルイはいただくものをまさにいただくところでしたが、ストップです。

こんな横着な悪人の思うように世のなかはいかないでしょう。

簡単にチャングムを殺せると思っているのはやはり人を見る目がない証拠です。
チェ尚宮は褒美をやるとか言いましたが、この時のクミョンは、決して笑っていませんね。

ヨルイのようなものは便利に思えるかもしれませんが、アキレスけんになる可能性はありますよ。

悪人同志、仲良くできるのか。
ふくろうはそのあたりは、無理だと思いますね。

病気の原因を捜さない人たちって医女や医官をやめていただきたいですね。

探求者でないといかんでしょう。

ここの医女と医官たちはチャングムほど熱心ではないですね。

熱心でなくてもいいけど、いらんことばかりするので、困りますね。
<Sponsered Link>



チャングムを悪もののした人たち、今後の出方はどうなのか、みてみたいです。

病気になってもこんな医員には、みてもらいたくないですね。
衣料を感情でやりかねない、その程度の人たちですからね。

偏見いっぱいです。そういう目で医療をするのは嫌ですね。

さて、ジョンホたちの言うことが信じられないチェ尚宮は自分がその病気の野菜を食べると言い出します。

ジョンホが提案したようですね。

おお、いやなおばさんだこと。
案の定、症状が出てきました。
ふくろう笑っちゃいましたね。

そして、チャングムは内医院に戻ってほかの医女たちと向かい合っています。
眉間にしわが寄っていませんでしたかね、チャングム。
医女の資格はないです。

ヨルイは殺人者です。チェ尚宮と一緒ですね。

我慢して我慢してきたとジョンホにいうシーンがありました。

いいたいことは言ってもいいのだと思います。
いわないと、ここのあほな連中は、身の程を知りませんからチャングムに無礼を働き続けますよ。

相手のためです。

教育していけばいいですね。

チャングムはいい人をやめて、ジャブでもパンチでも出すぞって、見せてやればいいと思います。

相手を見て話しもしないとね。適当でいいと思いますね。
聡明な知恵はもっと大事なところで使ってほしい。

ラストでチェ尚宮のところにチャングムはやってまいります。

治療法を知っています。
にこりともせずに言いました。

さあて、チェ尚宮はどんなリアクションをするでしょうか。

チャングムに治療してもらいますかね。

ヨルイみたいにチャングムは始末します、という医女に頼みますか。

毒には毒でいいかな。

ハン尚宮も殺したのですからね。
チェ尚宮は自業自得へのコースをひたはしっているはずですね。

今後、チャングムが自分で手を下して復讐する必要があるのか否か、流れに任せたらいいと思います。

このドラマは、悔しい時や、悲しい時に見たら元気がもらえます。

チャングムにはそういう力があると思います。

人を助けるために神様はチャングムをこの世に降ろされたのだと思います。

みんなの心の杖なのかもしれません。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第39話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第39話』でございます。

王妃様からそば餅を作ってほしいと頼まれました。

水刺間で作ろうとしたときにクミョンが来て追い出されます。

規則ですよね。

そこでチャングムは別の台所で作ります。

王妃様ははやめに水刺間に知らせてくれたらよかったですね。

クミョンとの間にますます溝が深くなりますね。

人の気持に疎い方々ですからありえますね。
<Sponsered Link>



チャングムの表情は厳しいものになりました。

身分の高い方々は思い付きですることですが、

自分でするのではないですね。

下々には本当は迷惑になることもありますね。

クミョンと比べる形になったのはまずいですね。
チャングムは、そういう細かいことにはあまり神経が通ってないかと思うときがございます。

悪気ではないけど、優れている分、何か欠点があっても仕方がないかな。

何もかも100%できるひとはなかなかいませんよね。

チャングムの中にはとてつもない怒りがあるかもしれません。

表面にあまり出さないけれど、深いはず。

一方クミョンはヨルイと接触します。
ヨルイは、一体何が望みなのでしょう。対等に取引するつもりです。

ヨルイの策略でしたね。

人を信じすぎです。

ヨルイの本心が見えましたね。

チャングム、うかつですね。
おりこうなのに、抜けています。
孤立させられるのでした。

全力で対処しなきゃ。

無防備すぎです。はめられました。

油断大敵ですね。
正面から問いただしても、狡猾な相手です。

感情的になっては負けです。

器用に世渡りはできないチャングムです。

恵民署にいかされるチャングムです。
自分が人からどう見られているかを気にしないのはすごいけど、そろそろそういうところも見えてきたらいいのですよね。

一体ヨルイとあの怪しいドクターの関係はどうなのかな。

ジョンホも一緒ですよ。

チャングムはある任務を任せられます。

たぶんこれは罠ですね。

チャングムは人の悪意に疎いと思いますね。

悪人はスクラム組んでシナリオを書いていました。
<Sponsered Link>



どこまで人がいいのかとやきもきします。

仲間外れでは情報がないですね。

一回騙されたらヨルイの言葉を信じたらダメでしょう。

はいはいということを聞いたらダメなのよ。

ジョンホさんだけですね。
信用できるのは。

世のなかにはひどい人がいます。
人のいい人を平気で騙すのです。

もちろんそのような人が幸せになれるはずはないです。

天はお見通しですよ。

みんな逃げていきますね。

チャングムは知らされていません。

村を封鎖することをみんな隠していました。保身のためです。何おための医者、医女でしょうか。

いざとなったら切り捨てるつもりでした。

今やっと自分が置き去りにされたとわかるチャングムですよ。

こんなことで生き残れるのでしょうか。
どうにもできない時代でしょうか。
王命ですか。本当に?

神様はチャングムにどうしろと。

また人助けをしなさいと言われるのでしょうか。

ジョンホはどうするでしょう。

チャングムが来ていないことに気が付いたジョンホは探しに出かけます。

やっと見つけたチャングムは裏切られたことに傷つき、失望のどん底いました。

悪いのはチャングムではありませんね。

ですが、今回こそはさすがにこたえたでしょう。
聡明なのだから、目の前にある現実から目を放さないで。

こういう辛苦を乗り越えて、根性のしっかりした人を助ける人物になっていくのでしょうね。

運命にチャングムはどこに連れていかれるのかな。

悪い奴らにはやく天罰が下ってほしいです。

我慢ばっかりですよ。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第38話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第38話』でございます。

大妃様はもう手遅れでしょうか。
薬は受け付けないのでした。
持病は悪化。

どうやって治療したらいいのでしょうか。

脚気だということです。

この時代、身分が高いからこそ、こんな風にみんなの手を煩わせてかかわってもらえますけど、
庶民だったら、このまま早々に命がなくなるのでしょうね。

きけば、脚気にきく食材は全部食べない、好き嫌いが激しい方ですね。
<Sponsered Link>



チャングムは水刺間にある大妃様の献立を調べます。

クミョンは嫌な顔をしますが、ハン尚宮だったら、即座に工夫してなにか大妃様に食べさせていたかもしれませんね。

チェ尚宮は大妃様がなくなろうとそれはそれで自分の有利に事を運べるとほくそ笑んでいます。

心を砕かない連中だから、人を生かす食物を作れないのだと思いますよ。

まだ表だって毒を入れていないとは思いますが、王妃様の流産の件、明らかに口から何か毒を入れたはずですね。

さて、チャングムの作った丸薬は、大妃様のお口にあったようです。

うまくいっても、ヨルイからチャングムは恨まれますね。

世間がまだまだ狭い時代ではあります。

ヨルイはチャングムが嫌いです。失脚させたいでしょう。

大妃様をいつわったと言いたいのですね。

ニンニクを嫌いな大妃様に黙って食べさせようとしたのは
シン教授の指示でした。

この子弟は似た者同士ですね。

いい加減なことはできない性質でございます。

医者の鑑ですね。

こういう人はいないと困るのですよ。
善人も悪人もいざとなったらそんな人を頼りたいのではないですかね。

チェ尚宮だって、自分の命が危ないとしたら、
チャングムのような腕の確かな医者に診てほしいと思いますけど。

優れた人がいてこそ、
安心して生きられると思いますよ。

ですが、大妃様が良くなるのは嫌なのですよ。

人の痛みがこんな低級な人物にわかるはずもないか。

チェ尚宮は腹黒い度合いがほとんどですが、それはまたヨルイのような低級な人物を引き寄せます。

ヨルイは普通じゃありません。

何が幸せなのか、想像がつきませんね。
丸薬の材料の件でチャングムとシン教授はピンチになります。

聡明な人物は人より先を行くわけで、苦しみますね。

一方クミョンに近づいてチャングムをささげるとヨルイは言います。

人でなしですね。お下品極まりない。

世間をなめていると思いますよ。

クミョンは少しは賢いので、ヨルイを全面的に信頼することはたぶんないでしょう。

しかし、利害が一致したもの同士が力を合わせて幸せに?
ンなわけないですよ。

利害がうまくいかないときは裏切りは当たり前の関係です。

何故チャングムを葬るのに、医女の手を借りなければならないのか、らず触るメンバーが増えれば分け前を分ける人数も増えるのかな。

使い捨てにすればいいやとチェ尚宮なら思うはず。

だって可愛いのは自分だけですからね。

<Sponsered Link>



チャングムの作った薬のおかげでやっと様々な治療が開始できます。

大妃様も王妃様も感謝されています。

チャングムを葬りたくても、こういう人物は人を助ける使命があります。
簡単にはへこたれないことになっています。

大体悪い人たちは横着にできています。

だから、大事な人生経験が絶対的に不足するはずです。

徳により信頼を得て、地位を上げるのは長い時間がかかるかもしれません。

そういう生き方の人物は強くなりますし、徳のおかげで幸せな人生を歩めます。

今回チャングムのリサーチが正しかったですね。
食生活に気が付いたのは偉かったです。

素直な気持ちを失くしたら、どんな人も見えるものが見えなくなります。

大事なことが見えなくなる人生がどんなにこわいか、ふくろうはそう思います。

一方、ヨンセン、忘れられた尚宮、ですが、大妃様のことが落ち着いた王様にも余裕が出たのでしょうか。

王様に何も求め名尚宮、ヨンセンは何年かぶりに思い出してもらったのです。

人として毒されていないのがヨンセンのいいところです。

日陰の人生でもひっそりといきるでしょうね。

ミン尚宮、チャンイとともに4人で食事を作って女子会をします。チョン尚宮やハン尚宮が好きなものを作るのもいいなあ。

その人を思い、その人とともに食べる。

食は大事ですね。まさに生きる基本です。

ラストで王妃様と話せたチャングムでございます。

よかったですね。
引き立てがあるのはチャングムの人徳ですね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket