ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

宮廷女官チャングムの誓い 第37話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は宮廷女官チャングムの誓い 第37話』でございます。

悪人どもは私利私欲の人生ですね。

大妃様は治療を拒み続けています。
チェ尚宮に転がされていますね。

なんでも人にやってもらって仕えてもらう生活ですものね。
こんな風になってしまうのかな。
<Sponsered Link>



自分で自分のことをやらずに人任せなら、騙されることもあるでしょう。
特に宮中は。

高貴な方はそばに仕える人物によっても、道を誤るのですね。
シン教授に「粗末な医官」だといわれる大妃はチェ尚宮のオウムでしかありませんね。

人が操つられ利用される姿です。

チャングムはウンベクに相談します。
とにかく相談できる人がいるのは幸せです。

人を利用するもの、チェ尚宮たちがもちろん悪いです。
ですが、そういう輩を見抜けない大妃様ですから、王朝の未来は真っ暗です。
王を動かすのが狙いでしたね。

大妃様の政治的位置はどうでしょうか。

王様より偉いのでしょうか。

この間も大妃様の症状は悪化の一途でした。

シン教授を守るために、今回チャングムはまたまた命をかけますよ。

全くいくつあっても足りないですよ。

王妃様と王様の間での賭けをやめてほしいとチャングムは大妃様に話します。

かけはチャングムとすることになります。

誰も言いたいけど言えないことを、チャングムはさっさと乗り越えていいました。

この場のだれもできなかったことですね。

聡明なチャングムでございます。

謎を解いたらチャングムに罰を、解けなければ大妃様が治療を受けるという約束でした。

宮中はこの話で持ち切りになります。

時代を考えると、チャングムの行動は大胆ですね。

保身に走らず、人を救うのです。

ふくろうにはチャングムのまばゆい光が見えます。

私利私欲のためでなく、身を捨ててでも誰かを生かす技でございます。

いやもう、この必殺技はすごいです。
<Sponsered Link>



チェ尚宮たちも正解を調べて大妃様に申し上げますが、大妃様は治療を受けると言い出します。

ここで喜ばないチェ尚宮をどう見たのか、述べていただきたい。
周りの尚宮も治療を受けると聞いて笑顔になっておりましたよ。

普通はこうでしょ。

チャングムのような人物の言葉は、人の心を動かすのですね。

この子はまあ、と言いながらも大妃様が心を開いたのでしたね。

さて治療が始まったのはいいのですが、大妃様のせいで遅れた治療ではなかなかすぐに好転しないのです。

王様は、自分のせいなのかとおっしゃいます。
重臣の悪いおじさんはそうだよ言わんばかりですね。

ここではっきりと物を言って成敗する人物がこの王朝にはいません。
不幸なことです。

王様が変わっても政治の構図は変わらない?
いえいえ、悪人どもがのさばりたいがために、王様の政治に異を唱えるのですよ。

王様に絶対的な権限はないのでしょうね。

これでは王様も亥がきりきりすると思いました。

いつ毒を盛られるかわからないので、用心して暮らされた方がいいでしょう。

この王朝でいったい誰が一番偉いのでしょうか。
時々、チェ尚宮かなと思いたくなります。

チャングムの行動に宮中に吹きまくる風が勢いを増したかもしれません。

この時代の人は素直な人が多かったのではとふくろうは思います。

体制を変えようとする人はごく一部かもしれません。
ほとんどの庶民は宮中で何があったかなんて知らずに過ごすことでしょう。

寿命だって、お金がないならあまり長くないかもしれません。

平等とか公平とか、そういう考えも根付いていない時代ですからね。

運だけで生きる場合が大多数でしょうかね。

体制に不満をもって何かを変えようとすると、痛めつけられるわけです。
チャングムは出る杭というより、ドドーンと出すぎちゃっている感じですから、
あっちでもこっちでも目の敵にされるでしょう。

人助けは命がけでやることになるわけですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第36話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第36話』でございます。

脈を見分けられるとはすごいですね。

ヨルイの診断にケチをつけたことになるチャングムでございます。

絶対ということはないと思いますから、医学に携わるものならいろんなケースを想定するのが筋というものです。

チャングムの手の感覚は侮れませんよ。
水刺間で鍛えた力が物を言うのです。
<Sponsered Link>



王妃様の体調の回復が遅れておりました。

それはチェ尚宮が後ろで糸を引いていたのです。
間違いないでしょう。

この王朝には信頼できる人材がおりませんね。

大妃も王妃も、チェ尚宮が何かやらかしていそうな気がします。

そしてすべて内医院の責任になります。

しかし、流産させたのがチェ尚宮なら殺人ですよね。
このおばさんは要するに殺人鬼なのですから。

もう一人お腹に胎児がいる可能性があります。
チャングムの見立てが正しければそうなりますね。

つまり王妃の命が危ないということですよ。
今回、ヨルイの「よくも恥をかかせたわね」という言葉が残念ですね。

こいつはうそつきですし、下品です。

裏表がある。

笑った顔を見たことがございません。

いいのよと言われても、シンビもチャングムも素直にとれなかったのは、

正直な言葉に思えないのだと思いました。

わかりますよね。

ことばと本心とが違うのは。

医者の中にチェ尚宮に忖度したいのが一人います。

チャングムを追い出したくてならないのですが、不届き者の思うようにはまいりません。

職場で先輩より仕事ができる場合ですが、逸材のチャングムはもちろん風当たりが強いでしょうね。

控えめにしていても、ことは人の命にかかわるだけに、
そんな先輩への忖度とか遠慮していたのでは、
患者の立場なら、やめていただきたいですよね。

まあ、ヨルイも自分のためだけに生きるなら、それが限度でしょうね。
<Sponsered Link>



今回、またまた命がけのお仕事に挑むチャングムですよ。
大体何時ものことですけど、これに失敗したら、もし間違っていたら、命はないよ、と言われるのです。

身分は低い扱いだし、何かあれば命を差し出す覚悟がいるのですね。

集中力を研ぎ澄ますしかございません。

いままでも、もう後がないというときに、チャングムは力を発揮しますね。

祈りが天に通じる瞬間だとふくろうは思います。

宮中では台風の眼でございます。

クミョンの言葉、あの子は雑草だから。
並大抵のことではくたばらないという意味でしょうか。

結果、ウンベクやシン教授もチャングムに期待していますね。
王妃様のお腹の中からもう一人の赤ん坊死んで出てきました。

双子だったのです。チャングムは正しかったのです。
チェ尚宮は殺人罪、二人も殺したことになります。

チャングムが気が付かなければ王妃様も亡くなっていたでしょう。

チャングムは人をまた救いましたね。
皆さま、チェ尚宮の嫌そうな顔をご覧になりましたか。

もはや終わっていますね。人ではない道を突き進んでおります。

ヨンセンはチャングムの無事を祈っています。

宮中にいてやることはそのくらいですね。

ミン尚宮もチャンイもチャングムに何やら文句を言っていましたが、
この人たちのような人生はチャングムには必要ないのですね。

出すぎず、何も楽しいことがないなら、宮中にいても何の意味もございません。

ジョンホもチャングムの心配をしています。

皆、命がけで生きていますね。

王妃様はまだ流産の原因はご存じないかと思います。
今後、チャングムをごひいきにしてくださればいいですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第35話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第35話』でございます。

チャングムは内医院に配属されます。
其処で再開したのは最高尚宮になったクミョンでした。
結構短期間でクミョンが最高尚宮になった気がします。

ということはチェ尚宮はどうなったのでしょう。

提調尚宮になっていたのですね。では前の提調尚宮は、私腹を肥やしたのがばれていたのですね。

これはもうチェ一族の仕業に違いありません。
<Sponsered Link>



さて、王妃様の具合が悪いのでしたね。

医女として王妃様のところにチャングムはいきます。
そこでチェ尚宮と再会します。

チャングムがいることが信じられないので何度も、ききましたね。

そりゃあそうでしょうよ。邪魔者を一切片づけたつもりでしたからね。
しかし、どうやってもチャングムの生命力にはかないませんよ。

悪いことをしたことが自覚できているチェ尚宮やクミョンは、不安が増すはずです。

ミョンイを殺しても、チャングムが宮中に来ましたし、官婢に落として済州島に送っても、早々と宮中に帰ってきましたね。

チェ一族の悪事がばれたらいいな。

ハン尚宮も殺したのですからね。

ヨンロの話に、王妃様が流産したことをうまくいったと言うのを聞きました。

やっぱりチェ尚宮やクミョンは王妃様を流産させたのかもしれませんね。

この王朝、王様の権限は大きいのかどうか。

臣下も好きなようにしていそうですね。

なんか臣下に牛耳られていません?

誰を朝廷に採用するかも、意見が分かれております。

王様はジョンホたちを支持しましたよ。改革をしたい王様を阻む者たちはのうのうと生きていますね。

チャングムが宮中に戻ってきて慌てるクミョンやチェ尚宮、それにヨンロ。

いずれは戻ったら会うときが来るとは思いましたが、急ピッチでしたね。

医女という身分の低い職業に就いたチャングムを、クミョンは見下すように足のマッサージをさせます。

チャングムはクミョンが内臓が悪いことを足で気が付いてしまいます。

さすがです。

何をやってもちゃんとやっているのですね。

横着なチェ一族と違って、チャングムは自力ではいあがってきました。

水刺間を眺めてしみじみとハン尚宮を思い出しておりましたね。
<Sponsered Link>



年齢的にはチャングムは二十歳を過ぎたくらいでしょうか。

自分より年下の女官たちから使われるのも、結構つらいのかな。

物事の道理をちゃんと教えながら治療をしています。
何をやっても逸材ですね。

ヨンセンとの再会、ミン尚宮、チャンイとも無事を喜び合いました。
宮中で、ヨンセンは寂しく、他の女官にも馬鹿にされながら暮らしておりました。
チャングムへの思いは純粋で本当の味方だと思いました。

幼いころから助け合ってきましたもんね。

思った通り、チェ尚宮の天下でしたね。人事も何も思うようにしています。

悪事をしながらこんなに人生が思うようにいくなら、この後の振り子の振り帰りも厳しいものになるでしょうね。

チャングムが戻ってきたのは何かの象徴です。

これから少しずつ、露呈していくと思います。

チェ一族は人の命も何とも思っていないです。
今回、王妃様の流産は、チェ尚宮たちの陰謀かもしれません。

王族もうかつですよ。人を見る目がいまいちです。今回ジョンホがちぇ・パンスルにチャングムに手を出さないように忠告しましたね。

はっきり宣戦布告して、国の改革に立ちはだかる者達との戦いになっていくでしょう。

今のままでは誰の王朝かわかりませんね。

王様へのリスペクトはあまり感じられません。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

宮廷女官チャングムの誓い 第34話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宮廷女官チャングムの誓い 第34話』でございます。

修練を積み重ねるチャングムやシンビでございます。

教授の意見が違っているので、そこが問題ですね。

チャングムはシンビという友を得て、自分に足りないところがわかってまいります。

シン教授はチャングムには深みが足りないといいます。

深みですか。どうやって身につけたらいいのでしょうか。
<Sponsered Link>



シンビの話を聞いていて思ったのですが、苦労やしんどい目にあった経験は深みを増すかもしれませんね。

シンビはチャングムほど楽観的ではありません。むしろ慎重にじっくりものごとに対処するタイプです。

フットワークはチャングムのほうが絶対にいいのですが、医者として、はやければいいかというと、間違っていてはだめですね。

間違っていないのなら治療や施術ははやく取り掛かれた方がいいでしょうね。

さて今回優秀なチャングムとシンビが不通となります。

そのわけは品性のほうの教授の言うことを聞かなかったことが原因です。

医女を妓女の代わりに使いたかったので、それに従わない二人はアウトにされたのでした。

しかし、王様がそういう悪習に反対されているにも関わらず、自分の勝手な判断をします。
シン教授は反対するのですが、シン教授の弱みを握っていて強引におし通そうとします。

そこでシン教授はある行動に出ます。

それは全員を医学の立場から不通にすることでした。

ポーカーフェイスのシン教授、なかなか思い切った行動をします。
自分の過去を背負いながら、
いい加減な評価を防ぎたかったのですね。
品性の教授のほう本当に品性がないのでやめえいただけばいいですね。

このことで上官が二人の代わりに再試験を行います。
すると、間違いなくチャングムが優秀なことがわかります。
女官の時から勉強したことが今生きていますね。

やがてチャングムとシンビは内医院に配属されます。

まだ医女ではなく見習いなので、先輩の言うことをはいはいとやるしかない立場です。

トックおじさんやおばさん、チャンドク医女、ウンベク医師、そしてジョンホも、みんなが喜んでくれましたね。

お口の減らないおばさんにとってチャンドク医女は、どうやら天敵のようです。
それにこれからは近くに住むみたいです。
この方は頼りになります。
ふくろうもうれしいですね。

一人くらいそういう相手がいると人生が引き締まりますね。
<Sponsered Link>



チャングムたちは新人ですから、女官たちのわがままな要求も何とかしないといけません。

以前女官だったチャングムにとってこの女官たちは後輩ですね。
その女官たちは医女を身分の低いものとして扱うのでした。

その違いにチャングムは耐えます。

どんな難題でも、何とかしようとやって行くとなんとかなっていくのがチャングムのすごいところですね。
精神的にタフなところは医女にはいいと思います。

何かすごいことをやってしまいますねいつも。みんなが喜ぶことや、驚くことができるのがチャングムです。それだけ賢いといえます。

チャングムの手は神の手だと思いますよ。
何かを実現していく手。

誰かを助ける手。

傲慢であってはならない、謙虚さが必要とシン教授はチャングムにいいたかったのです。

渋い方ですね、教授は。

聡明だからこそ、チャングムにいっておきたかったのです。

人の命を考える時、間違いはあってはならないのです。
患者の痛みがわかる人でないと困りますね。

そのころ王妃様が体調が悪く、チャングムたちも一緒に会議に行きます。

久しぶりに宮中に足を踏み入れたチャングムは、なつかしそうに水刺間の歩を見ておりましたね。

これからいたるところで身分の違いを思い知らされるのでしょうね。

シン教授の身の上や、妓女事件、どれもみな身分の低いものに高いものが無理難題を押し付けています。

きいていたチャングムから笑顔が消えていましたね。
いつもそこに壁がございます。

正義さえも身分に振り回されます。
悲しい現実です。

チャングムは自分の目標のために耐えていくのでしょうね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket