ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

veronica MARS 第8話 ピュアテストで大混乱

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『veronica MARS』「第8話 ピュアテストで大混乱」でございます。

リリー殺害の容疑者エイブル・クーンツは死刑になりたがっている?
今回、ヴェロニカはクーンツに面会することにします。
この男、ヴェロニカを見破ってさらに、ヴェロニカの出生の秘密かもしれないことをぐさっと言ってしまいます。
検査しないと本当のことはわからないと思います。

<Sponsered Link>



こういう相手に常識とか思いやりを求めるのは間違いですが、
ヴェロニカは切れものでも、高校生の乙女としては心に傷ができますよね。

自由に行動し捜査するならこういうことにも出会います。
大人じゃないです。言われただけでも苦しく悲しいですね。
一人だけで戦うのなら、相当つらいですね。

なぜクーンツはこんなことを言うのでしょうか。
ヴェロニカを傷つけたいとしか思えません。
ヴェロニカが一番つらいことですね。
気の毒です。

さて高校生たちの意地悪にもあきれます。ヴェロニカの衣服はトイレに捨てられていました。
何があったのでしょうか。
明らかに恨みをかっていますね。

ピュアテストとういうのがはやっています。幼稚ですね。
お陰で学校内は大パニックです。
信じるとこうなるってこと?

疑う人はいないのでしょうか。
そんなことに血道を上げる暇があれば学業に専念しろといいたいですね。
この子らには物事を慎重にすることや、用心することを考えてほしいです。

今回ヴェロニカはマックという女の子と知り合います。
PCに強い子だそうですが、まさかハッカーでは?
まだまだ謎です。

メグは困っています。結局例のテストでうわさを流されてひどい嫌がらせにあっていました。
学校を休んでしまいます。

正体が見えないモノとは付き合わないほうがいいですね。
他人のパスワードが使われている事実があります。
ヴェロニカは早速調べています。被害者はたくさんいるかもしれません。

本人が悪いのではないけれど、誰かがねたんだりうらやんだりして、
こっそりと悪事を働く場合、どこにいっていけばいいのでしょう。

迷惑かけられる方としてはどうしようもない場合ですね。

一方、ウォレスの家では、下宿人が居座って嫌がらせをしています。
母子家庭のママが頑張っていますよね。
男の子二人を育てるの大変です。
そこでヴェロニカはパパを薦めています。
パパは
そういうのを追い出すのは得意らしいです。その才能を今回見せてもらえますよ。
どうやるのかふくろうも知りたかったです。
パパいかす~。でしたね。
本当に朝飯前に片づけてきましたよ。ふふふ。

<Sponsered Link>



ところで、

調べる人が調べたら、勝手に人のパスワードでログインしたらわかるようになっているんです。
やっと犯人がわかりました。

結果、他人のパスワードを使った奴もさんざんな目にあうんです。
ヴェロニカは許せないとおもいます。
やられたらやり返せるんだぞと相手に思い知らせるのも一つのやり方ですね。

ヴェロニカはタフですがきつい子だと思われるかもしれませんね。
そういわれて気にするかどうかはヴェロニカが考えればいいことです。

孤立しがちなのはほとんどの高校生が考える以上のことも考えられる脳みそのせいですね。
歩く道はそれぞれ違うということだと思います。
しかし、人として対等でありたいものですね。
ヴェロニカが通う高校の生徒たち、どうなってるんでしょうか。

優しいメグが最後にヴェロニカにいった言葉が印象的です。

毅然とするのはいいことだけど、やり返すほうは考え直したら?と。
でメグはヴェロニカの友達だよといってました。
なかなかいいことをさらっと言ってました。

一理ありますね。
ヴェロニカには言いにくいことを言ってくれる友達が必要かもしれません。

ただヴェロニカにはヴェロニカの言い分はあるでしょう。

やり返さずにはいられない理由ですね。
さらにきっちりやらないとなめられるのもこりごりかもしれません。
メグ、あんたは甘いよ。と思っているかもしれません。

短い人生で散々な目にあってもいますし、
ある意味逆境を生き続ける高校生としては、戦うことで、生きる実感があるのかもしれませんね。

裁判に持ち込む場合だとこういうケースがどうなるのか知りたいですね。
ヴェロニカの人生はメグの人生とはかなり違っているはずです。

ふくろうにはキュートな高校生のヴェロニカが、時々若武者に見えるときがあります。
悪は許せない。私はそうするよ。そう思っているのでしょう。
そういう目で世の中を見ている気がします。

リリーの事件を追い続けていける胆力と執念は環境もですが、
生まれ持ったものだと思います。
そしてこういう人物も世の中には絶対に必要です。

前にメグが「いじめられているのに何ともないの?」とヴェロニカにきいていましたね。
そうでした。ふくろう、ついうっかりしていましたが、
この物語が始まって以来、学校ではヴェロニカはたいてい嫌われ者扱いで、
いじめられたりしているのに、
困った時だけヴェロニカを利用したい子がいます。

学校でそういう立場にいて
何ともない人間はいないと思いますよ。
ヴェロニカは怒りをエネルギーに変えていってます。

それぐらいでは負けないんだ、っていうガッツ。
ふくろうはほめたいと思います。
ふくろうから見たらヴェロニカは幼いのに、「お嬢ちゃん、よくやってるね」といいたいです。
この物語に出てくるいけ好かない悪もの達にスキを見せたら、さんざんな目に会います。

このテストを作ったのも誰か、正体をヴェロニカはちゃんと見抜いていました。
さすがです。この相手とは今のところ敵にはなっていません。
しかし、こんなものを今の時代に作って何が目的なんだよと、いいたいですね。
世の中に幸せをもたらしたとは思えないけど。

ダンカンとヴェロニカはまだ未練はあるようですが、
付き合うわけにはいかないとお互いが思っているようにみえます。
見ていて切ないふくろうです。

とにかくヴェロニカが元気に育ってほしいですね。
では。

<Sponsered Link>



Pocket

オレのことスキでしょ。第6話

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『オレのことスキでしょ。』「第6話 わすれると決めたのに」でございます。

忘れるしかないと思うのですが、シンの失恋にかかわってしまうギュウォンです。
シンはシンで失恋を味わい、胸は相当に痛いはずです。
みんなつらいですね。

<Sponsered Link>



今回シンの実のお父さんが亡くなります。
シンのお母さんとギュウォンのお父さんは
恋人同士だったのですが、
結ばれていないのは、それなりの理由があったのですね。

それとなく、シンの実のお父さんが
その理由だと分かってきます。
ふくろうの推測ではあのおじいちゃんが反対したのが最大の原因だと思っていました。

ギュウォンのお父さんが激怒するシーンがあります。
当然だとふくろうも思います。
他の人の人生を狂わせてしまったのですから、
恨まれても仕方がありません。

他の人の意志を無視して自分の都合だけで物事を思うように運ぼうとしても、根本的に無理があります、

でもシンにとっては肉親ですね。
亡くなる最後までシンを気遣ったお父さんだったと思います。
まなざしが息子をいつくしむ感じでした。
シンは大事な息子だったんですね。
このシンのお父さんの気持ちはふくろうもわかりますね。

この世で最後に会いたい人だったと思います。
そしてシンは実のお父さんが自分を愛してくれたと
感じたと思います。
遺伝子が同じだと感じる時間でしたね。

この思い出は大事にしたいですね。
シンは泣きたいでしょう。
お父さんとの思い出の時間はとても短かかった。

シンのお母さんも泣いていましたね。
迷惑こうむった相手が亡くなったのですが、
この方も複雑でしたでしょう。
やさしい女性ですね。
過去に何があってもシンを愛して育てたんですね。
だからいきさつを話せなかったのだと思います。

お母さんにすればこの男性と一緒に暮らすことはできなかったんでしょうね。
まあ、無理ですよね。
子どもができたからと、その後の人生をすべてかけることなんてできなかったと思います。

幸せに家族をやれたとは思いませんね。
お母さんにとっては事故だったかもしれないです。

しかし、生まれてきたシンには罪はありません。
シンにとっては父と母です。

シンはいい子ですからお母さんを
困らせることはしなかったかもしれません。
あまり聞かなかったのかもしれません。
何かありそうだと感じても。

反抗期がなかったとは思いませんが、
父親を求めていたと思いますね。

<Sponsered Link>



この世で必要な人にはあってしまうものでしょうか。
シンにとっては実のお父さんは大切な人だったと思います。
だから最後に会えたのかもしれません。

一緒に暮らせていればもめることもあるかもしれませんが、
いよいよ最後というときになって、
知らず知らずのうちに覚悟をして会っていたのかな。

シンは誰かに当り散らしたり、大声で叫んだりしてこなかったのでしょうか。

声にならないシンの嘆きを
ユンス先生は慰めるつもりだったんでしょうね。
やさしいからそうなってしまうんでしょうか。

でもふくろうには解せないんですね。
相手にどう伝わるのかを考える必要があると思います。
どういう立ち位置で接するかですね。

一方シンを追いかけるギュウォンですが、
シンのもとめているのはギュウォンではありませんね。

それをわかっていても
シンを追わずにいられないギュウォンが切ないですね。

求めても得られない経験、人生にはありますよね。

青春って思い切り無様でもいいんですよね。
思うようにいかなくても頑張ったんならそれでいいじゃない
と思います。
でもつらそうなギュウォンがつぶれないでほしいです。

誰かを好きになるのは自然なことですね。
人間性は豊かになると思います。
傷つくこともまたしれんでしょうね。
ただ、へこんでから立ち直れるかどうかは大事なことです。

ギュウォンがこんな時相談できる人って誰でしょうね。
家の中におじいちゃんと二人暮らしだと、ギュウォンにとって
我慢も多いと思います。

土砂降り、人生そんなときもありますか。
ギュウォンの赤い糸はどこにつながっているのかな。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket

オレのことスキでしょ。第5話

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『オレのことスキでしょ。』「第5話 告白」でございます。
シンは確かに真剣なんでしょうね。其れは見ていてわかります。いや、男らしいと思いますよ。
一人でちゃんとできるんですから。

ともだちについてきてもらうようでは自立しているとは言えませんからね。

ユンス先生は「男としては見ていない」とシンに告げます。
要するにあなたにはときめかないといっているわけです。

<Sponsered Link>



そうですねえ、ふくろうから見てもシンの片思い、独り相撲だと思います。
縁がないんですね。

苦しむシンはギュウォンに結構ひどいことを言います。
とりあえず子供だと言われてもしょうがないですね。

シンはギュウォンにはダメな部分も見せていますね。
そういう関係ですね。
ギュウォンには結構いろんなことが言えるんですね。

大人というなら余裕がないとまずいかもしれません。
ユンス先生は自立した女性です。
愛する人を置いて、
ひとりでニューヨークに行くことも辞さなかったんです。

シンを見ているギュウォンとソクヒョン監督の気持ちが
はっきりしてきますね。
きっぱりとユンス先生に拒絶されたシンもつらいでしょうね。

相手が自分の思うようにいかないとき、
あせってもどうにもならないとき、
動いても状況がどうにかなることは少ないですね。
こういうことは努力すれば成果が出るものでもないのです。
二人で一緒に夢が見られたらいいんですけどね。

シンのこの経験が思い出に変わるまで、時間が必要ですね。

若者よ、思うようにいかないのが青春でもあるのです。
青春だけではなく、この世には思うようにいかないことがたくさんありますよ。
試練ですね。

<Sponsered Link>



さてギュウォンもよくパシリなんかやってますね。
シンに期待するものがあるんですね。
自然な感情だと思います。シンが好きなんですね。どういう形でも
関われるのはそれはそれで幸せでしょうか。

今回ギオンが再挑戦する意思を固めます。
人は夢があるから生きられるんでしょうね。
皆様、ワクワクするものを一生持っていたいですね。
もっているだけでもいいんだと思います。
前を見続けていけますもん。

ギオンの笑顔と歌にふくろう大いに癒されています。
監督はついにギオン監禁作戦に出ます。
これが功を奏します。
楽しみですね。

ふくろうはソクヒョン監督も大好きなので、
ユンス先生に告白する正直な男らしさが
さわやかでいいと思います。
素敵なカップルです。
「嫉妬してる」とストレートにいえるのも好感度です。
この二人のシーン素敵です。
二人の思いが伝わってきます。
ユンス先生は
監督のことをずっと思い続けていたんですね。

ところでギュウォンの歌声が聞けるのがうれしいですね。
シネちゃんの声は大好きです。
さらにお掃除するギュウォンがチャーミングです。
お掃除ちゃんとやる人は偉いですよ。

一方ギュウォンを送っていった監督は
すっかりおじいちゃんに気に入られます。
いつもながらはっきりしたおじいちゃんですね。
チャーミングです。

ユンス先生と監督の思い出のシーンが可愛くて楽しいですよ。
監督がとってもキュートです。
相思相愛ですか。ここにも青春があったんですね。

いったい、シンとギュウォン、どうなっちゃうんでしょうね。
気になりますね。時間が魔法をかけるのかもしれません。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket

オレのことスキでしょ。第4話

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『オレのことスキでしょ。』
「第4話 明日に向かって」でございます。  

シンのお母さんとギュウォンのお父さんは
昔からの知り合いのようですね。
シンたちはまだ知らないのでしょうか。
しかし何だか糸に引き寄せられる感じです。

<Sponsered Link>



さてソクヒョン監督のもと学生たちは
レッスンを始めます。
歌もダンスもギュウォンには大変ですね。

周りのギュウォンへの風当たりも強いです。
負けてはいられませんね。
結果を出すしかないですね。
体当たりで練習に出ていかなければなりませんよ。
ここまでもめないといけないの?
つらくないですか。
ふくろうなら心が折れていますね。

関係者一同小学生みたいに監督に怒られています。
一つの作品を仕上げるには仲がいい集団がいいですね。

今回もふくろうはジュ二の歌に酔いしれています。
いい声ですね。この歌はロマンチックで夢を見られます。
心の中でスタンディングオベーションです。
ジュ二って純粋で、夢見る少年で大飯ぐらいで、
心配になるけど、なんか放っておけない感じです。

ところでシンとユンスの関係はいまいちわかりません。
シンはもちろん近くにいたいでしょうが、
ユンスは拒否していました。

ラストでシンのネックレスを受け入れるのは
どういう心境なのか、ふくろうにはわかりにくいです。
「え?」って感じです。

逃げないのはシンに希望を持たせますよね。
受け入れるのかそうでないのか。

その中間という選択肢もあるのかな。
シンは行事に加わるでしょう。
そしてソクヒョンとユンスの関係を知ったシンは
嫉妬を隠せない。
ソクヒョンとユンスは過去恋人同士だったんですね。
大人の二人です。

<Sponsered Link>



一方シンは、父親のところにそっといっています。
わかりますよね自分の親だということは。
人間は感じ取るものですから。
言葉にはしないけれど、二度とない時間を生きている二人ですね。

ふくろうはソクヒョン監督が好きです。信念がありますよね。
かっこいいし、ギュウォンと兄妹みたいで笑えます。

それとギュウォンは伽耶琴の演奏をもう一度聞きたいと
シンに言われて戸惑います。
妄想しながらひいているのをおじいちゃんに指摘されます。
このおじいちゃんは名人ですからそういうのはわかりますよね。

柔チャンのおじいちゃんを思い出すふくろうです。
名人とともに暮らすのは大変ですが、
恵まれてもいます。

しかし、大変です。
名人なのは構わないけど、人間同士が暮らす家の中では
家族としての在り方が要求されます。

ギュウォンへのいじめがエスカレートして監督は
ある行動に出ます。
ヒジュもギュウォンもお姉さま方も
ぐうの音も出ませんね。
いい加減に目が覚めるでしょうか。

やっとスイッチが入ったかな。
ギュウォン頑張ってます。わかいっていいなあ。
でもあくる日から筋肉痛ですね。成長のあかしでございますよ。
筋肉が増えていきますからね。

シンが自転車に乗せてくれます。
ユンスがギュウォンを指導していたからですね。

何となくソクヒョンとユンスはお互いにまだ思いがあるのかな。
そしてシン。こいつ学生でお金をたんまり持っているのでは?
バンドのバイトで稼いでいるのでしょうか。

ギュウォンのシンへの思いはどうなるんでしょうか。
気になりますね。ふくろう応援しますよ。
ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket