ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

veronica MARS  第13話 誘拐事件と苦い過去

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『veronica MARS』「第13話 誘拐事件と苦い過去」でございます。

いきなり体育の免除というのが出てきます。いかにもアメリカらしいですね。
州によっても学校によってもいろんなルールがありそうですね。

もちろん、法律も州によって違いますね。
今回は有名なプロデュ―サー、ハミルトンの娘ヨランダが誘拐されます。
テーマソングと同じように「We used to be friends.A long time ago」とヴェロニカがいってましたね。
<Sponsered Link>



ヨランダのパパは見るからにワンマンパパですね。
娘は可愛がっていますが息子には冷淡な気がします。
お仕事で敵も多そうです。毎日敵を増やしてそうなタイプです。
ヴェロニカのパパは依頼人、ハミルトン氏自身の調査をしています。

心当たりがありすぎるかたなので、
恨みから娘さんを誘拐されるのはありそうですね。
実はヴェロニカは過去ヨランダといい友達になれそうだったのですが、
リリーの彼のローガンのできごころで、
リリーとともにヨランダを避けるようになりました。

ヴェロニカもリリー達とつるまなければ、
ヨランダとはいい友達でいられたと思いますね。

ローガンもローガンですが、ヨランダの言い分も、ふくろうにはわかりにくい。
ともだちの彼だと知っていたはずですが、迫られても拒否はしてません。
ふくろうはどうして逃げないのかなと思いました。
このあたり追及されても仕方がない気がします。
まあ、思ってもいないことがおこったら、動けないかな。

ふくろうには義理とかがないように思えて、悲しくなりました。
ただし、リリーもしっかり浮気性に見えるので、
どっちもどっちでしょうか。

割と本能のままに行動していて、こういうコミュニケーションばかりなら、
そりゃあ、トラブルが絶えないだろうと思います。

逆に言うと少々のことがあってもタフに生きていけそうな人たちに思えました。
それぐらいでないとこの町では生きてはいけないということかもしれません。

ヴェロニカにはローガンが先に手を出したのはわかっていたと思います。
友情なんて当になりませんね。

あそこでヨランダがローガンに一発くらわしていたら
また状況は変わったでしょうか。
とても気が合う、普通の友達でいられたはずなのに、一寸先は闇ですね。
そのことがヴェロニカの心に残っています。
保身のためにと語るヴェロニカは
自分自身もリリー達と気まずくなりたくなかったんでしょうね。
もっと何かいい方法はなかったのか、考えたのかな。

<Sponsered Link>



さて、ローガンのママは自殺したということですが、遺体はまだ上がっていません。
ローガンの気持ちを考えると可愛そうですね。

いいたいことをパパに言いきっています。
ママが死んだのはパパのせいだと。
なら君も、誠実に女性と付き合えよといいたいふくろうですが、
彼はまだ子供なのでそんなもんでしょうか。

カウンセリングの様子もよくわかるし、探偵のお仕事もよくわかって
本当に面白いドラマだと思います。
ヴェロニカはパパの手助けをいつもしています。

探偵って、誰にでもなリきる、そういうお仕事だと思いました。
捜査のシナリオを臨機応変に組み立てていく力も必要ですし、
知力体力ともに、かなり必要ですね。

ところでハミルトン氏の交渉態度はなかなか荒々しいですね。
しかし、誰が相手でも上から物を言いますから、
入道雲のように軋轢が増えていきます。

盗撮盗聴、探偵には必要でしょうが、こういうドラマを見ると、
世の中用心してもしすぎることはないかなと思えてきました。

さてママのお葬式のローガンはちゃんとスーツを着ています。
パパはスターを引退するつもりでしょうか。
お金があると何でも自由にできちゃいますね。

働かなくても食べられるってそういうことですね。
これは親父の式だというローガンはやり場のない気持ちでいっぱいでしょう。

ママの気持ちをローガンはよくわかっていたんですね。
今回も女子大生の声色で操作するヴェロニカですよ。
クリスティンの声と話し方はっても素敵です。

この誘拐は奇抜な方法で見つかります。
灯台下暗しです。

家庭内の雰囲気が相当悪かったですよね。
ヨランダも弟も、ちゃんと反抗できたのが良かったです。
後で笑って済ませられるかもしれません。

ヨランダに謝るヴェロニカですが、
ヴェロニカの立場もヨランダはわかってくれたみたいです。
悪いと思ったら謝る素直さはこの物語に出てくる人々のよさですね。

結局ハッピーエンド、といえば言えます。
さすがのハミルトン氏も、一言もなかったようです。
ふくろうも、天の理だと思いました。

ラストでローガンがやってきます。
「お袋をさがしてくれ」とヴェロニカに頼むのでした。
この子の家も頼りになる人がいませんからね。

それにしても、この町では保安官が嫌いな人がたくさんいますね。
ふくろうもラム氏は好きになれない。
ネプチューンでは町の中心部にセレブの住居が集まっていて、
周辺には貧困層が多いんです。
したがって治安も周辺部のほうが悪い。

セレブのための街になっています
保安官を選挙で選ぶという感覚がふくろうにはよくわかりません。
どんな奴でも票が集まればなれるんでしょうね。

このドラマには腹黒い人間もたくさん出てきます。
先が読めなくて見ていて楽しいドラマです。

世の中を知るにはなかなかいいドラマですね。
毎回、え~?、あら~などとつぶやきながらみています。
嘘を見ぬく方法もヴェロニカが教えてくれます。

深いなあと思いながら毎回見ています。
では。

<Sponsered Link>



Pocket

シンイ~信義~  vol.19

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『シンイ~信義~ vol.19』でございます。
さて物語も残すところあとわずかです。

キチョルも普通じゃないですね。どうしたの?
ふくろうも心配になります。

ヨンは無事に帰ってきました。
武人は血にまみれますが、誰かのために戦うわけです。
今回王妃様も頑張られましたね。
気力の勝負でした。
<Sponsered Link>



トックン君も容易に王位にはつけません。
国を出ていきます。
この人が現れるとは、ふくろうは考えていなかったんです。
キチョルと王様との戦いに終始するのかと思っていました。

さてウンスはヨンの治療を試みます。
「鬼剣」これはヨンが師匠からもらったものです。
こんな時のさりげない二人の会話がふくろうは好きです。
異世界の二人が心を通わせていくんですね。
お互いを思いやって、少しづつ、すこしづつ。

この国の人たちは一日一日を大切にいきています。
おばさまにもウンスの思いがわかっています。
ウンスにとって一番大切なのは、ヨンです。
その思いがあるから、この世界で生きています。

「そばにいるのに、恋しいと思うのが愛」だとウンスは言ってます。
名言かもしれません。
でもウンスを助けるには元の世界に返すことがベストだと、
ヨンは思います。
思い合う二人が切ないですね。見ているほうももどかしいです。

ウンスは危険を冒してもヨンのそばにいたいんですよ。
あなたのそばにいなければ死んだも同じだとウンスはいいます。
武骨なヨンの気持ちがよくわかる場面です。
人としてただただ、相手の幸せを考えます。
こんなもどかしい、美しい愛の物語は最高ですね。
こういう風に礼節を保ちながら、愛し合えるなんて尊いです。

簡単な愛じゃないからこそ、価値がありますね。
すぐには手に入らないから大切に扱っています。

ヨンはウンスを愛して変わりました。
刀を落っことすのもそのせいでしょう。
人は愛を知って人生が深くなるというわけです。

<Sponsered Link>



一方キチョルはやけにメルヘンチックというか、
夢見る少年みたいになっています。
何となく先が短そうな感じですね。
病でしょうかね。

それにしても近衛隊とも離れがたい気になりますね。
いい人たちです。
軍服姿がかっこいいです。
ふくろうは剣の訓練などを見るのが好きです。

好きなものはと聞かれたヨンがウンスの肩にただ手を置きます。
ウンスを意味したのかとふくろうは思いました。
何も言わなくてもいいのね。

そのあと自分の給料で恋人に好きなものを買ってやるんですって。
やっと恋人らしくなってきました。
ウンスを笑顔にするものを、ようやく思いついたのね。
成長しましたね。
思い出くらいはたくさん作っておくべきでしょう。

王妃様と王様は絵を描きにお出かけになります。
王妃様を描かれる王様。
優雅なひと時が流れます。

こういうシーンを見たら、どの時代で生きてもいいなと思ってしまいます。
ウンスにとって愛おしい人たちが一堂に会しております。
王妃様の衣装がまたまた素敵なんですよ。
ふくろうもこの色合いは好きだなあ。すごく癒されるシーンです。
ヨンの笑顔、忘れない、ずっと。そんな気になりました。

ラストのほうでトギがチャン先生の残した日誌を見つけます。
よくぞ見つけましたね。
亡くなってからもチャン先生は師匠なんですね。

剣が重いと感じるようになったヨンはこの先どうするんでしょうかね。
まだまだ妨げるものの多い二人です。
キチョルが自ら出てまいりました。
またまたひと波乱あるかもしれません。

では次回でまた。
<Sponsered Link>



Pocket

シンイ~信義~ vol.18

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『シンイ~信義~ vol.18』でございます。

もう、多くの血が流されて、ウンスは言葉もありません。
チャン侍医も亡くなられました。
ウンスの相談相手でした、誠実な方でしたね。高潔な方。
亡くなられて初めてその人の大切さがわかると言います。
ふくろうも寂しい限りです。ウンスにもヨンにも衝撃だったでしょう。
<Sponsered Link>



刺客を送ったのはいったい誰でしょうね。
人を殺めることで得をすることがあるのでしょうか。
人を殺して神経が普通でいられる人はいないでしょう。
ヨンも、心に重荷をもっています。

ウンスは気持ちのやり場がありません。
本当につらいですね。
チャン先生は最後まで
ウンスのための解毒薬を研究しておられました。
残されていたのは培養途中のものです。

新薬開発の途中で志を絶たれてしまいましたね。
最後まで医師としての使命に生きられたようです。

これも人としての愛でしょう。
当時この解毒薬はないと思われていました。
時代が時代ですから、現代にあるものはほとんどなかったでしょう。

さて今回ウンスが来ている鎧、かっこいいと思いませんか?
ふくろうはステキだと思いましたね。

元にとってはもちろん、
傀儡の王様のほうが都合がいいのですね。
元の役人はウンスと会います。
この人はウンスのことについて何か知っているのでしょうか。
ハングルを書く女性がいたことを知っています。
そして、
世の中とかかわらず生きられるかと問うのです。

このお役人は、何か時間にかかわる秘密を知っているのかもしれません。

ここいらでまた時間のマジックのかかわりが浮き彫りにされます。

ウンスとしては、知らぬ間にここに連れてこられて、
あれこれ言われたくないですよね。

<Sponsered Link>



ところで、ヨンの手には異変が起こったのでしょうか。
刀を落としたり、何かが起こっているのは間違いないでしょう。
こんなことで、戦えるのでしょうか。

ヨンの心の変化が原因かもしれませんね。
これはいいことなのかな。
ヨンが進化するのでは?と思いました。
人は人生でいつも万全の状態で戦えるとは限らないですよね。

一方王様はだんだん王様らしくなっていってます。
ふくろう、うれしいです。
この方も大変ですね。

ウンスも解毒薬をつくれるか命がけです。
時間との競争。
ウンスもヨンへの愛に生き、ヨンを心配して、
神経が参ってしまいそうです。
猶予はありません。

現代なら、恐怖の体験から、安定剤が必要なケースかもしれませんが、
ここではいかんともしがたいですね。
苦しそうなウンスがかわいそうでなりません。
心が痛むことでしょう。

せめてぐっすりと眠れたらと思います。
そうだ、ヨンに手をつないでもらえばいいでしょうね。
何よりの安定剤です。

ラストに向けて、王様が天秤にかけられております。
こういうこと、結構あったのでしょうね。
王妃様、重臣たちに怒り、湯気が立ち上っていますよ。
この方は聡明ですね。
まさに歴史が動こうとしているときなのでしょうね。
それにしても皆様、会議が、長い!長すぎます。

次回はどうなりますか。
ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket

シンイ~信義~ vol.17

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『シンイ~信義~ vol.17でございます。

別の道を行ったウンスが語ります。
別の道に逃げたことを後悔したのです。
100年後でももう一度一日だけ時間を戻して
やり直したい。
そういう誰かの意思があってこの物語が始まっている。
タイムトラベルの仕組みを理解している誰か。
<Sponsered Link>



やり直してヨンを守るために、違う道を選んで行くように、
この世界にいるウンスを導いています。

人生にやりなおしがきくチャンスがこのドラマのように与えられるなら、
皆様はどうしますか。

ただし、このドラマで見るように、かなり複雑でややこしく、
危険を伴う人生を進むことになるかもしれません。

未来にいるウンスが過去にタイムトラベルしてやり直しているのが
この物語ですかね。
ふくろうが感じた限りでは、
現代の部屋、過去に行った高麗の部屋、そして、少し現代に近い高麗の部屋、
この三つの間を行き来しているように思えますね。
しかも、一か八かに思えるような結果です。

それぞれの部屋に必ず行きつけるかどうかは保証の限りではない。
つまり、どの部屋に行くかは、
今いる部屋を出て行って見なければ全くわかりません。
そういった現実の中で、
自分の思うように動く術があるなら知りたいと思います。
確実に、時間と場所を特定して移動できるなら、
ノーベル賞は確実でしょうね。

<Sponsered Link>



こちらにいるウンスはまだ覚醒していないけど、
次第に記憶の中でやるべきことに気づいていく。

仕組んだのはウンス自身か。
とすると、タイムトラベラーかもしれませんね。
ずっと先の未来からなら、こんな高度な作業ができる。
そう考えればすっと一筋、見えてきます。
でも複雑な展開です。

ウンス一人に焦点を当てて考えてみても、
ふくろうにはわかりにくいです。

さて、ウンスはヨンに皇宮に戻ることを提案しますね。

王妃様をさらったのはトックン君ですよ。
ウンスにいい策があります。
未来から来た強みを使います。
そして捨身です。
そうですねえ、
なに一つとっても確定しているのかさえ分かりませんが、
今最善の方法だと思えることをやるしかないでしょう。

一方ヨンも動き出します。
王妃の命はあぶないですね。気がもめます。
あの花のような可憐な方がご無事でありますようにと
ふくろうもいのらずにはいられません。

間一髪でヨンが登場。王妃は救出されます。やった~。
おなかの赤ちゃんはもうこの世にはいません。
なんてつらいことでしょう。
身の安全を確保できてこそ、
落ち着いてお産や子育てができるというものです。

この頃ヨンのフォローはやさしくなったかな。
いつもウンスに寄り添っていますよ。
ヨンにとってはいつでもウンスが最優先です。
ドラマではありますが、つくづくうらやましいですね、

ヨンは剣が重くなっています。
ウンスを愛し始めたからでしょうね。
このあたり、人間的ですね。
ウンスへの告白、グッときます。本心です。
理屈じゃないですよね。

人はいつなんどきどこの時代に生きても、
変わらないものがあると思います。
人間は皆同じだなと思いますね。

ところで、キチョルですが、天界にこだわリ続けていますね。
キチョルにも夢があるのね。悪人だけど、夢はあっていい。
欲の塊ですからやりたい放題だけど、心は幸せではない。
足るを知るってことがないのね、この人は。
我慢もなければ、喜びもないのですよ。

そして、何者かによってチャン先生が殺されます。
うえーん、ふくろうはチャン先生が大好きだったのに。

次回はいかに。

<Sponsered Link>



Pocket