ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

veronica MARS 2  第1話 ” 普通 “の始まり?

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『veronica MARS』のシリーズ2、「第1話 “普通”の始まり?」でございます。

今回は薬物検査のお話です。

ヴェロニカのうわさって、
リリーの事件が終わっても結構シビアなものばかりですね。
学校があれています。
そして各家庭も、無事なところがないですね。

パパはといえばちょっとした有名人ですね。
起死回生の命がけのホームランでしたけど、
いろんなことが元に戻ったかどうか、無理かな。

さて、いきなりローガンがぼこぼこにされてヴェロニカを尋ねてまいります。
襲われたのですが、バイカーだとすればイーライが関係しているかも、です。
殺人は冒していないとローガンは言います。警察に追われています。

それから重大なのはローガンが自分の父親がリリーを殺した犯人だったと
知ったことですね。

うーむ。ローガンの家庭は、家庭はないですね、この子には。

薬物検査で結果に不満のある高校生を調べていくと、ノンセレブばかりです。

陽性のはずがないのに、陽性だと診断されて困った子たちが結構います。
ウォレスまで巻き込まれて、ヴェロニカは封印していた探偵業を再開します。
<Sponsered Link>



ところで、前と同じに普通になるなら、
ヴェロニカとダンカンはどうなるのでしょう。
ローガンと付き合っているので、ややこしいですね。
少しだけ普通の高校3年生の生活になったヴェロニカですね。

高校生たちの個々の事情も分かりやすくきっちり描かれていて、
短時間の映像で展開がはやい感じがします。

ふくろうには、こういうきびきびした進度が心地いいです。
あと、ヴェロニカのナレーションも効果的に使われてますね。

単純ではない事情と証拠をヴェロニカが効率よく集めて推理を進めていきます。

そういうところもさくさくと気持ちがいいです。
人物の背景もきちんとわかるように描かれていますね。

ヴェロニカの事件解決のリズムが好きです。
さて今回は副校長の息子もかかわっています。

バターズはヴェロニカより下級生ですね。

ヴェロニカはウォレスと二人、相変わらず管理の甘い学校で資料を探しています。
推理の根拠もきっちりわかります。
ヴェロニカはボードにわかりやすく書きこんでいますね。
あいまいにしないのがふくろうにはうれしいです。

毎回いろんなことが勉強にもなるドラマです。

それにしても、ローガンの身柄は安全なのでしょうか。
父親のこともあって社会から白い目で見られているのでしょうか。

心配だなあ。ローガンの精神状態、普通じゃあいられないでしょう。
見た目とってもやばい感じがするんですが、
彼を指導する人が見えてこない。
大人の力が働かない状態です。
ローガンは飢えているのに、です。

個人の家庭の力では到底どうにもできそうにないですね。

友達のディックは相変わらずいかれていますね。
今回ではディックの継母が登場します。

ありえない母親、いけないおばさんですけどね。
男の子の前で、挑発的すぎますね。

カサブランカファミリーも、よく壊れないなと思います。
いやそもそもここもおかしいかもしれません。

事件の全貌もマーズパパの協力もあって見えてきましたね。
ヴェロニカ自体はこんなに友達に貢献しています。やはり
大したもんですよ

<Sponsered Link>



一方、ダンカンとよりを戻したヴェロニカは
ローガンにわけを話しをして別れを告げたのです。

荒れるローガンの気持ちもわかるけど、大声を出したりするのは
いけません。ヴェロニカのパパにしっかり怒られましたね。
いいパパですね。

心のやり場のないローガンはこの後またまたおかしなことになります。
基地がない、そんな感じですね。

家庭や家族があればなと思います。担任とか親せきとか、
この子の心配をする人はいませんかね。

メヴェロニカはメグとの間も厳しそうですね。
ヴェロニカだってもともと何もなかったら
ダンカンと仲良しでいられたはずですね。

ダンカンが、はっきり確かめてから人生の方針を決めてもよかった気がします。

でも冷静にそんなことができるとは思えません。

なので、ころころ付き合う相手が変わることになりましたね。
関係者全員が被害者なんだと思いますが、お疲れ様です。

ダンカンはヴェロニカが大好きだったし今もその気持ちは変わっていない。
ヴェロニカも幸せそうです。

あれ、今回、リリーが見えましたね。ふくろうはドキッとしました。
そのあとイーライと話し込んで、バスに置いていかれます。

そして、イーライにのっけてもらってバスを追いかけていけば
そこで目にしたものは、がけから転落したバスでした。

物語の流れが、非常に面白いですね。
こういったわずかのことで命拾いをしたヴェロニカですが、
現実にも起こりうることですね。

ふくろうは、リリーがヴェロニカを守ったのだと思いました。
ヴェロニカがいないのを知っていてだまっていたメグにも、
何かの力が働いたのかなと思いました。

セレブのお子たちは自家用車で帰りますから、バス事故には会いませんでした。

セレブだけが生き残ったということに憤りを感じる人もいるでしょう。
ふくろうも何だかやり切れません。

この町では、お金持ちがどうしても有利になっている気がします。
教育現場でのこういった格差にがっかりですね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第27話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第27話 さらば 弘文学院』
でございます。

誰がさらばなのかといいますと、傲天先生ですね。
責任を取って辞めることで穏便に物事を片付けようということでしょうか。

これで根本的な解決になるかどうかはわかりませんが、
今できることですね。
<Sponsered Link>



慕容月が負傷してしまいましたが、命に別状はなかったです。
責任は教師ということでしょうか。
管理職の劉氏は、
自分が責任を取るとは言わないタイプでしょうね。

傷害事件のはずですが、あれ、警察みたいな組織とかないのですかね。
取り締まるお仕事の方たちはいないのでしょうか。

最も上の方で黒幕が手を回すでしょうから、
うやむやになるのかな。

教育方針に沿っていれば、
教師の自由裁量に任されている部分も
あっていいとは思いますけど、

ただ生徒の命の安全については、
SPをつけておいたらよかったですね。

ここで今までの文星若様の悪事の数々も
数えてみたら結構ありましたね。

でも傲天はそれを知りながら、まだやり直せると
いいます。
文星さんにはまだ希望があるということでしょう。

結局傲天は学院を去ることになりました。
泣くより笑って別れるほうを選ぶというのですが、
雲ひも文星さんも、反対します。

雲ひ、大泣きでございます。
生徒もそうですね。
「守りたいから去る」
このことばがふくろうの心に残りました。

それしか今選べる方法はなかったのですね。
本当に悪い奴らが大勢で元気で暗躍していますから、
腹が立ちますね。

<Sponsered Link>



文星さんの親で悪役の例の方は大同のパパや、
雲ひのパパに圧力をかけていますね。
こういう部下たちも
心からこの上役に従うつもりではないかもしれません。
私利私欲に走る親玉の失脚をみんなで考えたらいいんですのに。

一方劉氏は教師の補充はしないといってます。
え?それでは、他の教師の勤務時間が増えるばかりなのでは?
もうボランティアの世界ですね。
この学院の教師は無償で働く方ばかりですよ。

そもそもよくみんな生きてるなと思います。
実家からの持ち出しが増えていそうですね。
稼ぐお仕事でないのに、働けるのはその仕事が好きだからですね。

いい人だらけですね。
でも、この先このままでずっとやっていけるのでしょうか。
みんな干上がってしまいそうですが。
仙人になるかもとふくろうは思います。

学院を去っても生徒たちの相談相手になる傲天でございます。
誰かを暴くことはしない傲天のやり方は優しいですね。

実際学院の生徒たちの元気はなくなったみたいです。
学院の中が荒れてきました。そうでしょうね。
指導が行き届かないなら、無法地帯になっていきますよ。

今回劉氏の瞬間移動が見られます。
すごいけど、あなたもっと他にやるべきことがありゃあしませんか。

それから、慕容月は呉天宝と気が合うみたいですね。
お互いに好意を持っているようです。
お似合いですよね。この恋実るといいな。
天宝を応援したいふくろうです。

さて学院の伝統の催し物ですが、
ラブストーリーですよ、皆様。

配役でまたもめそうです。
やりたい人がたくさんいるのかな。
なんとかなるでしょうか。
楽しみですね。発表会。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第26話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今『トキメキ!弘文学院 第26話 旧勢力の反撃』
でございます。

しょっぱなから大同のパパが黒幕に怒られています。
黒幕はもうわかりますね。文星さんの父親ですね。
民のことなど考えない官吏です。
働かない人間ですよね。

フェアプレイとは無縁の卑怯なおじさんでございます。

弘文学院の生徒には
将来そんなお役人になっていただきたくないですね。

ところで文星さんはつらいでしょうね。
生徒を守りたいなんて思っている教師の鑑なのにね。
黒幕の言うことを聞くんでしょうか。
この時代ですからね。民主主義とか自由とかは先の先の話ですよね。

文星さんは、人生、明るい顔ができないですね。
人の心を殺して働くことになりますね。
生きているといえるのでしょうか。

大同の家なんか、結構お父ちゃんに反抗したり、ママの権力に頼ったりして、
わんぱくしていますよ。

この文星さんは、大切にされてはいませんね。物語が進むにつれて
黒幕との関係がわかってきます。

Sponsered Link>



さてお米を配っていると、
どこからかゆかしい琴の音が聞こえてまいります。
いやあ、いいですねえ。優雅ですよ。
こういうシーンにふくろうは喜びを見出します。

人助けに喜びを見出す、生徒たちですよ。
そういう実習はいいですね。
誰かのために生きることは尊いことなのだと、
ここの学生たちに感じてもらいたいですね。

さてそこに突如現る謎の一団でございますよ。
何故かこういう一団は
どういう物語でも黒い色で身を固めています。
すなわち気づかれないようにするのはこの色が一番ですね。
悪いことなのはわかっているからなのか、
堂々と名前を名乗って戦うことはしませんね。

傲天や雲ひは黒装束の一団と戦いを繰りひろげます。
格闘シーンは、なかなかすばらしいです。
さすが孫悟空の国ですね。
特撮、すごすぎます。
Sponsered Link>



一方慕容月は襲われて大けがをします。
可愛そうでした。この娘に罪はないです。
この事態、文星さんはきっと後悔しているでしょう。
生徒を傷つけることも平気でする自分の父親を、
許せますか?

本当に卑怯な人たちですね。
学院も生徒の安全を確保する暇がなかったといえます。

誰が襲ってきたのか見ればわかります。
仮面をつけてもかっこいいですね、この方は。

傲天には正体がわかっています。
もちろんふくろうにもわかっています。
そこで説得をします。

慕容月は命に別状はないのですが、
早く傷口が治るといいですね。

汚職を暴く形になったので、旧勢力にやられたのですね。
悪あがきの犠牲になった慕容月がかわいそうですね。
ふくろうも許せません。
傲天は責任を感じます。
生徒への愛情はありますからね。

こういう事態を予想できなかったかとくやまれますね
実習としては危険だったんですね。
傲天はある決心をします。
それが生徒を守るためだといわれて、
退職するしかないと考えています。

悪と戦う弘文学院でございます。
だけど、傲天がいなくなったら、誰が生徒たちを守るのでしょう。
いなくなることで守るってことですか?

傲天のことだからピンチにはきっと駆けつけるのかな。
文星さんが悪の手先なのか否か、これにかかっていますね。

では。
Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第25話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第25話 悪徳官吏は許さない 』
でございます。
昔も今も悪いお役人はいたんですね。

さて今回はまたまた刺激的な展開でございます。
米の値段の調査に出かけた雲ひは
過保護なほどに文星さんをガードします。

思惑がはずれる文星さんですが、
雲ひがずぶぬれになってあわてます。

このあたり私情が動きます。
緊急事態には、本当の感情が見えてまいります。

無鉄砲で軽率な雲ひがすることはわざとらしくないので、
傲天の思惑通りですね。

<Sponsered Link>



水がまかれるときに文星さんも大山も
思わず身をかわそうとしますが、
まさかの雲ひがみ替わりでしたね。
武道の達人雲ひは身を投げて文星さんをガードします。

文星さんからすれば、驚きですよね。
好意からであってほしいと思うのではないでしょうか。
だけど、女性から好意で守られるというのも
考えてみれば何だか時代的に見ても妙な感じです。

男性から見たらどうでしょうか。
守りたいのか守られたいのか。

完全に想定外でしょうね。
困った顔の文星さんも素敵ですね。

雲ひには腹を立てないですね。
結果,雲ひは文星さんの邪魔をしたことになります。
傲天はそれを見越していたことになりますね。
文星さんを足止めすることになります。

一方、天宝たちは計画を練って大同のパパの誕生会に潜入します。
もちろん大同は囚われの身でございます。

大同のパパも大同そっくりの性質ですね。
似た者同士でもめています。

さて、硯がなぜ肉まんではないのか。
永遠に解けない謎でございますね。
空腹が高じて、妄想に襲われる大同ですよ。

ところで女装の?文文にドキドキの大同ですね。
単純ですから、深くは考えないでしょうけど、
引き続き、陽動作戦に移ります。
この二人は漫才コンビですね。

<Sponsered Link>



しかしこの作戦は、ひやひやすることが起こります。

怪しい帳簿を巡る顛末はどうやら、
傲天たちの次の作戦に続いていきますね。

黒幕をあぶりだせるのか。
食べられなくて困っている民はそっちのけの
米市場を何とかしたいですね。

慕容月の家も、大同の家も、官吏ですよね。
子供としては事実を知ったら悲しいですよね。
大同の家ではママが実権を握っているようです。

一方、黒幕の居所がわかりましたよ。
姑息な住民支配のやり方ですね。

貧しいものはどこまで行っても貧しい。
搾取され続けるわけですね。

そのあと傲天の取る作戦で、
黒幕に一矢報いることができるでしょうか。

世論を動かし、相場を動かす。
民のために弘文F4もがんばります。
実習ですよね。この学びは。

それにしても雲ひと二人きりの時の文星さんの
幸せそうな顔が笑えます。
じゃじゃ馬にはとことん弱いのかも。

ふくろう、天宝君のつぎに雲ひのパパが好きですね。
なんて明るい方でしょう。豪傑なのに軽さが素敵。
もともと軽い男なのだと思います。
何と言ってもあの必殺技がすごいです。

ところで、パンダの料理出てまいります。
といってもパンダ模様の料理です。
やはりお国柄でしょうか。
笑えます。

ここで情報操作ですよ。
一芝居うつ大同たちです。
さて、どうなりますか。

では。

<Sponsered Link>



Pocket