ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

続・氷点 三浦綾子

Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は、三浦綾子さんの『続・氷点』でございます。

「氷点」で命を絶とうとした陽子でしたね。
ふくろうは泣きそうになったんですけど、
冷たく美しい世界に横たわる陽子のイメージが鮮烈に心の中に残った最後でした。
生きているんだ。そう持ったらふくろうもジーンときました。
当分その雰囲気に浸っておりましたが、時間がたつにつれて、陽子の其の後を知りたくなりました。
「氷点」を読んだ読者はほとんどそんな感じだったでしょうか。

<Sponsered Link>



陽子って本当に苦労人だと思います。
若いうちからこんな運命でなければ
もっと違った人生になっていたかな。

陽子自身がこの世に自分が存在することをどこかで許してこなかったのかなと思いました。
自分の出生の秘密を知らなければ、ここまでしなかったのか、それとも、
もともとの性分で同じようことになったのか。

その出生の秘密だって、正確ではないとしたら。

陽子の周り、特にこの家族には秘密が多すぎます。
日常に潜む暗闇の世界に誰かがはやく気がつけばと思いました。

それとこの物語に限らず、普通に家族ってもろい部分があるかもしれないなとも。

この世に生きるのはけっこう危ういことなのかもしれませんね。

いずれにしてもよくわかりませんね。
今陽子が生きていることが一番ですよね。

陽子を取り巻く人々も変わり始めます。

陽子を愛する徹と北原は陽子の気持ちがつかめず
心を痛めます。

そして運命の糸に導かれるように、
この巻から陽子の実母や兄弟が登場します。

辻口夫妻は相変わらずですね。
この二人の確執は続いています。
復讐合戦ですね。
懲りない似たもの夫婦ですよね。

でも生きてて元気でやっていられるって幸せです。
大人として親をやっていくのは大変なことだと
つくづく思いますけどね。

陽子は北大に進学する予定です。
よかったですね。

<Sponsered Link>



さて、
罪のない人など存在しない。
確かにそうですね。自分では気がつかないことも
あるかと思います。

この巻では辻口先生は陽子によって癒されている、
これを自覚していますね。
陽子にとって理解者になっています。
冷たい傍観者から変っています。

この巻で「愛不在で正義を求めるものに救いはない」
と言っています。心に残ります。

陽子はなかなか生みの母を許すことができません。
陽子の立場に立てばふくろうもそう思うでしょうね。

「ゆるすこと」は本当にむずかしいですね。
時間とか、きっかけとかも必要かもしれません。
また自分に責める資格があるのかないのかを
考えることも大事でしょう。

肉親とのかかわり、切ないですね。
陽子が弟を可愛いと思う気持ちはよくわかります。
理屈じゃないですよね。

若い頃よりは、今のほうがふくろうも「ゆるすこと」
がやりやすい気がします。
人は成長して変ることで
ゆるすことができるのかもしれません。

大変な目にあったり、つらいことや悲しいことを
経験して、人にやさしくなれるんでしょうね。

陽子は自分に対して厳しい人間です。
冷たい環境で、甘えたいときに甘えられなかった
ですよね。
ゆるしに悩む陽子は流氷に神の存在を感じます。
あれがゆるしの瞬間なのかな。

全巻読んで、陽子は美しいなと思いました。
存在感がすごい。

この本はもう何度も読みましたが、読むたびに
メッセージが心に届きます。心の灯火です。
頑張って生きようと思えます。

では陽子さんの幸せを祈りながら、
おやすみなさい。

<Sponsered Link>



Pocket

心霊探偵八雲 ANOTHER FILES  裁きの塔

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『心霊探偵八雲』「Another files 裁きの塔」でございます。

今回もいろんな人間模様が見えてきます。
相変わらずに見える八雲ですが、
果たして人間をどこまで信じられるのか、
八雲もそれを問われますね。

<Sponsered Link>



誰でも究極、
そういうことを考えるときがあるかもしれませんね。

人を信じにくい八雲から見れば、
後藤はなぜそんなに人を信じられるのか、疑問でしょうね。

複雑に絡み合う事件の縦糸と横糸を
八雲は後藤や石井と解いていきます。

八雲以外に時々登場人物の中で
幽霊らしきものが見える場面がでてきますね。
晴香だったり石井さんだったり、見えたというシーンがあります。
この物語の中ではこの人たちが見えていることについては話題にはなっていません。

八雲だけが世の中で特別ということではないでしょう。
意識せずに見ている人がいるかもしれませんね。

見えるか見えないかという線引きは難しいかもしれません。
普通は見えなくても
ある特定の条件のときは見えるかもしれませんしね。

何だかふくろうの探し物の時を思い出しました。

さて、愛するものを亡くした悲しみ。
正義が白日の下にさらされないくやしさ。
この世には様々な思いが渦巻いていることでしょう。

現実問題として、幽霊がかかわったという事件は
扱いが難しいでしょうね。
捜査は実際誰がやるのかふくろうにはわかりません。

立証するにしても、どうやればいいのか。
証明してみせて、信じる味方を増やしていく必要があるでしょう。

世論を味方につける必要があるでしょう。

見える力を持った八雲は自分の力を世の中のために使います。
実際そういうすごい力を持っていたら、自分のためだけに使うのは空恐ろしい気がします。
世の中のために役立てるのがいいですね。

<Sponsered Link>



八雲は愛想が悪いけど、正義感はあります。
八雲を愛する晴香の気持ちを
八雲は受け止めることができるのか。
これをいつも思います。

みんながみんな、八雲と同じ視点、
いや、視力を持っていたら、
世の中が変わるでしょうか。
故人の遺志を知ることができれば、
捜査は違った展開を見せるのかなと思います。

無念の死を遂げた本人が証言できるなら、どうでしょう。
真実がたくさん暴かれますね。

八雲のようにそういうことができる捜査官がいれば、
見える真実が違うでしょう。

そしてそういう人が多数を占めるようになれば自然と変わってくることがあるでしょう。

いずれにしても人をどこまで信じられるか、考えることになるでしょうか。

このお話のなかで、後藤と晴香は疑いなく八雲を信じ切っています。
この二人もそれまで信じることで裏切られたり
いやな思いをたくさんしてきたはずです。

しかしそれでも、ひとを信じるタイプですね。
騙されてもいいじゃん、と開き直れるのかな。
ふくろうもとても共感できます。

後藤や晴香は少々のことではへこたれずに
人を愛するタイプだと思います。
この世の中にはそういう人もいっぱいいると思います。

ふくろうはこの先八雲がどう変わっていくのか
とても興味があります。

どうしたらこの青年が幸せを感じるときが増えていくのか
今後も応援し続けたいです。

では。

<Sponsered Link>



Pocket

veronica MARS 第6話 ハイスクール選挙騒動

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『veronica MARS』「第6話 ハイスクール選挙騒動」でございます。
アメリカの高校生たちの選挙活動が興味深いです。
選挙活動も盛んにやっていますね。日本はどうでしょうね。

冒頭ローガンのお家が出てまいります。豪邸です。
観光客でしょうか。
映画スターのエコールズさんにあこがれてやってきたのでしょうね。
押しかけています。
ローガンは相変わらず大きな子供ですね。幼児的です。

<Sponsered Link>



一方時期生徒会長を選ぶ選挙戦は白熱しています。
空気がピリピリしていますね。
あまり、無作法なことをしたら校長先生に呼ばれてしまいますよ。

ピザをふんづけていました。罰が当たると思います。
物も、食べ物も大切にしないといけませんね。
いい年をした高校生の行動としては残念な気がします。

さてこのヴェロニカの前には夢や妄想?シーンで
亡きリリー・ケインが頻繁に登場します。
リリーが成仏できていないはず、と視聴者のふくろうも、
ヴェロニカも思っています。

リリーはなかなかチャーミングですね。
謎を解くまでは何度でもヴェロニカのファッションチェックをしに現れるとリリーは言っていましたね。楽しみです。
このシーンは面白いですね。
たぶんヴェロニカの精神状態がそういう形で表れているのではと思います。

この高校生たちは、本音で話しますね。
だから厳しい言い方になることが多いかと思います。
言いたいことを言い合っても、
それだけで関係が壊れるというのでもないでしょうが、
セレブとそれ以外という分離した構図を誰もが思い、口にしています。
なかなかですね。

<Sponsered Link>



今回お馬鹿なローガンは賭けボクシングをやります。
なぜこの子はお金持ちなのにこんなことをするのでしょう。
パパを困らせるためでしょうか?

エコールズさんの家庭も問題がありそうですね。

ローガンはパパの顔に泥を塗ったと叱られますが、
さらに、パパの怒りに油を注ぐことをやってのけます。
ベルトでローガンをお仕置きするパパには、ふくろうも失望です。

偽善者ですね。
家でもどこでも映画スターをやっている気がします。
ローガンのパパとしての責任はどうかな。
折檻されるローガンですが、ママは知っていても手が出せないのでしょうね。

愛されていないという感覚がローガンにはあり、
それがたまっていて、行動がおかしくなっているのかな。
リリーが亡くなって寂しさを紛らわしたいのでしょうか。

自分を大切にできない子になっていますね。
自分を痛めつけることばかりやっていませんかね。
わかっていてやっている節がありますね。
パパとのコミュニケーションが貧弱な関係ですね。
ローガンはパパを恐れているのかなと思うときがあります。
やがて身から出た錆でローガンは悪事が公表されてしまいます。

人を人とも扱わない態度はいろんな方面からの反発は招きますね。

今回の選挙の落とし穴は、ヴェロニカが暴きますよ。
捜査するシーンは大好きです。
面白いですね。

画策した人物は必ずばれます。当然ですね。
悪事はばれるんですよね。
今回心に残ったヴェロニカの言葉。
「ダンカンは自分からは何もしない、待っているだけ」痛烈な批判ですね。
実際、ふくろうも思いました。ダンカンは立候補はいやだったのかと思ったのですが、

勝手に立候補させられて、え?そのままいくんですか。と思いました。
それをダンカンのいつものやり方だと、ヴェロニカは言います。
そうですね。意思表示を一かいもしていませんね、ダンカンは。

そして、応援していたはずの候補者の友人に、
終盤でヴェロニカはちくられてしまいます。

なるほど、人を踏み台にして自分が生き残るつもりですね。
油断できないご時世だとふくろうも思います。

いったい誰をを信じたらいいんでしょう。
今ヴェロニカは孤立状態ですから、友達は少ないです。
はめられたのは気分が悪いですね。そういうのは友達ではありません。

結局ダンカンが生徒会長に決まります。
しかし、ダンカンの言葉が心に残ります。
「利益は共有に」
今後は今までよりはセレブ以外の生徒にもチャンスが増えるといいですね。
明らかに今までの待遇はおかしかったと思います。

クラスの事件を片付ける合間にヴェロニカはリリーの事件を追います。
親友に対する思いが強いヴェロニカは、孤立しようがどうであろうが、
たぶん全力でこの事件に迫ると思います。

骨のある女学生ですね。
強い意志と、逆境にも負けない勇気にふくろうはほれぼれします。

一方、リリーを殺した犯人とみられている、エイブル・クーンツはどうしたことか、弁護士を解任して、死刑に向かって急いでいる感じなのです。
これも何かおかしいですね。

<Sponsered Link>



Pocket

氷点 三浦綾子

Pocket

モーニング!ふくろうです。
ふくろうが幼いころ、すでに映画やドラマで
有名でした。
個人的に陽子役の内藤洋子さんが大好きだったのです。
ですから陽子のイメージは内藤洋子さんで読んでみました。

<Sponsered Link>



タイトルだけ聞くと雪とか寒いイメージですが、
実はこのお話の中に牛乳の出てくる場面が結構あって、

暖かい湯気の出ている牛乳を思い浮かべます。

ただただおいしそうな牛乳にふくろうはまず魅了されました。
単純に、美しいな、牛乳は、と思いました。
ふくろうが幼いころ、半世紀以上まえには、牛乳が珍しかったですね。
だから幼いころには飲んだことがなかったです。

小学校に行って学校給食を食べるときには、脱脂粉乳でした。
ミルクと呼ばれていましたが、味は牛乳とは程遠いものでした。

小学一年生に入ったばかりで初めての給食で先生がおっしゃったことは、
「バター(これはたぶんマーガリンだったと思います。)は二日に一回つきますから」
ということでした。

当時は、なぜ二日に一回だけなのか、全くわかりませんでした。
食パン3枚に、薄いバター一個でも、少ない気がしますが、
バターのない日は、工夫しながら食べておりました。

もっともふくろうは3枚も食パンは食べられなかったので、いつも残しては家に持って帰っていました。それでも、給食自体は楽しみで大好きでした。
そういうわけで、
ようするにふくろうは食べ物の場面が大好きなのですが、
三浦綾子さんの文章からは、いつも体温を感じるのです。
目次の小題も簡潔で分かりやすいです。

<Sponsered Link>



全部読み終えたら、全体的に清冽な感じがしました。
雪の場面が出てくるのが好きでした。

家庭の数ほどドラマもあるに違いないでしょうね。
ささいなことが積み重なってボタンをかけ違ってしまう。
実はこれが結構怖かったりします。

言葉足らずだったり、思い切って心を開けなかったり、
親しいはずの家族なのに、ほころびができる。

けれど、主人公の陽子は自分で家族を選べない。
一人の人間の人生の幕開けがこういうのは耐えられない
ですね。
幼かったふくろうは、
お父さんなら高木先生がいいと思ったものでした。

辻口家の中で陽子は何も知らずに成長していきます。
陽子のような性分では、
他の家庭と自分の家庭を比較したりしないでしょうし、
家庭の病んでいる部分を目にしても、
いい子で頑張ってしまいます。

人はいろんな出来事に出会って変っていくのかな、
と読んで思いました。
上巻の最後のほうで、台風で船が難破するんですが、
辻口先生が遭遇します。

さて下巻です。

愛されたいと思うのはだれでも同じ、
陽子も自分がひねくれないように家族を愛そうとします。
そりゃあもう、大変な努力ですね。

暗い家庭の中で孤軍奮闘は続きます。
家族としてのまとまりが薄い辻口家。
差し伸べ握り合う手が見えません。

出生の秘密を知り、陽子は苦悩します。
それにしてもうすら寒い家庭で、ふくろうも
読んでてやりきれない思いがしました。

愛と言う水分、栄養分が与えられないと、
陽子は枯れるしかないですよね。
抱きしめて温めてやれる人が見当たりません。

自ら命を断とうとする陽子。
「かけがえのない人だと言われたい」と願いながら、
陽子が生まれてからずっと抱えてきた孤独に
胸が痛みます。

この世に必要のない人は一人としていないですよね。

続きは続氷点で。

<Sponsered Link>



Pocket