ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

聖の青春 大崎善生

Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は大崎善生さんの『聖の青春』でございます。

聖をさとしと読みますね。

 

じつはふくろう、今年は将棋を練習しています。
弟が将棋マニアで、将棋盤と駒をプレゼントしてくれました。

さらには、トップ棋士の扇も、なぜか大事にしています。

<Sponsered Link>



この弟にくっついて何十年か前に、千駄ヶ谷にある将棋会館に行ったことがありました。

いっただけなんですけどね。

 

ともあれ、やるしかないのでございます。
日曜日のTVの将棋講座が楽しみになってまいりました。
解説の山崎氏も広島出身で村山氏の弟弟子にあたりますね。

この方のお顔を見ると日曜日いつもほっとします。

 

ふくろうも、人生初めての挑戦を始めました。すると弟がこの「聖の青春」を教えてくれました。

 

弟ふくろうの言う、胸を打つ内容、という言葉通りでございました。

この本には、広島出身の村山聖さんの人生が詰まっています。

 

読みやすいのに、何行か読むと涙が出てくるので、眼鏡をはずして涙をふきながら、

最後まで読みました。ラストでは嗚咽を抑えきれなかったですね。

切なくて。

 

病気を持ちながら、自分の夢に向かって雄々しく立ち向かう姿勢は胸を打ちます。

命に限りがあることを、常に考えて生きる。今しかない、そんな感覚が村山氏を研ぎ澄ませていったのでしょうか。

人生は常に、今、ですよ。

 

村山氏のかわいげのあるキャラと、弟子を愛し大事に育てようとされる森氏とのエピソードが心に残ります。

 

広い心で愛すること、相手を思いやること、子を思う親の気持ちと同じですね。

村山氏はなんて暖かいところにいたのでしょう。

 

ご両親のお気持ちを考えると人の親としてふくろうも、居ても立っても居られない気持ちになりました。

 

子供は可愛いですよね。

 

親にきついことを言っても、子供は親に心配をかけて悪いなと思っています。

<Sponsered Link>



懐かしい八丁堀の将棋センターが出てまいりました。

子ふくろうたちと一度行ったことがあります。

 

人生はいつだって、目の前のことを全力で迎え撃つんですよね。

 

この村山氏は、ふくろう、本物の豪傑だなと思いましたよ。

大志を抱き続ける。命がけで。

大きな夢を純粋に追いかけていける人は幸せだと思います。

 

こんな人がいたことをふくろうは忘れないと思います。

 

読み終わってただ茫然としていました。

悔しくて。涙が出て。

 

時代を変えていった人だと思います。

そばにいなくなってその人の存在の大きさを思い知るんですね。

「勝負は勝たなきゃ意味がない」という言葉が心に残りました。

 

その生きざまに感動しました。

 

さわやかな風が心を吹き抜けていきました。

 

生きる勇気をもらいました。感謝です。

では。
<Sponsered Link>



 

Pocket

薔薇のために6 第40話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『薔薇のために6』、「第40話 夜空にレースのリボン」でございます。

とりあえず、菫さんは眠れましたね。本人的にはその理由がまだ漠然とした状態かもしれませんが、いいところを数えるべきですね。もう当分、あまり考えずに息をしたらいいですね。

<Sponsered Link>



さて今回は、葵君に何やら忍び寄る…女性の影が見えてまいります。

もちろん葵君本人には青天の霹靂なのですが、葵君の知られざる思い出にせまりますよ。

 

人は自分の側からしか物事が見えないと思います。

今回登場する楓さん、葵君は男だとばかり思っていたのです。

 

責任者出てこい。でございますよ。

 

葵君は昔も今もそんなに変わっていませんね。

男性が寄ってくる人生みたいです。

 

楓さんいい子です。

ただ、坊主頭で蛇振り回すといいますと、個性的なタイプだったんでしょうね。

葵君が予想したようにはならなかったのね。人間て本当に不自由ですよね。

一人一人の思い、期待できませんね。

 

多くの人はなかなか楓さんの思いがどこにあるか、気がつきにくいでしょう。

 

相手の気持ちがどうなのかを想像する部分があればどうだったでしょうね。

芙蓉さんの言うように、約束を覚えているかどうか確認するべきだったと思いますよ。

いきなり?引っ越し荷物とともに現れる謎の人物でしかないでしょう。

 

かけ違いがかけ違いのまま、何年もたってという部分が怖いです。

現実を見ずに思いだけを育てる、なんだか味見をせずに料理を出す。そんな感じですかね。

<Sponsered Link>



できること、やりたいことに集中してやってはきたものの、現実とのすり合わせが

できていないことって、人間にはありますよね。

悪気はないのに、です。

 

葵君との感性がどのくらいずれているのか、予想がつきませんが、葵君の言うほうが筋は通ります。幼稚園じゃあないのですから。

葵君はやさしいから、まだ未来にわかるだろうと期待したんですね。

ここで断っていたら展開が違ったと思いますか?

 

葵君に限らず、人間てそういうことありますよね。

こりゃあもう、楓さんの親とかも、楓さんの言うことを信じたのでしょうか。

 

大人になって相手の立場を想像するとかできたらいいですよね。

 

例によってお母さんが一枚かんでいるので、ややこしいですね。

大きくすれ違っています。

 

百合は楓さんが気の毒になります。百合は百合で恋に関しては苦労人ですからね。

そんななか、菫さんは東京に行くと言ってます。

 

楓さんは百合を完全ライバル視です。

百合、お疲れ~。

一休みしたいところですね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket

薔薇のために6 第39話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『薔薇のために6』、「第39話 アカシアの雨」でございます。

眠れなかったのが眠れるようになる。
ふくろう、それについて思い出したことがあります。

半世紀以上も前、小学校高学年のおとうとふくろうが、お母さん離れができなかったころ、担任の先生に言われて、父がやったこです。
<Sponsered Link>



当時住んでいたビルは、そこは4Fまでありましたが、
あいた部屋の数はたくさんありました。

 

そこである日、父はおとうとを連れて部屋を見せて歩きました。「ここはお前の部屋だよ、ここも お前の部屋だよ、それからここも・・・」という具合に一部屋一部屋見せて話しました。

その日から弟は一人で寝るようになったのでした。

 

わけはわかりませんが、きっとちょうどいいスイッチを押したということでしょうか。

父が魔術師に見えた日でございます。
思い出しても笑っちゃいます。

 

今回、百合が神通力を発揮しますよ。

人生複雑に考えなくても(いや、当事者にとっては考え抜いた末かも知れないが)

ハッピーな結末になることがあるんですね。

 

菫さんを見ていると、自分では抜けられない迷路にはまったまんまに見えたりします。

百合が登場してからの菫さんはお酒のせいとはいえ、本能に忠実に動いているように見えます。

この菫さんの行動の謎を百合は解きます。

 

物事を見る視点は一つではないですね。

百合は冷静に菫さんを観察して、ある行動に出ます。

 

まるで催眠術にかかったように、菫さんは眠りにつきます。
<Sponsered Link>



考えてみると、なぜ百合のベッドに来ていたのかという謎と、

なぜかくも簡単にこんどは百合の魔法で熟睡できるのかの謎、

ふくろうにはよくわからないのですが、

とにかく、いい方向に物事がいき始めてよかったと思います。

 

菫さんにはお疲れさまと言いたいですね。

抱えていた荷物が少しでも軽くなればいいと思います。

 

安心して眠れる場所があること、大事です。

 

人生何が起きるかわかりませんが、現実に寝ることとか食べることとか

そういった生理的なものが保証されないとき、つらいですね。

 

まずしく生きてきた百合が愛の力で菫さんの症状を変えていったのだと思います。

 

百合のぬくもりが光ります。

 

当たり前のことが当たり前にできる生活はとてもありがたいのです。

 

ふくろうもつくづくそれはわかるようになりました。

 

菫さんが快眠できるようになれば、人生がまた変化するかもしれませんね。

 

ふくろうは、朝方、目が覚める、朝型ふくろうです。

睡眠不足の人生は考えられませんね。

快眠すれば、たいていのことは何とかなる気がします。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket

薔薇のために6 第38話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『薔薇のために6』、「第38話 野ばら」でございます。

野ばらといえばふくろうにとってはシューベルト、ウィーン少年合唱団、と続きます。

野ばらの同じ歌詞でシューベルトとウェルナーと2曲ありますよね。
高校の音楽の試験、ウェルナーの野ばら原語(ドイツ語)で歌わせられました。忘れられない思い出です。ちなみに、こんなハードな試験をしてくださった音楽の先生というのが「音痴なの」と告白されていました。
<Sponsered Link>



正直な先生でした。今でも尊敬しています。先生の歌は、おっしゃる通りでございました。

固い授業ではなくていつもにこにこする授業でしたね。

ふくろう、その先生が大好きでございましたよ。

 

その時、ドイツ語を知ってる人といえば近所のドクターだと思い、
早速発音を教えてもらおうとふくろうは行きました。

結果、ドクターの知り合いの音楽の先生に行きついてそこで教えてもらった思い出があります。
叩けよさらば開かれん、でございました。
野ばらという曲は今でも大好きですね。

ウィーン少年合唱団のボーイソプラノの歌は、今でもふくろうの脳みそに焼き付けられています。

 

さて秘密がなくなった百合はすっきりして暮らしておりますよ。

隠し事がないって素敵なことです。

心のままに、百合は百合らしく息をしてますね。

 

「妹じゃないけどかわいい」菫さんのこの一言が百合を救いました。

すみれさんが言う「かわいい」ですからね。

 

最高なんですね。
<Sponsered Link>



さんざんお酒を我慢していた菫さんもそろそろ限度かな。

 

芙蓉さんじゃないけど、百合が妹じゃなくなって菫さんがどう変わるのか、ふくろうも

その実験、乗った。

 

人はそういう時変化するのか、知りたいですよ。

恋愛対象なのか否か、その違いが及ぼす影響を知りたいですね。

 

菫さんていっぱいいっぱいなんでしょうね今は。

余裕がないです。

 

今回も百合のことをとやかく言う連中が出てまいります。

近くで言われたら非常に傷つきます。

 

百合のように失礼な連中には不意打ちで名乗ってみるのも一つの方法ですが、この連中はまたよそで今日のことを言いそうですね。

 

大体百合が責任を取るべきことでもないし、このお下品な連中に付属したお下品な行為ですから、神様から見たら,百合は関係がなく、その連中がやったことと、登録されるはずです。

 

刷り込むなら菫さんの言った言葉がいいですね。

「百合は百合のまま、元気に笑っていればいい」これです。

お酒を飲むと菫さんは前と違うのかどうか。

 

わかりませんね。全然変わった気がしません。

こんな状況で百合にどうしろと神様はおっしゃるのでしょうか。

 

では。
<Sponsered Link>



Pocket