ふくろうの books and movies

本や映画を旅するふくろうの日記帳

記事一覧

トキメキ!弘文学院 第21話

Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第21話 すれ違う想い』でございます。

今回も呉天宝ののどかな笑顔に癒されるふくろうでございますよ。
彼の笑顔を見ると思わず笑いたくなりますね。
元気もらえます。

弘文学院で行われる何やら格闘系球技大会に、
お偉方も来られています。

しかし目に余る卑怯なプレーに雲ひは審判に抗議に行きます。
レッドカードでしょ、という許しがたいプレーにも、
だーれも何にも言わないのはおかしいですよね。
<Sponsered Link>



この審判はどなたかの回し者かもしれません。
以前雲ひの婿選びのときに雲ひと戦って負けた人ですね。

最初ふくろうは、弘文学院の教育をつぶそうとしている黒幕の息のかかった
人物ではないかと思いました。
しかし、この人は東方殿がこられると知って態度が変わります。
東方殿というのはえらいさんのなかでも最高にえらい方ですよね。

となると、お金でやとわれて弘文学院に不利な判定をするわけでもないのかな。

ルールはあってなきがごとしの
無法もの相手に、フェアプレーで戦う弘文学院の
チームメイトたちです。

それで勝てたら完璧ですけど、
あまりにも理不尽なので、ふくろうも頭にきておりました。

さて、試合中の審判の豹変ぶりが面白いです。
この人は長いものには巻かれるタイプかも知れません。

まあ、弘文学院にとっては、審判がやっと普通に審判するようになって
よかったなと思いました。

健全なる学生たちの試合を記念すべきものにできそうです。
一致団結した弘文学院、君たちは強い!
大山、ピンチかな。
命がけですね。

大体、レッドカードが山ほど必要なゲームですよ。
狩りだと思ったほうがいいです。
大同も再び参加して、若き血潮が燃えますね。

何とあの秘技を大同がやりますよ。
人間業ではありませんね。でもすごい!
見ていて感動しました。
大同、只者ではなかったのですね。
ふくろう以外にこの技でなにかを思い出した人がいます。

<Sponsered Link>



実は傲天が生徒に謝ります。

早く謝ってほしい。
そのことを文星さんに追及された傲天ですが、
反省しながら文星さんをけん制していますね。
足音を数えていました。傲天すごいですね。

大同の良さも慕容月に理解できたようですね。
でもただそれだけだといわれてしまいます。
でも進歩です。

さてこのドラマで素敵なのは、
いつも誰かから出る名言があります。
今回は人生の勝敗について
例の審判さんがかたるシーンがあります。

ふくろうも同感です。
勝ち負けにこだわらない、
いかに戦うかであると。

さて勝ったら祝勝会ですね。
呉天宝は準備を整えます。
この人物を見ていると、古典落語に出てくる
大店の若旦那を思い出します。
スポーツをやりそうにないですよね。

ヨウヨウには罪な男です。
でも友達思いのいいやつでございます。いや、どうだろう。

ところで文文は何だかすっきり来ません。
男でやっていくわけですよね。
秘密を抱えて進むのは結構大変です。

大同との友情も、悩みの種ですね。
大同はいいやつですもん。
だからなーんにも気が付かない元気印の友人として
付き合うしかないでしょう。

そのもどかしさも人生ですね。
自分に課した目的のために辛抱や我慢が必要なら、
そこをやり遂げる人物なのかもしれません。
青春はそんなもんでしょうか。

こういう昔にどんな学校があったか
興味がわきます。
それから男女共学についても知りたいですね。
画面がカラフルで楽しいドラマです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第20話

Pocket

こんばんは!ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第20話 打倒! 同安学院』
でございます。

文星さんに雲ひは何やら運んでおりましたが、
傲天に嗅ぎつけられて奪われます。

傲天さん、どうしようもないですね。
さらに、贈り物については雲ひは
おそらく考えなしですが、
文星さんはその理由を考えていますよ。

考えても無駄ですけどね。
普通はいろいろ期待しちゃいますよね。
<Sponsered Link>



さて、大同との勝負はいかに。
踊りだす傲天にしか見えませんが、
油断した大同もいけません。

一方、気の毒でならないヨウヨウさんです。
天宝、反省しなさいよ。
笑ってる場合じゃないですよ。首ですからね。
もともとない愛が壊れる?

忙しい大同は天宝を相手にしません。
天宝のやってることって暇人のすることですもん。
人は誰でも自分の居場所を確保すれば安定するのでしょうね。
大人げないですよ。

結果、慕容月に応援団長が回ってきますが、
プライドの高い慕容月を文星さんが説得します。
裏で何があったか知らない二人ですね。

ここで急浮上する傲天急病説。
誰でも苦手なことはありますけどね。
なんか、相当怪しい感じがします。
だって、病気になるようなお方ではないですよね。
こういうのを仮病というのでしょうね。

大同はなかなかいいキャプテンですよ。
試合は生徒がやるんです。
その通り、監督やコーチが出場する試合はあまりありません。
こうなったら、みんなで力を合わせてやり抜きたいですね。

<Sponsered Link>



この試合チケットを売ってたんですね。
いやあ、知りませんでしたね。
金になるものはなんでもやらないとね。
さすがは弘文学院です。

そこに何食わぬ顔でやってくる公孫です。
来賓というわけですね。
ふくろうはこの人の正体を知っています。
当然ですけどね。

いよいよキックオフ。審判は見たことがある人です。
実は雲ひに関係しています。

同安学院、強いというより、乱暴です。
審判は早めにカードを出していただきたいですね。
見る限りでは審判員の審判がいりますよ。
何回も弘文学院が不利になっています。

この審判雲ひと戦って負けた人です。
ずいぶんと横暴な感じです。
それにフェアプレイの精神などみじんもない同安学院です。
悪の巣窟に見えます。
見るからに獰猛そうな選手たちですね。

ルールはどうなっているんですかね?
友好第一だといってます。
どこをどうやればこの状態で友好が育つのか。

すばらしいのは天気だけですね。
いや大山のミラクルプレイが見ものです。

大同は負傷です。
これは古文学院にとって痛手です。
大体けるのはボールだけじゃないのでしょうか。
雲ひは怒りを隠せません。
退場はないのでしょうか。

なぜ辞めさせないのでしょう。
もしかして、このくらいはあたりまえなのでしょうか。
明らかにやりすぎです。

大同のパパ、気が気じゃないでしょうね。
傲天、そろそろ出てこないといけませんね。
教師をやらないとまずいですよ。
指導者が必要です。

気持ちがわからないでもないですが、
この人のインナーチャイルドを何とかしている場合でしょうか。
生徒が明らかに危険にさらされています。

試合という感じではないですね。
ルールが適用されないなら、もはやスポーツではないでしょう。
ルールなしの対抗試合、けんかみたいですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第19話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第19話 男?それとも女?』
でございます。

宋文文ピンチでございます。
無理があるといえば無理がありますね。
危険を冒しているわけですからね。
いずれいつかはこんな日がきたのではと思います。

宋文文の人生を聞けば、なるほどと
ふくろうは思ってしまいます。

危険を冒してまで、
なぜ現在こういうことになっているのか。
傲天は教師として、道を説きます。
しかし女性だということがばれてしまったとき、
それがどういうことを招くのか、

生きるのがやっとの宋文文には
考えられなかったのでしょうね。
無理もないか。
お勉強はそれでも首席ですからえらいですよね。
<Sponsered Link>



宋文文は最悪の場合は学院を去る約束をします。
一方そんな事とは夢にも思わない大同は、
試合のために文文を特訓いたしますよ。
ま、愛のムチといいますか。
友情といいますか。
ありがたいのですが、体が持つでしょうか。

文文も大同を憎からず思っているようですね。
大同は文文が女性だとは全く気が付いていません。

ただときどき、文文に対する気持ちに自分が戸惑うのでしょうね。
自分がおかしいのではないかと思うかもしれません。

でもね、人を好きになるっていいですよ。
性別とかにとらわれず、人間として大事にしたい人なら
好きでいいじゃないですか。

ただし、文文が性別を偽ってここにいることは
ぜったいのばれないのかというと、土台それは無理というもの。
それにもしここでずっと欺きとおせても、
先で必ず同じ状況に見舞われると思いますね。
大同は卒業まで騙せ通せるかもしれませんけど。

とにかく、安心して暮らせませんよ、宋文文。
悩む文文にクラスメイトは優しいですよね。
同級生というのはいいものですね。
しみじみと感じる文文ではないでしょうか。

試合に関して文文と大山と
どっちがより特訓が必要でしょうね。
あ、まあどちらも弱点になりうるといえばいえます。
現代でもスポーツは男女で分けられています。
むずかしいですね。

男性とか女性とか、みんな体の筋肉に差がなければ
よかったかもしれません。

ふくろうが見る限り、大山はもう、気の毒でなりません。
<Sponsered Link>



一方、元芳は強くなっています。
いじめっ子たちは雲ひがみっちり特訓ですよ。
そうそう。精神のひ弱さを鍛えないとね。

文文は大同が男気発揮で特訓するといって聞きません。
親切心から出ていますから、文文もがんばります。
「蹴鞠一直線」なーんてドラマになりそうですね。

で、呉天宝は手を抜かずにヨウヨウをはめています。
やりすぎです天宝君。
ふくろうの大好きな天宝君はどうでもいいことにいつも
ひたすら頑張るんでしょうかね。
天宝君もどこか奇想天外でございますが
今回はちょっと悪ですよね。

おかげでヨウヨウは大変なことに。
もうこの子は気の毒でなりません。
恋心を利用してはめるというのはいけないでしょ。

さて特訓の山中は実は危険がいっぱい。
修行、山の中でやらなくても学院のグランドではどうでしょう。
傲天のピンチを学院の仲間が助けます。
ありがたいですね。

そうこうするうちに
お医者様に文文は見てもらうことなります。
脈で男女の区別がわかるんですかね。
文星さんはなにか疑っているのでしょう。

孤独だった宋文文が
この学院に来て明るくなったのは確かです。
仲間や傲天のおかげですよ。
だから去るなんてもったいないなあ。

さてこの事態はどうなるのでしょうか。
何とかならないものでしょうか。

では。
<Sponsered Link>



Pocket

トキメキ!弘文学院 第18話

Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第18話 宋文文の秘密』でございます。
誰にでも秘密の一つや二つはありそうですね。
普通だと思います。
ところで蹴鞠の特訓、面白そうですね。ふくろうも仲間に
入りたいなあ。
雲ひもビシバシ、反則する生徒を指導しています。

<Sponsered Link>



今回天宝が猫の手になりますよ。
猫の手ってヨウヨウを誘惑すること?
ヨウヨウを惑わせる理由があります。
ヨウヨウが知ったらきっと激怒すると思いますよ。
ちょっといけないかも、です。

世の中策略に満ち満ちていますね。
われわれも知らないだけかもしれません。

おかみさんまで買収する徹底ぶりが天宝ですね。
お金があるからできることですね。

さて宋文文が倒れてしまいます。
文文の秘密は、明らかにすることができません。
ある意味孤独ですね。

傲天はあることに気がつきます。
どうやらトップシークレットです。

陛下の政策を宋文文が軽んじたと傲天は文文を叱ります。
学園を去れといいます。

宋文文は見た目、十分女性に見えますけどね。
このドラマでは誰も気が付いていないことになっているのです。
そこはまあ設定がそうなので、
そのつもりでふくろうは見ています。

文文は貧しいので奨学金をもらいたいですよね。
でも女子には奨学金が出ないのです。
ここが問題ですよね。
男女共学にはなっているものの、
なるほど、そうだったのか。
陛下の政策、そこのところはまだまだなんじゃないでしょうか。
<Sponsered Link>



女性の歴史は大変です。
現代のようになるまでには、女性たちが声を上げてきたのですね。
それも一気に変わってきたわけではありません。

長い時間がかかってきています。
ふくろうも、家の中で女性の発言権の重みが変わってきたのかどうか、
いまだ、わかりません。

21世紀の日本はどうでしょうね。
根本から変えるには女性だけを教育するのでは埒が明かないと思います。
人類全体として考える必要がありますね。

お母さんを大切にしない社会は、滅亡するかもしれない、とふくろうは
子ふくろうに言っています。

子どもには人を思いやる心を伝えたいですね。

ところで大同は優しいところがありますね。
なかなかお世話焼きですよ。
あったかいんだから~♪、いいやつ。
ここで一気大同の魅力がさく裂ですね。

一方文星さんと傲天の腹の探り合いが続きます。
傲天が文文を守り抜くつもりです。

文星さんには知られないほうがいいでしょうね。
医療の日誌を勝手にみるのは許されていません。
もちろん、傲天は注意します。

そうだ、守秘義務を守っていただきたいですね。
文星さんにもつらい事情がございますよね。
本人のせいじゃないと思います。

それから傲天の特訓ですが、雲ひのパパはすごすぎますよ。
あのスペシャルな技で一世を風靡したんですね。
もはや人間業とは思えません。

めったにあんな技ができる人はいないでしょう。
ジャッキーチェンと雲ひのパパくらいでしょうね。

さて宋文文はどうするのでしょうか。
傲天の言い分も、文文の言い分も一理ある気がします。

男尊女卑の時代ですからね。
文文がとった行動にもふくろうは同情します。
命がけで勉強していると思いますね。

向学心に燃える学生はぜひ勉強させてあげたいですね。

このドラマで中国語のリズムにもだいぶ慣れました。
ギャグも表情が豊かで面白いです。
笑いながら、続きが見たいといつも思います。

では。

<Sponsered Link>



Pocket