Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『心霊探偵八雲3』、「闇の中にある光」でございます。
事件に駆り出される八雲の前に、怪しい霊媒師が登場します。
大学生八雲のアジトにはまたまた事件が持ち込まれますよ。

<Sponsered Link>



そして怪しい霊媒師が登場します。
この人が本物かどうかどうしたら見分けられるんでしょうか。
国家試験はないんでしょうか。
庶民のふくろうはいつも思うんですけど、本物かどうかは
本物の霊能者でないと分からないのですかね。

どうなんでしょう。
人間の判断力というか洞察力というか、
そうとうに鍛えられた方なら違うのかな。

理屈ではわかりにくいことはフィーリングが大切かも知れません。

今回は悲惨な事件の被害者が自殺をします。
幽霊の姿を多くの人が目撃します。
ってこんなのありですか。

後藤刑事、石井刑事も活躍します。
この二人のコンビはなかなか面白いです。

つんつんしている八雲ですが、
この巻では晴香と急接近します。
やっと。
八雲の暖かさを晴香は感じることができます。
このシーンは好きです。

相変わらずの毒舌ですが、
晴香との間は近くなった感じがします。
ま、ひねくれてる青年ですが、
木石ではないということがわかって、ふくろうも一安心です。

八雲の心が破壊されていないことをふくろうは祈りたいですね。

<Sponsered Link>




一ミリだけ八雲がやさしく見えるようになりました。
そう見える場面があります。
八雲の人生は相当に大変だったんでしょう。

今回の事件は複雑でございます。
なかなか道がはっきり見えてきません。
いったい誰を信じたらいいの?
という気分になります。

後藤刑事の悩みも石井刑事の悩みも、
何て人間的なんだろうと、ふくろうも共感します。
組織は大変ですよ。
この方たちは、本当にいい人です。

石井刑事はロマンチストかもしれません。
刑事さんには見えないと思います。
頻繁に転びますが、七転び八起きでしょうね。
そこが立派です。

ところで八雲のアジトですが、この青年は
ここで生活しているのでしょうね。
なぜそんなことになっているのか、ですよね。
訪問客は途切れませんけど、
ふくろうだったら学校の中は退屈しそうですね。

今回八雲は初めて晴香の部屋におじゃましています。
いつも俺様な八雲なので、
恥じらいとか違和感は感じさせませんね。

胸に秘めた思いはあるかもしれませんね。
ただコミュニケーションに問題があるだけですから。

この巻のラストでは二人の雰囲気がとてもいい感じになっています。
ふくろう、次巻が楽しみだなあ。

では。

<Sponsered Link>



Pocket