Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は『心霊探偵八雲8』、「失われた魂」でございます。
今回は、八雲が 「WANTED(お尋ね者)」 でございますよ。
えー、どうなるんでしょう。気になりますね。

<Sponsered Link>



またまた波乱万丈のストーリーでございます。
殺人犯の七瀬美雪、健在です。

悪いやつが元気なのは、ふくろうも耐えられません。
どこからでもサバイバルしてきそうなその生命力は驚嘆に値するとは思いますけど、

この人がずっと健在だと、ふくろうも不安になります。

はっきり言って七瀬美雪が張り切っていると
ろくなことがありません。
この邪悪な存在に利用される人が後を絶たないのは
なぜなんでしょう。

悪い奴って利用できそうな相手を探し当てるのがうまいと思います。

さて、今回の事件も複雑怪奇です。
ただ今までより、八雲の気持ちが前面に出て
描かれています。

そして事件がラストに近づくにつれて
八雲の出生の秘密が解き明かされていきます。
この巻でやっと、そうだったのねと分かってきます。

思いもよらない事実にふくろうもしばし沈黙です。
コメントできそうな段階ではないですね。

八雲も一心もその事実に長く苦しんできたのですね。
八雲のお父さんは未だにさまよっているし、
七瀬美雪に至っては
その人物を追い求めてやまないのです。
それで八雲の命を狙うんですから
たまったもんじゃありません。
胸に重いものを抱えたまま吐き出さないと、持ってる人は病気になると思いますよ。
誰か信用できる人に、聞いてもらったり、とにかく気分がよくなることを
やりつくすべきだとふくろうは思います。

お父さんという人は八雲の体を乗っ取りたいばかりです。
八雲は疲れますよね。もはや親の情などを期待できる状況ではありません。
八雲自身の身を守ることが最優先でしょう。
<Sponsered Link>



ここまで八雲はどうやって心のバランスを取っていたのでしょうね。

しかし今八雲の心の支えは間違いなく晴香です。
命が果てるかもしれないときに一番会いたかったのは
晴香ですね。間違いありません。
これが八雲の守りたいものです。

命がけで晴香を守る八雲がかっこいいです。
面と向かって晴香には言わないけど、
行動がそれを語っています。

素敵ですね。
そんなすごすぎることが山ほど続いて、
やっと二人が少しづつ近づいて行ってます。
普通じゃあないすごすぎることばかりですが、
何とか乗り切ってこれましたね。
愛や信じること、そして逆境に立ち向かうこと、人生には
嵐はつきものです。
楽観的に生きていくしかないでしょうね。
小さな希望でも、大事に抱いて進むならきっと好転する時が来ます。

晴香も八雲も、以心伝心でお互いが大切な存在だとは
わかっていますね。言葉はいらないです。
さらに警察を免職になった後藤さんが
探偵事務所を立ち上げるっていってます。

きいただけでは後藤さんと心霊ってミスマッチな感じがします。
心霊事件専門ですよ。

奥様の敦子さんはあっけらかんとしておられるし、
ふくろうはもちろん応援します。

八雲をひっぱりまわしましょう。
この世で八雲に使命があるとしたら、その居場所は後藤さんの近くにしたほうが
いいと思いますね。

乞うご期待ですね。
<Sponsered Link>



Pocket