Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は神永学さんの『心霊探偵八雲9』、「救いの魂」でございます。
後藤さんは心霊専門の探偵を始めたみたいです。

シリーズ9巻目でございます。
八雲の高校時代の友人が出てきます。
八雲は高校時代も大変だったんだろうな。
たぶん人生全部が大変ですね。

<Sponsered Link>



さてふくろうは、気になることがあります。
大学4年の八雲は就活はどうしてるんでしょうか。
見たところ何かしているようには見えませんね。

このまま、探偵業でも始めるのもいいかもしれないですね。

職業適性はどうなのでしょうか。

晴香のほうは教師になるんでしょうか。
八雲にいわせれば「世も末だな」と
いつもの毒舌が冴えています。

皆様、英心さんに、寺の住職になるように
薦められているんです。

今のまんまでお寺の住職というのは
しっくりきませんけど、
お寺に後藤一家も住んでることだし、
いいかもしれませんね。
家族になれるんじゃないかな。

ふくろう、何はさておいても、八雲には人の体温の感じられる環境といいますか、
暖かい安らげる場所をぜひ確保してあげたいと思いますね。

帰りたい場所があれば、疲れをいやせますよね。
普通の当たり前の場所で過ごせればいいなと思います。

生まれてきてよかったと八雲が思って生きていければいいでしょうね。

この環境を選んだのは八雲ではないのです。
つらかったらいやせる場所、自分を大切にできる場所、そういうのがあったらいいな。
この物語では、後藤さんや、晴香が八雲を守っています。

様々ないやな経験をしてきて、それを乗り越える強さも八雲ならきっと持っています。
ふくろうは信じたいですね。
幸せな未来を手に入れるために、仲間と一緒に楽しい時間をたくさん過ごす。
人生の収支決算みたいなものがあるなら、全体の中で、楽しい時間のパーセンテージを
増やしていってほしい。

八雲は純粋さを失っていないので、それは宝物ですね。
<Sponsered Link>




卒業後は部室に住むわけにはいきませんよね。
いずれにしても晴香との関係も今後にかかっています。
八雲を愛する晴香も、八雲の心の奥は読みにくいみたいです。

八雲が晴香に出会ってから変化したのは事実ですよね。

今回は樹海が舞台です。
八雲のような霊体質だときついでしょうね。
見える数も半端じゃないでしょう。

八雲自身は浄霊はできません。
ですができることで
誰かを助けることはできるかもしれません。
それは八雲の救いになるでしょう。

同級生の妹の生霊は八雲に頼みがありました。
見える世界と見えない世界が交錯するなか、

八雲は、様々な情報を照らし合わせて
事実を導き出していきます。
愛する心が目を曇らせることもあるんですね。

ラストまで息がつけません。

いつものように石井さんや真琴さんも協力して
恐ろしい事件が解明されていきます。

過去もいろいろ関わってきた仲間ですから
息はピッタリです。
石井さんも真実の愛に目覚めます。

両目の赤い男は相変わらず誰かの身体を狙っています。
さらに、あの七瀬美雪も現れて八雲は負傷します。
まがまがしい存在が元気でいるのも困りますね。

クールな八雲、健在でございます。
しかし、八雲のけがが心配なふくろうです。

取り逃がした七瀬美雪はこのままおとなしくしている
とは思えません。
なぜこんなに逃げられるのか、不気味な感じですね。
生きてる存在の中では最凶だと思います。
そしてあの世にいるにもかかわらず
八雲たちのスキを狙っている赤目の男。

次回はどうなるのでしょう。
八雲が早く元気になってほしいですね。
八雲が就職する姿を見たいふくろうです。
この若者は光を見つけています。
その光を頼りに歩いて行ってほしいですね。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket