Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は神永学さんの『心霊探偵八雲』「secret files 絆」でございます。
表紙は思春期の八雲です。
今回は八雲の生い立ちが語られます。
晴香は一心に八雲の過去を聞きに行きます。

そうですねえ、ふくろうだっても、聞きたいかな。
思春期の八雲はどんな少年だったのか。

<Sponsered Link>




それにしても壮絶な運命を背負った子ですね。
そしてその八雲を見守る母方の叔父一心の
覚悟がわかります。
運命はそれを生きてる本人には断りなく
決まっているのでしょうか。
それとも生まれてくるときに、そういう契約を交わしてきたのでしょうか。
凡人のふくろうが頭をひねってもわかりませんね。

さらに奈緒との関係もあきらかになります。
いやもう、なかなかわからなかったので、
ここまで考えて書かれた著者に感謝したいです。
読んでいて本当に面白いです。

運命の糸で結ばれた人たちの過去にふくろうは涙しました。

この年頃の八雲にはかける言葉が
なかなか見つからないのですが、
それでも、ふくろうは
「この世に必要でない人なんていない」と
言ってあげたいですね。
君が生きているだけでありがたいと思う人がいるのだと。
君は愛される価値があると。

八雲が今ここに生きていてくれるだけで、ふくろうも
ただただうれしいですね。
よくぞ生きていてくれたと思いました。

疾風怒濤の思春期を八雲はどんな気持ちで
過ごしたのか。
ふくろうも心が痛みます。
子供らしく胸を膨らませることがなかったのかもしれません。
<Sponsered Link>



叔父の大きな愛があったからこそ、苦しみながらも
生きてきたのでしょうね。
どうしたらいいかわからない、と八雲が言うのは、
生い立ちが関係していますね。

痛ましい限りの人生の連続を八雲一人が受けて立つって、
逆境のありよう、ひどすぎませんかね。

人生の始まりから、絶対的な基地であるはずの
母親との関係が悲しい。
そりゃあ理解できなくても仕方がないでしょう。
成長とともにゆっくりと明らかになる様々な事実をたどって
組み立てなければならない八雲は大変だったとおもいます。

八雲とかかわろうと奮闘する担任の高岸明美も、
必死で生きていた一人です。一心との関係も
今まで明かされなかった部分がこの巻では明かされます。

後藤刑事と八雲の関係も長いです。
このころから事件にかかわっていたんですね。

いったいこんなややこしい状況を
支配してきた黒幕は誰なのか。
辛抱強く待って、
八雲は母親の気持ちにたどり着くときが来ます。
人は自分の存在を肯定して生きていかなければ、
やってられませんよね。

それは誰かの手にゆだねるものじゃないです。
生きるのに誰かの許可は必要ない。
成長した八雲がいっていましたよね。

ラストで現在の八雲が出ていますね。
晴香に何やら言い訳めいた発言をしている八雲が
おかしくなります。

思春期を抜けて、現在の人間関係にいたり、
八雲は成長してきています。

そっけなくて不器用な発言が多い八雲ですが、
人としてはやさしいです。

人は言葉ですべてを伝えられるわけではないでしょうが、
そうすると、あとは感じることでしょうか。

八雲の気持ちを感じることができる人たちが
八雲の周りにはいます。
八雲は人の気持ちがわかる青年ですからね。

今後も見守りたいふくろうです。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket