Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『蘭陵王 第20話 招かれざる客』でございます。

新婚の二人でございます。
衣装、豪華版ですね。

キレイな二人です。

殿下を守るために身一つで嫁いできた、雪舞です。すごいですね。
<Sponsered Link>



殿下は愛を誓います。
生涯ひとりの女性を愛すると。

雪舞、幸せになってほしいですね。

さて、周では、宇文ようが、着々と斉の攻略を考えておりますよ。
そのために、斉の民を周に来させるようにしています。

その先には楊雪舞を手に入れたいと思っています。

雪舞の様子を見張らせてもいます。

慈愛と慈悲を持つ雪舞が欲しいのですね。

ただ、自愛と慈悲については、あふれんばかりに誰にでもというのは考えたほうがいいでしょう。

おばあさんが見たらきっとよくわかるはずなのですが、

ていじは目標があるから張り切っています。

腹黒い召使を家に入れておくのは、間違いの元ですね。

軍紀がいりますよ。

しかも新婚の二人は、隙だらけでございます。

ていじは蘭陵王府に憑りついていますからね。

突然、怪しい道士がやってまいります。
側室を持たないと不幸になるという話をします。

もう若夫婦は、素直にできていますから、まさか、ていじが企みがあって道士を使ったのも見抜けません。

そもそも、夫婦の間の話を道士がやってきてどうこういうのは明らかに変だと、
雪舞は考えません。

素直すぎてもいけませんね。

そばにそういう召使を飼っていますから、この後、蘭陵王との愛が試されますよ。

花嫁と召使が競い合うなんて、すでにおかしいと思いますよね。

殿下は忙しく、おおらかですが、雪舞一筋なのですが、

雪舞がこの家の女主人なのだから、管理はチャンとしないとね。

すでに料理で焼きもちを焼くなら、早めにていじに出て行ってもらわないと。

見ていると雪舞が正直すぎてふくろうもじれったいですね。
<Sponsered Link>



まあでも、二人の新婚ぶりがなかなかいいですね。

じゃれ合って楽しくやっていただきたい。

斉の国の経済難は、打つ手がないので、殿下も、どうやって出費を抑えるか頭を悩ましています。

資金集めといたって、庶民に責任があるわけではないのです。

商人が何とかって殿下がいっていましたね。

支出を抑えるしかないなら、王様が先頭に立って倹約をするのもいいかな。

周の宇文ようは、今国を一手に握っていますから、結構厳しくやりそうですね。

斉の王さまは、あまり力がないようです。

蘭陵王府も実は赤字でございます。

雪舞は殿下をわずらわせたくないと思ってやっていくようですが、
村のおばちゃんにいわれたように、
夫婦で隠し事をしないほうがいいのにと思います。

いい人をやろうとかしないほうがいい結果になると思います。

ていじの言葉にそそのかされていきますね。

後は頼んだわね。これはいけません。

召使に何を頼むのか。
しかも、虎視眈々と殿下を狙っているていじに。

あいまいな指示は、どうでしょうか。

ところで、村の人たちを自立させるには、義足と義手ですか。

雪舞は誰かに相談しながら物事をやることもいいのではと思いますね。

新婚さんで、あれもこれもというのは無理がございますよ。

でもこういう正直な人物は、必ず天の助けがあると思います。

相であってほしいですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket