Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『蘭陵王 第25話 ていじの罠』でございます。

雪舞ときょうとうの二人にていじはすぐに気が付いたようですね。

こういう執着女は、すぐに、自分の標的を見つけ出しますね。

気のいい二人ですから、すぐに見つかってしまうのですね。

で利用される。
<Sponsered Link>



人がいいにもほどがあると思います。
きょうとうが注意しても、やっぱ雪舞はていじを信じてしまいます。

殿下を持ち出されると、弱いですよね。

だからそういう話を向けてきます。

陥れたくてしょうがないのですから。

狡猾な上にまめですから、なかなかしっぽが見えません。

馬賊ともさっさと取引をします。
どこまでも、ていじ劇場でございます。

物語としてはこのていじという悪役キャラはなかなかいいです。

みんなをだまし、雪舞を思うように使っています。

邪魔をしたと、蘭陵王に怒られ、雪舞は立場がありません。

殿下の善悪の基準も、女性に関してはあまーい。甘すぎます。

自分の判断基準で、結局雪舞が悪いことになってしまいます。

ていじのうそを信じた形になりますね。
正直者が馬鹿を見ますよ。
いやもう、殿下のされっぷりが見事でした。

結婚したんじゃなかったのといいたい。

みんなの前でなくて、二人だけで話をするべきなのに。

「守れないなら誓ったらだめよ」といいのこして雪舞はさりますよ。

身体から急激に力が抜けてしまったことでしょう。

いい人のほうが去っていくのは見ていてすっきりしませんね。

異常な執着女のていじはとにかく、自分のポイントが増えれば大よろこびします。

それを見るたびにふくろうは腹が立ちますね。

羽衣を捨てて蘭陵王に嫁いだ天女でございます。

「責任を取って、ていじを娶る」とまで言いましたからね。

ここは宇文よう陛下に怒ってもらいましょう。彼なら二つ返事で即、引き取ってくれますよ。

あれだけ苦労を共にして、これなの?とふくろうもガッカリでございます。

こんなおかしな泥仕合からは、天女は手を引きたいですよね。

すべて捨てて嫁いだのに、そんなに簡単にこのセリフを言うなんて、口が曲がりますからね。

天にかえりますか。

しかし、馬賊がすでに雪舞に目をつけていました。

言わんこっちゃないですね。

さてここで、殿下に家臣が忠告します。
ていじの傷が浅いこと。
自作自演だとやっと殿下はわかったようです。

殿下に冷静になっていただきたいですね。

公私混同もやめてほしい。
<Sponsered Link>



軍神がこんなに騙されるようでは、兵権、返していただきたい。

やがて雪舞は馬賊にさらわれてしまいます。

蘭陵王はていじに呼び出しの手紙をおくり、現れたところで、証拠をつかみます。

ていじのうそ、ばれましたね。

雪舞に会っていたことも、賊の住処に誘導したのも、ていじです。

賊を取り逃がしたのはていじのせきにんですね。

蘭陵王が見抜けなかったのもいけません。

殿下を手に入れるには、とていじはいいました。

道徳観念もないし、貪欲です。

怪物ですね。

雪舞さえいなければ、自分のものにできると思うのは自分だけの考えです。

鷹揚な殿下も、激怒しましたね。
「あの女を消す」とていじがいいました。

異常な狂気みたいなものを感じましたね。
ていじのくちは毒を吐き続けています。

殿下も一喝しましたね。
おきざりにされたていじは、襲われますね。

雪舞が死ぬかもしれないのに、もはや面倒は見切れません。

殿下は、急いで雪舞を追います。

いやもう、雪舞の行方が分からないので、はしりまわります。

ていじ劇場、茶番でございましたね。
自分がヒロインだとしても、どこはほかでやってよね。

人として生きないなら、人としては扱われないのです。
でも、本当のことがわかってよかったです。

部下の忠告はありがたかったです。
雪舞について冷静に見て居ましたね。

雪舞、無事だといいですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket