Pocket

こんばんは、ふくろうです。今日は大崎善生さんの『聖の青春』でございます。

聖をさとしと読みますね。

 

じつはふくろう、今年は将棋を練習しています。
弟が将棋マニアで、将棋盤と駒をプレゼントしてくれました。

さらには、トップ棋士の扇も、なぜか大事にしています。

<Sponsered Link>



この弟にくっついて何十年か前に、千駄ヶ谷にある将棋会館に行ったことがありました。

いっただけなんですけどね。

 

ともあれ、やるしかないのでございます。
日曜日のTVの将棋講座が楽しみになってまいりました。
解説の山崎氏も広島出身で村山氏の弟弟子にあたりますね。

この方のお顔を見ると日曜日いつもほっとします。

 

ふくろうも、人生初めての挑戦を始めました。すると弟がこの「聖の青春」を教えてくれました。

 

弟ふくろうの言う、胸を打つ内容、という言葉通りでございました。

この本には、広島出身の村山聖さんの人生が詰まっています。

 

読みやすいのに、何行か読むと涙が出てくるので、眼鏡をはずして涙をふきながら、

最後まで読みました。ラストでは嗚咽を抑えきれなかったですね。

切なくて。

 

病気を持ちながら、自分の夢に向かって雄々しく立ち向かう姿勢は胸を打ちます。

命に限りがあることを、常に考えて生きる。今しかない、そんな感覚が村山氏を研ぎ澄ませていったのでしょうか。

人生は常に、今、ですよ。

 

村山氏のかわいげのあるキャラと、弟子を愛し大事に育てようとされる森氏とのエピソードが心に残ります。

 

広い心で愛すること、相手を思いやること、子を思う親の気持ちと同じですね。

村山氏はなんて暖かいところにいたのでしょう。

 

ご両親のお気持ちを考えると人の親としてふくろうも、居ても立っても居られない気持ちになりました。

 

子供は可愛いですよね。

 

親にきついことを言っても、子供は親に心配をかけて悪いなと思っています。

<Sponsered Link>



懐かしい八丁堀の将棋センターが出てまいりました。

子ふくろうたちと一度行ったことがあります。

 

人生はいつだって、目の前のことを全力で迎え撃つんですよね。

 

この村山氏は、ふくろう、本物の豪傑だなと思いましたよ。

大志を抱き続ける。命がけで。

大きな夢を純粋に追いかけていける人は幸せだと思います。

 

こんな人がいたことをふくろうは忘れないと思います。

 

読み終わってただ茫然としていました。

悔しくて。涙が出て。

 

時代を変えていった人だと思います。

そばにいなくなってその人の存在の大きさを思い知るんですね。

「勝負は勝たなきゃ意味がない」という言葉が心に残りました。

 

その生きざまに感動しました。

 

さわやかな風が心を吹き抜けていきました。

 

生きる勇気をもらいました。感謝です。

では。
<Sponsered Link>



 

Pocket