Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『素敵な選TAXI エピソード10』でございます。

ついに最終回ですよ。

このドラマ、ゆっくり展開するお話だと思いました。

つぎがどうなるのかなと思いながら、ずっと見てしまいましたね。

魅力あるドラマだとふくろうは思いました。

地道にゆっくりとついていけたなあ。
<Sponsered Link>



犯罪刑事のほうも、なかなかでしたね。
今度は犯罪コップですって。

こちらも面白そうです。

今回は、枝分さんの人生についてわかってきました。

この方は床屋さんだったんですね。

ヘアースタイルの注文に対して、床屋さんの枝さんの思いがありましたね。あの気持ちふくろうも、すごくよくわかりました。

あとあと火種を残さないようにうまくやるのがプロですね。

お客様がそういう意見をどう受け取るかも、まちまちでしょうか。

ふくろうなんかは、美容院でしてもらうことはここ何十年来同じですね。

さて、枝さん、彼女がいたんですね。
まおさん、ですか。

3か月間、枝さんがタクシードライバーをやることになった発端が語られます。

実は枝さんも、初めて選タクシーをしたのです。
その当時のドライバーは、標さん。

確かにこのタクシーのことは信じる人でないと利用しませんよね。高いし。

優柔不断、ということについて、
まおさんのいうように、枝さんは優柔不断ですね。

ただ、枝さんはじっくりした人で、選タクシーのドライバーとして働くときも、
お客様を決して急がしたりしませんでしたよね。

神対応ですよね。
ふくろうはすごいと思いましたもん。

待つことができるって、お客様にとってはいいと思います。

落ち着いて利用できますよ。

それにこのタクシーは特殊なもので、人の人生にかかわることができるのです。

ゆったりした枝さんはいいですよ。

このタクシーのドライバーになるには、エライ簡単なことらしかったですが、まいいか。

このドラマ、ちょうどいいドラマでした。
ペースも興味も、何だかちょうどいいなと思い、ふくろうは見ておりました。

これを見ながらゆっくり物を考えていましたね。
<Sponsered Link>



なかなかないんですよ今時、こういうの。

すごく急いだドラマならこうはいきません。

時間内に理解できればいいけど、ついていくのにひーはーいうようだと、
ふくろうみたいにゆっくりしたタイプは、端折ってみたりします。

で、後で思い起こしては考えたりします。
何度も噛み直して消化します。

このドラマは
人生の選択肢について落ち着いて考えられましたね。

エピソードはそうはいってもさらっとした感じかなと思ったのですが、
さらっとしてそうなのに、
かんがえることが多かったです。

自分の人生と照らし合わせる部分が結構あったせいですね。

味わいつつ、じっくり考えておりました。

枝さんはラストで花屋になった彼女を見ました。
でも、3か月たっていて、枝さんが戻れば彼女にも影響しますから、
あえて戻らなかったのですね。

そういう縁だと思いましょうか。

6年付き合って、今までの二人の関係が、こんな感じなのですね。

うーん、お互い無理はしないほうがいいかも、です。

運命の相手がたった一人ということはないでしょうね。
チャンスはまた来ますよ。

また3か月、この選タクシーですね。
標さんの免停が原因です。
今まで枝さんはスピード違反しませんでしたから、こういう取り締まりには会いませんでした。

いきなりタイムワープの世界の取り締まりが出てきましたね。
まあ、選タクシーの存在については謎のままでした。
そんなにそれは気にならなかったです。

でも、面白かったです。
心の痛い部分にきいた気がします。

人生は選択の連続でしたよね。

タイムワープをうまく使ったドラマでしたね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket