Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日はサトクリフ・オリジナル2『アーサー王と聖杯の物語』でございます。
訳は山本史郎さんです。
原題は「The Light Beyond the Forest: The Quest for the Holy Grail」

この2巻目では アーサー王の円卓の騎士の中でランスロットなどの冒険を中心に描かれます。このランスロットには血を分けた息子がいて、この巻では活躍します。彼は聖杯と深い関係があるようですね。

中々こういうキリスト教の世界にはまだなじめないふくろうですが、西洋の物語の底流には必ずキリスト教の考え方が流れています。そういうのをもっと理解で来たら読むにしても、味わいが違うのかなと思います。
<Sponsered Link>



ふくろうはクリスチャンではないので、今まで見たそれ系のドラマや物語を見て得た知識も活用して読んでまいります。

キャメロットの最も輝かしい日々がすでに過去のものになってしまった、そういう時期の物語です。彼らは更なる冒険を求めて出かけます。
聖杯を求めて旅に出るんです。

安定や安住とは無関係に生きるわけですね。
騎士道を実行しながら冒険を重ねます。騎士といえばお姫様が助けを求めるなら駆けつけて使えたりする、そんなイメージをふくろうは持っていました。

この本のなかでも、自分の弟と見ず知らずの女性のどちらを先に助けるのかを迷う場面が出てまいります。これは大変な選択ですよね。
瞬時にそれを判断することができたとしても、どちらも無傷で助けられるかどうか、判断に苦しみますよね。

 

不思議な世界の不思議な出来事がたくさん出てまいります。スピリチュアルなシーンも素敵に描かれています。

さすがサトクリフさんですね。惹きつけられます。

もしこの時代にいたら、本当に直感が大事だなと思いますね。情報が今のようにあふれる時代ではないし、
神の声が聞こえたと思ったらそれに従って進むしかないのでしょう。
<Sponsered Link>



この中にある冒険は生易しいものではありません。出会う出来事を自分で判断していくしかありません。
そして間違えばそこには死が待っています。
登場人物たちはいかなる困難が待ち受けていようとも受け入れて生きていきます。
気になったのが甲冑を着たままで中の人物が誰かわからないと、それこそ友達や兄弟とも
しらずに戦ってしまうこともあるみたいです。
ある意味悲劇になることもありますね。

 

この二巻目まで読んで大好きな人物はランスロットです。サトクリフさんの描き方だと、
不器量だが女性には好まれる人物として描かれています。深みがありますね。
この人物の愛の行方が気になります。
そのルックスの独特さも好きです。濃い、です。そして彼の持つ運命の過酷さ、つらさに,ふくろうは同情します。

 

それにしても騎士はそうまでして冒険をしたいのでしょうか。命さえもなげうって何かを求めていく生き方に感銘を受けました。

では。
<Sponsered Link>



Pocket