Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日はエックハルト・トールさんの『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』でございます。
訳はあさりみちこさんです。
原題は「THE POWER OF NOW」です。
初めて読んで、最初は難しそうでしたが、何度も読んでいると、読むごとに感動しましたね。

<Sponsered Link>




どんなふうに読んだかといいますと、
じゃんじゃんいいなと思うところには線を引いていきました。
そして、五回くらい読んだら線を引いてないところが亡くなりました。
それほど読み込んで、できることから即実行しようと思いました。
この本を読んで、少しづつ自分の意識が変わってきました。

今に至るふくろうの人生で大切な感覚を発見した本です。
何度も何度も読んだのは、自分の意識を変えてしまいたかったからです。

心に残って今でもそれをいつも意識していることは「今に在る」ということ。
説明はなかなかくたびれるので、ぜひ読んでいただいて、
あっという感覚というか気持ちを経験されたらいいと思います。

この「今に在る」の大切さを思い知ったふくろうでございます。
つまりふくろうは「今にいなかった」わけです、この本を読むまでは。
ふくろうには最初はわかりにくいんですけど、
具体例を挙げてあるので、読むごとに理解できました。
直感的に「これで人生を変えることができる」と実感しました。

さてそれからは、いついかなる時でも気がついたときに、
自分が「今に在る」かどうかを意識して生きています。
とにかく内容が濃くて、
それでいて人生を有意義に生きるのは必要なことがかかれている本です。

ただ時間を過ごしていって年を取るのはもったいないことだと思います。
ただ意識することを忘れると今までの思考に支配される時間を持ってしまいますから、
そこに帰りたくはないので、常に思い出したら確かめて今日まできています。

<Sponsered Link>




一言でいえば悟りを開くということらしいのですが、いかんせんふくろうは
悟りがどういうことか、全くわからなかったんです。
そういうことは遠くにあるものだとばかり思っておりましたね。

この本に出合う前と後では違った世界にいる感覚です。
著者が初心者にもわかるように具体的な例を挙げて、親切に説明してくれています。

それならふくろうもあとからついていけると思いました。
読んだ後の興奮と、頭の中をかき回して、やっとどうしたらいいかを見つけたという、
巡り合えてよかった~という気持ちを今でも覚えてま。
人生全般にかかわる、困ったことなどにどう対処するかも、書かれています。

悟りってこういうことだったのねとつくづく感心した本です。
日本語で読んでいるのに、内容が深いので、結構時間がかかりました。
しかし、これほどすごいなと思った本は初めてでした。

こういう風に教えてもらったらふくろうだってわかる。うれしかったですね。

心の傷跡をどうやって手放すのかもわかってきました。
知りたかったことを、教えてくれる貴重な本です。
庶民のふくろうも何か一つでもできることで人生を変えたいのです。

邦訳も優れているとは思いますが、やはりここは英語の原文で読んでみようと思います。
朗読CDも活用して、学びたいと思います。

では。

<Sponsered Link>



Pocket