Pocket

モーニング!
今日は『トキメキ!弘文学院 第14話 中間試験を攻略せよ!』でございます。

楽しい弘文学院でございます。
学生の本分は何と言っても勉強ですね。
勉強をするのがお仕事、ですね。

金くんのそばにあるブルーのふくろうがかわいいですね。
寮生活が垣間見えて楽しいです。

この弘文学院の寮は、一部屋の面積がゆとりがありますね。
こんなゆったりしたお部屋、シェアするとはいえ、なかなかありませんよね。
スペースの広さとか、天井の高さとかは、
人間の生活に影響を与えると思います。

<Sponsered Link>



さてまじめに勉強するのは
大同や呉天宝には範疇にないことなのかしら。
習慣自体がないのでしょうね。

彼らは生活力はありそうですよ。
いい子ではあります。

まあ、その姑息な作戦を考える時間と脳みそを
ほかに使えよと言いたいですね。

しかし、文文がいる限り、鍛えられるでしょうね。
これくらいはやってほしいです。

ところで雲ひに親切そうに意地悪する傲天でございます。
嫉妬でしょうかね。
文文ならすぐにそれとわかるでしょうね。
卑劣な傲天だと思うなあ。

一方大飯ぐらいの雲ひはお父さんにつけがきかなくなりました。

家に帰ってご飯を食べる習慣はないのでしょうかね。
お金がないなら、そのほうが絶対にいいと思いますよ。

自立はしたほうがいいですよ。
ただあまりにも薄給すぎて、
何とかしたいのがおばあさんです。
普通こんなお給料で働く人はあまりいませんね。

何かと掛け持ちすると思います。

あの5円玉みたいなのがお給料ですね。
浪費の女神の二妹にも困ったもんですね。
あやしい割引を疑いもしない女性二人。
都合のいい方に何でも考えるところがすごいですね。
楽観的というか、危機感がないというか、
もうその神経の太さが、たまりませんね。

<Sponsered Link>



それまでの人生で、そんないい加減でも成功体験があったのかな。

どうやったらこんな子が育つのでしょう。
しぶとく貪欲に生きていますね。

実はこのしかけは傲天がお金を払っておりました。
そんな事とは考えもしない底なしの胃袋の二人を相手に
親切にし続けるってなかなかできませんよね。
何か目的でもないと、ふくろうなら耐えられません。

感謝されない傲天です。
それを覚悟でやったんじゃないの?
ただ、雲ひのもしかしたら人生に関わることを自分の意志で
曲げているかもしれないので、まいいか。

主席合格茶をお父さんに飲ませたい親孝行な小山ですよ。
この子はいいなあ、かわいいですね。
大山の場合、神頼みもお茶頼みも、
すべての手を尽くすほうがいいでしょうね。

卑怯な方法でも、暗記するほど写しまくったら、覚えますね。
いい勉強法だと思います。実はそこが狙いだったんですが、
事態はおかしな方向に行き始め、筆跡鑑定が行われます。

カンニングペーパーは落ちていたけど、実際に
誰もカンニングはしていないですよね。

正直ものの呉天宝はいつでも明るいですね。
物事をあまり深く考えないタイプです。
何とかなるだろう、みたいな感じがふくろうは好きですね。

結末はどうなりますかね。
気になります。

では。
<Sponsered Link>



Pocket