Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第18話 宋文文の秘密』でございます。
誰にでも秘密の一つや二つはありそうですね。
普通だと思います。
ところで蹴鞠の特訓、面白そうですね。ふくろうも仲間に
入りたいなあ。
雲ひもビシバシ、反則する生徒を指導しています。

<Sponsered Link>



今回天宝が猫の手になりますよ。
猫の手ってヨウヨウを誘惑すること?
ヨウヨウを惑わせる理由があります。
ヨウヨウが知ったらきっと激怒すると思いますよ。
ちょっといけないかも、です。

世の中策略に満ち満ちていますね。
われわれも知らないだけかもしれません。

おかみさんまで買収する徹底ぶりが天宝ですね。
お金があるからできることですね。

さて宋文文が倒れてしまいます。
文文の秘密は、明らかにすることができません。
ある意味孤独ですね。

傲天はあることに気がつきます。
どうやらトップシークレットです。

陛下の政策を宋文文が軽んじたと傲天は文文を叱ります。
学園を去れといいます。

宋文文は見た目、十分女性に見えますけどね。
このドラマでは誰も気が付いていないことになっているのです。
そこはまあ設定がそうなので、
そのつもりでふくろうは見ています。

文文は貧しいので奨学金をもらいたいですよね。
でも女子には奨学金が出ないのです。
ここが問題ですよね。
男女共学にはなっているものの、
なるほど、そうだったのか。
陛下の政策、そこのところはまだまだなんじゃないでしょうか。
<Sponsered Link>



女性の歴史は大変です。
現代のようになるまでには、女性たちが声を上げてきたのですね。
それも一気に変わってきたわけではありません。

長い時間がかかってきています。
ふくろうも、家の中で女性の発言権の重みが変わってきたのかどうか、
いまだ、わかりません。

21世紀の日本はどうでしょうね。
根本から変えるには女性だけを教育するのでは埒が明かないと思います。
人類全体として考える必要がありますね。

お母さんを大切にしない社会は、滅亡するかもしれない、とふくろうは
子ふくろうに言っています。

子どもには人を思いやる心を伝えたいですね。

ところで大同は優しいところがありますね。
なかなかお世話焼きですよ。
あったかいんだから~♪、いいやつ。
ここで一気大同の魅力がさく裂ですね。

一方文星さんと傲天の腹の探り合いが続きます。
傲天が文文を守り抜くつもりです。

文星さんには知られないほうがいいでしょうね。
医療の日誌を勝手にみるのは許されていません。
もちろん、傲天は注意します。

そうだ、守秘義務を守っていただきたいですね。
文星さんにもつらい事情がございますよね。
本人のせいじゃないと思います。

それから傲天の特訓ですが、雲ひのパパはすごすぎますよ。
あのスペシャルな技で一世を風靡したんですね。
もはや人間業とは思えません。

めったにあんな技ができる人はいないでしょう。
ジャッキーチェンと雲ひのパパくらいでしょうね。

さて宋文文はどうするのでしょうか。
傲天の言い分も、文文の言い分も一理ある気がします。

男尊女卑の時代ですからね。
文文がとった行動にもふくろうは同情します。
命がけで勉強していると思いますね。

向学心に燃える学生はぜひ勉強させてあげたいですね。

このドラマで中国語のリズムにもだいぶ慣れました。
ギャグも表情が豊かで面白いです。
笑いながら、続きが見たいといつも思います。

では。

<Sponsered Link>



Pocket