Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第24話 米 高騰の謎』
でございます。

試験はすべて毛筆というのが素晴らしいですね。
全部漢字というのもすごいです。

和紙に毛筆とくると、
墨のいい香りがして柔らかい感覚を覚えます。

さて、一行は幽霊の正体を暴きますよ。
幽霊をとらえたと思えば、深い仔細がありそうですね。
ふくろうの好きな句に
「幽霊の正体見たり枯れ尾花」というのがございます。

それにしても雲ひは心が優しいですね。
傲天が明かすからくりの謎、なかなか面白かったです。

すべて人の仕業でしたね。
確かに現実の人間が一番怖いとふくろうも思います。

ところで文星さん、雲ひを守りたいようですね。
フォーリンラブでしょうかね。

<Sponsered Link>



一方、米の価格を知ってるのは大山だけでしたね。
さすが年の功です。長く生きているので、
世の中をよく知っています。
こういう風に、世の中に出てから、
学問をしに学校に入るのもいいと思います。
自分で働いて、学ぶ生活。
これこそが学問が身につくやり方だという気がします。
経験は無駄になりませんね。

傲天が出す課題はいつも実践的な学問です。
世の中を将来動かす学院の生徒たちには
いろんな経験が必要ですからね。

苦労を知らないとも言えます。
自分の手を汚さずに育ってきたものばかりでしょう。
金持ちの子が多いみたいですから。
社会経験が足りないわけです。
社会の現実を見る機会が少ない生徒たちでございますね。

人の気持ちを思いやる人になってほしいですね。
政治家や官僚として将来この国をしょって立つなら、
苦労もしたほうがいいですね。

<Sponsered Link>



そこで、帳簿を調べることになります。

大山たちは米のお店に足を運びます。
社会のいろんなことがわかってきます。

大人が隠していることを暴くことになりかねない
このたびの課題はある意味危険性をはらんでいます。

学監はかんかんですよ。
そこで続行するかどうかの多数決です。
おちゃめな文星さんでしたね。可愛いなあ。

さて決めたはいいけど、邪魔が入るかもしれません。
さらに身の危険は大丈夫でしょうか。

今後雲ひにはは文星さんを警護するように傲天は言います。
喜ぶ雲ひに傲天もあわてます。
なにそれ、ですね。
ではなぜ、文星さんを守れというのか。
雲ひがガードすることで、文星さんの動きはスローダウンしますね。
もしかして、それが狙いかな。

雲ひの得意分野ですからね、張り切っちゃいますよ。
この後の警護ぶりが、笑えます。
上品な文星さんはリアクションに困っています。
文星さんは相当武術ができるはずです。
しかし、できるそぶりは見せてはいけないでしょうね。

今回も文星さんの衣装はきれいですね。
お金があればこういうぜいたくな衣服を着られるんですね。
明らかに学院の給料では無理でしょう。
裕福な家の若様ですからね。

一方、天宝の家にあるたくさんの米は
いったいどういうことでしょう。
F4だけで考えてあることを実行します。

大同の家も、変わった親子です。
もう、ギャグがいっぱいでございます。
親子喧嘩が激しく楽しいですね。明るいです。
どこまでも。
もめてもこうでなくちゃいけませんね。
そしてやっぱり大同は監禁状態となります。
実際暇な親子ですよね。

貧しい人たちは米を買うことができません。
どこかにはたくさんあるというのに、です。
買えないと、死が目の前にあるということですよね。

政治で何とかしてほしいところです。

では。
<Sponsered Link>



Pocket