Pocket

モーニング!、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第34話 夢破れて料理人?』
でございます。

今回、文星さんが宋文文に謝罪しましたね。
仲間が宋文文を支えています。
そして、そういう力が文星さんを変えたのかもしれませんね。
文星さんには、そういう友達が多分いなかったにではないでしょうか。

友達から信用されるとか、みんなに認められるとか、
たとえ小さなことでも、元気が出ますよね。
<Sponsered Link>



志を共にする仲間と人生の一時期一緒に学ぶことは、
楽しいですね。
たとえ将来離れ離れになっても、そういう思い出があると、
前に進む勇気が出ます。

大同も文文も、また一緒にいることになりました。
お互いにまだ言えていない気持ちがあるでしょうね。

今日の給食はチャーハンですよ。
大山の料理の腕前はすごいんです。
才能があるとすれば、料理かもしれません。

しかし料理の道より学びの道を選んで19年になります。
趣味じゃないなら、
こんなに時間をかけてやるのは、効率が悪いですね。

家族がいるのですから、
家族に食べさせる方が先ではないかと
ふくろうは思うのです。
何をしようと自由ではありましょうが、
向いていることで食べていくのがいいのではと思いました。
家族を養うほうをふくろうなら取りますね。
背に腹は代えられませんから。

しかし、それでも、
学問を選ぶのなら何か工夫をしたほうがいいでしょうね。
この学院はお金持ちの子女がほとんどです。
つまり、お金があると学問ができるんですね。

大山は奨学金はもらえないです。
学食で働くことで学問ができるんですが、
家族手当がほしいですね。
そこで、募集中の皇帝の料理に応募します。

<Sponsered Link>



慕容月の協力もあって、腕を発揮します。
これが皇帝の目に、いやお口にとまり、
就職しないといけないことになります。
この展開ははやいですね。

喜んでいいのかどうなのか、大山は困りますね。

でも学食の料理はみんなを喜ばすわけですから、
天職だと思いますよ。

料理をきわめて
学院の料理の師範になったらいいのにと、
ふくろうは思います。

皇帝の命令が絶対の時代に、大山はどうするんでしょう。

好きなことを仕事にするのと、できることを仕事にするのと、
皆様はどう思われますか?

大山のチャーハンすごくおいしそうでした。
実にいいシーンです。
ふくろうもチャーハンが食べたくなりましたよ。

金くんの賛美の言葉聞きましたよ。
元芳くんもはまりましたね。

皇帝に作ってさし上げた大山の料理が素敵です。
そりゃあもう、芸術品でございますよ。

ボタンの花が開いていくように見えるシーンがよかったです。
これを見た皇帝は歓声を上げたに違いないと思いました。
大山のスキルがすごすぎます。実力ありますね。

大山にとっては余計なお世話でしょうが、本人以外のほうが
よく見えるということもあります。
柳傲天あたりが言ってあげてほしいです。

今のところ選択肢はないですね。
皇帝を相手に大山は逆らったら大変なことになりそうです。

どうなるか気になります。
大山、命がかかっていますよ。
就職して料理本でも出してはどうでしょう。

弘文学院でも、教えるとかしたら、いいですよね。

人は自分のもっている宝ものにはなかなか気が付きにくいのですね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket